ふくしま国語塾 授業記録

水曜 17:00-18:40
  
教材1 教材2 教材3 教材4 教材9 A B
 
入試頻出の評論を文庫・新書等で個々に配付
入試頻出の物語・小説を文庫等で個々に配付
教材5 教材6 教材7 教材8 教材10
教材についての詳細はこちらをごらんください。
  
授業記録および今後の予定
(降順表記です/予定は可能な範囲で示します)
この記録は、「必ず毎週授業直後にアップする」というわけではありません。1週間程度遅れる場合があります。
教材3、教材4、およびスライドはほぼ毎回使っているため、特に中心的に使用したときのみ記録します。
最も詳しい授業の記録はこちらです
  • 2018/06/20
    • 使用教材……教材2,教材3
    • 授業内容等
      • 教材2のP.56,57を用いて、重要度の高い反対語を指導しました。
        「全体・部分/プラス・マイナス/有形・無形/自・他」といった概念的なくくりの中に含まれる反対語を、その意味とともに整理します。
        その中に登場した「精神←→物質」について、教材3で詳しく扱いました。
      • 教材2P.10,11を用いて、抽象・具体の基礎を扱いました。
       
  • 2018/06/13……臨時休講
     
  • 2018/06/06
    • 使用教材……教材3,教材10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)P.68-71を用いて、「くらべながら言いかえる」パターンの基礎を引き続き練習しました。
        68,69は選択式、70,71は記述(穴埋め)式です。
        重要度の高い課題では、ノートに全体構造を書くなどしてあらためて整理しました。
      • 教材3では、教材10の中で登場した関連語などを詳しく扱いました。
        「質←→量」「自然←→人為」「真←→偽」「有形←→無形」などを随時説明・指導しました。
     
  • 2018/05/30
    • 使用教材……教材2,教材3,教材10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)P.65,66-67を用いて、「くらべながら言いかえる」パターンの基礎を練習しました。
      • 教材2では、類似したパターンとして「AではなくB」の形を練習しました。
      • 教材3では、教材2,10の中で登場した関連語などを詳しく扱いました。
        「動←→静」「勇敢←→臆病」「精神←→肉体」などを随時説明・指導しました。

         
  • 2018/05/23
    • 使用教材……教材2,教材10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)P.44,45を用い、抽象化・具体化の基礎練習としての短文読解を扱いました。
        大問2では、
        具体例を並列する際の抽象度のバランスについて指導しました。
      • さらに、教材2P.30,31(31は上段だけ)を用いて、具体例を並列する際の抽象度のバランス、及び内容的バリエーションのバランスについて、それを整える練習を行いました。
     
  • 2018/05/16
    • 使用教材……教材10,プリント
    • 授業内容等
      • 前回に引き続き、三段論法の基礎問題を進めました。
        三段論法というと難しく聞こえますが、小学低学年の子でも解けるような平易なステップ・内容で進めています。
      • その後、教材10(ベーシック)P.108,109を用い、短文読解の中で三段論法の型を活用する方法を練習しました。
        ついうっかりやってしまうようなミスを防ぎ、より的確な
        「理由」を説明する技術です。
     
  • 2018/05/09
    • 使用教材……教材10,プリント
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)P.46,47を用い、抽象化・具体化の基礎練習としての短文読解を扱いました。
        文章内容の和語・漢語・外来語は通常、小学5年の教科書で学習しますが、これについて詳しく指導しました。
      • 入塾当初に配布している外来語一覧のプリントを用いて、語彙力強化のための解説指導を行いました。
      • また、因果関係整理のための基礎トレーニング問題をいくつか進めました。
        三段論法(むすんでたどるパターン)の基礎練習となるプリントです。
        読解問題の大半は「なぜですか」と問うてきます。
        このとき、なんとなく答えを書くのではなく、型を利用して正確に書くことが求められます。
        「なぜですか」と問われたときに役立つ型の基本パターンを、くり返し練習しました。残った設問は次回以降扱います。
     
  • 2018/05/02……臨時休講
     
  • 2018/04/25
    • 使用教材……教材7(『こころの処方箋』河合隼雄) ,プリント
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』の26「「耐える」だけが精神力ではない」を読み、 対比関係整理の記述設問1題を解きました。
        事前に、漢字の読みなどを確認しながらひととおり範読しました。
      • 「型」(鉄則7,11あるいは200字メソッド参照)を意識して書けるかどうかがポイントでした。
        対比の型の一部(アは…イは…にあたる部分)を事前に与えたうえで書いてもらいましたが、それでもA・Bパーツ(述部)において文章中の〈具体〉をピックアップしてしまうと失敗します。あくまでも〈抽象〉に目を向けなければなりません。
      • 事前にかなりヒントを与え型や内容を指導したにもかかわらず、得点が非常に低くなりました。
        また基礎に立ち返って指導する予定です。
     
