――「第1刷」のみの訂正事項――
いずれも、意味を取り違えさせるような致命的ミスの類ではなく、「よりわかりやすくするための訂正」です。
第2刷からはすべて訂正されています(刷数は奥付でチェックできます)。

9ページ 囲みの中の4行目「実際には」を「⑤では」にする。
9ページ 後ろから3行目の③
  訂正前… 句読点や 」 が行末にくるときは行頭に移さず、行末のマスに収めるか、そのマスの外に出す。
  訂正後… 句読点や 」 が行頭にくるときは、前の行の最後のマスに収めるか、そのマスの外に出す。
34ページ ポイント 「きのう」についているマル印をトル。
37ページ ポイント 「しかし」にマル印をつける。
38ページ ポイント 「一方」にマル印をつける。
39ページ ポイント 「それに対して」にマル印をつける。
40ページ ポイント 「それに対して」にマル印をつける。
41ページ ポイント 「一方」「だから」にマル印をつける。
42ページ ポイント 「一方」にマル印をつける。
43ページ ポイント 「ため」2つと「それに対して」にマル印をつける。
47ページ ポイント 「ため」2つにマル印をつける。
50ページ ポイント 「ため」2つにマル印をつける。
59ページ ポイント 2つめの「たとえば」にマル印をつける。
52・53ページおよび137ページ 「Aを肯定、Bを否定」を「Aを肯定、Bを否定に」とする。
82ページ ポイント 「しかし」「ため」にマル印をつける。
99,101,103,105,107ページ ポイント 「ため」2つにマル印をつける。