  • 2018/04/18
    • 使用教材……教材9
    • 授業内容等
      • 次週扱う予定の読解設問をスムーズに解くための事前準備として、教材9(200字メソッド)の短文読解を扱いました。
        200字メソッドは文章を書くための型でもあり、読むための型でもあります。
        今日は特に対比関係の部分(アは1なためAだが、イは2なためBである)について扱いました。
        大切なのは、各パーツの
        観点を統一することです。
      • 400字ほどの短文を読み、そこに書かれた内容を要約する際の方法の正誤を判定する問いを、まず解きました。
        そして、
        全く同じ文章を自力で要約する課題を続けて解きました。
        ここで学んだ技術を次週読解に活用します。
     
  • 2018/04/11
    • 使用教材……教材2,教材3,教材10
    • 授業内容等
      • まず教材10(ベーシック)のP.38,39を用いて、パーツごとに抽象化する(=鉄則16)」技術の練習をしました。
        語群からの選択式ですが、関連する語彙を随時指導しながら丁寧に扱いました。
      • 次に教材2P.41を用いて、名詞化(鉄則9)の練習をしました。
         終わったということを伝えること=終了の伝達
         何か分からないことがあるかどうか=不明点の有無
         何のためにするのかを確かめることが欠かせない=目的の確認が不可欠
        などと言いかえていきます。こちらでも関連語を随時指導しました。教材3の軽重、明暗の各ページを扱いました。
      • 最後に、新聞の「版」に関する知識を実物をもとにして伝え、それをとおして、「疑問を持つこと」の重要性をあらためて伝えました。
     
  • 2018/04/04
    • 使用教材……教材4,教材10
    • 授業内容等
      • 短文の中の具体例をカットすることで文を短くし、抽象化するパターンを中心に扱いました。
        「などといった」「というような」等の文中接続語を意識して読むための基礎トレーニングです。
        こうした技術を自ら長文読解に生かすことが重要です。
        当塾でも練習の場をつくりますが、各自が他塾の模試等の場で意識して取り組むことが欠かせません。
     
  • 2018/03/28
    • 使用教材……教材3,教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 定期テスト(到達度テスト)を返却しました。
        一般問題(大問1〜5)および作文問題(大問6)について、採点基準を伝えました。
        また、ミスの多かった問いを中心に、解説を行いました。
      • 特に反対語を中心に復習指導しました。
        今回の反対語20問をあらためて拡大印刷したプリントを配付し、意味・用法(および漢字)の解説を丁寧に行いました。
        また、反対語を暗記し確認する時間もとりました。
     
  • 2018/03/21……祝日
     
  • 2018/03/14
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 定期テスト(到達度テスト)を実施しました。
      • 水・木・土の17:00は40分間で、それ以外の枠は35分間で行います。
      • 採点・返却・個別指導は次回となります。
      • テストの後は、一部の問いの解説を行いました。
      • また、こちらをプリントして与え、震災についてはもちろん、世の常識について興味関心を持って自ら調べることの重要性について伝えました。
        常識の蓄積が逆説力を高めます。そしてそれが国語力に直結していきます。
        そのあたりの理路については、こちらもご参照ください。
     
  • 2018/03/07
    • 使用教材……教材9
    • 授業内容等
      • 教材9(ベーシック)を中心に進めました。
      • まずP.32,33で「比喩の言いかえ(抽象化)」を指導しました。
        ポイントは、もとの文の内容の「+/−/N」(プラス・マイナス・ニュートラル)」に気を付けることです。
      • その中で、特に「人間」と「ロボット」の対比について詳しく指導しました。
      • さらに、教材2P.28(対比的比喩)も一部、扱いました。
     
  • 2018/02/28
    • 使用教材……教材9
    • 授業内容等
      • 教材9(ベーシック)を中心に進めました。
      • まずP.53DEで先週の型をおさらいしました。
      • 次に、P.82,83を扱いました。抽象的メッセージを、寓話・慣用表現などの具体的表現で言いかえる問題です。
        パーツごとの同等関係を確認しながら進めます。
      • さらに、P.84,85――反対語を作る(解説穴埋め)、P.86 反対語を作る(反対語と観点を自作する)を扱いました。
        具体的には、「月曜日」の反対語を考え、その
        観点を考える課題を進めました。
     
  • 2018/02/21
    • 使用教材……教材9,10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)のP.50.51を用いて、対比の型の整理について指導しました。
        「アはAだが、イはB」が基本ですが、
        「アだとAだが、イだとB」または
        「★は、アだとAだが、イだとB」
        (例:ぼくは、国語だとミスをするが、算数だとミスをしない)
        などといった、少し変形した型を特に扱いました。
        ノートに整理し、さらに、口頭で短作文をしてもらいました。
      • そして、その型を応用して整理する短文読解(詳しくはこちら)を扱いました。
      • さらに、教材9P.48,49を用いて、同様の型で書く短作文を扱いました。
     
  • 2018/02/14……臨時休講
     
  • 2018/02/07
    • 使用教材……教材2,10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)のP.16,24,25を用いて、具体と抽象の関係(同等関係)の基礎を指導しました。
        単語レベルで〈具体〉と〈抽象〉を仲間わけします。
      • その後、教材2P.74,75を用いて、「むしろ」という言葉の用法を指導しました。
        対比の観点の統一を意識します。
        2文の後半を書く問いのあと、文全体を自作する問いを扱いました。
     
  • 2018/01/31
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 前々回に引き続き、2月刊行予定最新刊問題集『「本当の聞く力」が身につく問題集』の中の聞き取り問題をプリント化し読解形式にしたものを扱いました。
        毎回授業冒頭でもスライドで確認している型、「アはAではなくB」を活用し、文章を整理します。
    • 小問3、65字以内での記述課題を中心に進めました。
      「アはAではなくB」の型に沿って
      本文の具体例を抽象化できるかどうかがポイントでした。
      一応答えを仕上げているのに点数がとれない理由は2とおりあります。
      1つは、鉄則2(読解とは他者の言葉の再構成である)を忘れている場合。自分の意見を書くのではなく、あくまでもそこにある文章をもとにして言いかえていく必要があるのですが、その意識が薄い場合。
      もう1つは、対比の観点が統一されていない場合です。
     
  • 2018/01/24
    • 使用教材……教材2,9
    • 授業内容等
      • 200字メソッドの型を用いて短作文を書きました。
        教材9P.100に挙げられた課題(ラジオとテレビの違い)について丁寧に扱いました。
      • ラジオを認識していない子も多いため、実際にインターネットラジオを用いて相撲中継などを聞かせたあとで内容を考えてもらいました。
      • ポイントは、「画面がある・ない」「大きい・小さい」「持ち運べるかどうか」などといった、物理的・空間的観点を避けられるかどうかです。
        前々回に扱ったミスのパターンもおさらいしながら指導しました。
      • 少なくとも、「映像・音声で伝える」「音声のみで伝える」といったところに気づき、それをスタートラインとして応用していく必要があります。
        授業では、番組の内容の違いや放送・収録放送の違いなどにも触れながら解説指導しました。
     
  • 2018/01/17
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 2月刊行予定最新刊問題集『「本当の聞く力」が身につく問題集』の中の聞き取り問題をプリント化し読解形式にしたものを扱いました。
        毎回授業冒頭でもスライドで確認している型、「アはAではなくB」「アはAだがイはB」を活用し、文章を整理します。
      • 2題あるうちの2題目を先に指導しました(1題目は記述、2題目は穴埋めのため)。
        文章中で
        対比された具体的な表現を、対比関係を意識しながら抽象化できるかどうかがポイントでした。
        が、それ以前に、穴埋めしたときに文として意味不明になるような答案が散見していたため、基礎的な指導を徹底しました。
        「AというB」のときAとBは当然同等関係なのですが、そういったところから例示して指導解説しました。
      • 1題目は次週扱います。
     
  • 2018/01/10
    • 使用教材……プリント,教材2,3,9
    • 授業内容等
      • まず教材2P.68を用い、「違い」を文章化するに当たって対比の観点を考える際のミスのパターン(主観パターン、アンバランスパターン、共通点パターン)について、練習問題で確認しました。
      • 次にその応用として、教材9(200字メソッド)のP.92を用い、主観パターンの修正問題を扱いました。
        具体的には、カレーとカレーパンの違いを考えました。
      • さらに、関連する語彙として、教材3を用い、主観・客観、感情・理性などを指導しました。

  • 2017/12/20
    • 使用教材……プリント,教材3,4,7
    • 授業内容等
      • 到達度テストの復習を行いました。
      • まず、反対語のテストを行い、「実質・形式」「理想・現実」などの言葉の意味・用法を教材3で指導しました。
      • 次に、テストで扱った文章の原典である『こころの処方箋』を用いて文章を読み直しつつ、対比関係を整理しました。
        文章というのは何度も読み直してこそ理解が深まるものです。
     
  • 2017/12/13
    • 使用教材……プリント,教材3,4
    • 授業内容等
      • 到達度テストを実施しました(20分:読解記述+反対語+鉄則)。
      • 終了後、すぐ採点・記録し、返却しました。
        採点中は、詳細な解説プリントを見ながら、読解問題のセルフチェックをしてもらいました。
        また、テストに出た反対語を教材3・教材4を用いて復習・練習してもらいました。
      • 採点後は、読解を中心に解説を行いました。
      • 順位等は次週公開し授業でも紹介します。
     
  • 2017/12/06
    • 使用教材……プリント,教材3,4
    • 授業内容等
      • 教材4「22の鉄則」からピックアップした読解問題を進めました。
      • 今日は鉄則18の続きについて扱いました。
        • 鉄則18……役立つ接続語は文頭よりも文中にある。
        • 数百字の短文中の指示語の内容を言いかえます。
        • 文中・文末接続語を見つけ、関係性を整理することが最大の目的ですが、
          • つねに記述答案の内容または選択肢の内容のプラス・マイナスを意識すること
          • 対比の「が」を軸にして前後の対比の観点を抽出すること(今回は自他)
          • 指示語問題では原則として前・近くを見ること
          • 理由を問われたら主語・主題を必ず入れること
          といった基本的技術を指導しました。
     
  • 2017/11/29……臨時休講(回数調整)
     
  • 2017/11/22
    • 使用教材……プリント,教材9
    • 授業内容等
      • まず、教材9「ベーシック」P.76,77(くらべながら言いかえる)を扱いました。
        対比しながら具体化する設問です。
      • 次に、教材4「22の鉄則」からピックアップした読解問題を進めました。
        今日は鉄則18前半について扱いました。
        • 鉄則18……役立つ接続語は文頭よりも文中にある
        • 特に、文末接続語「のである」の働きについてノートに整理しました。
      • さらに、反対語スライドを用いて反対語の語彙の確認をしました。
     
  • 2017/11/15
    • 使用教材……プリント,教材3,4
    • 授業内容等
      • 教材4「22の鉄則」からピックアップした読解問題を進めました。
      • 今日は鉄則19について扱いました。
        • 鉄則19……直前の理由(イ)を常に意識せよ。
        • 物語文読解において「なぜですか」と問われた時の考え方・答え方についてです。
          先週に引き続き
          因果関係整理力を身につける練習となります。
        • 先週も扱った「ア→イ→ウ」の型を提示し、ア・イをそれぞれ短くメモしてから答案を作成するよう指示しました。
        • 具体的なセリフ等の描写を、「断る・拒否する」←→「受け容れる」などといった対比的な表現へと抽象化できるかどうかが1つのポイントでした。
        • あとは、人物の笑顔というプラスの描写を見て、ちゃんとプラスの心情を表現できたかどうかが、もう1つのポイントでした。
       
  • 2017/11/8
    • 使用教材……教材1(プリント)
    • 授業内容等
      • 教材1P.95およびP.98・99に掲載した短い物語文読解設問を解きました(プリントにして配付)。
        ここ数回の授業では断続的に物語文読解における技術を指導しています。今日はその続きです。
      • 「言動」の理由を問われたら、文章に書かれた「事実」のみでなく、書かれていない「心情」を加えて答える、という原則を、繰り返し練習しました。
      • 「事実」「心情」「言動」の間に因果関係が成り立たない答案が複数ありました。
        「なぜなら」で逆にたどるなどしてセルフチェックする練習が必要です。
     
  • 2017/11/1
    • 使用教材……教材3,4,9
    • 授業内容等
      • まず教材9P.88-89を用いて200字メソッドの型をまなぶとともに、客観性・独自性を両立させる発想法の1つとして「たどる」方法を指導しました。
        書く作業も取り入れましたが、それよりも指名して音読してもらう形を多用し、型の習熟を図りました。
      • 次に、上記課題の内容に関連し、教材3の9番(速い・遅い)のページを扱いました。
        単に解くだけでなく、例文にも示された「効率重視のものごと」を例示。
        教材9・鉄則14の例文なども参照しつつ指導しました。
     
  • 2017/10/25
    • 使用教材…… 教材2,4,10
    • 授業内容等
      • たどる力(因果関係整理力)の基礎を扱いました。
      • 教材10(ベーシックP.104〜107を用い、短文読解の基礎技術までを指導しました。
        ア→だから→イ→だから→ウ」の「」を考える際は、アとの関係のみでなく、ウとの関係も同時に考えなければなりません。
        このあたりを意識化させる授業となりました。
      • また、先週に続いて対比的心情変化(鉄則8)の型の活用法を指導しました。
        教材2P.66の短文を読解しました。
        対比されるAとBに、図形的比喩(鉄則10)の考え方を用いて「後ろ向き・前向き」と入れれば正解ですが、応用として「失望・希望」まで書けるよう指導しました。
        また、何人かの子が書いてきた誤答「安心」と正答「前向き」はどう違うのかについても、扱いました。
     
  • 2017/10/18
    • 使用教材…… 教材2,4,プリント
    • 授業内容等
      • 対比的心情変化(鉄則8)の型の活用法について、先週に引き続き練習しました。
        学校教科書(5年)の短いお話(あめ玉)を音読し、それを聞き取って対比的心情変化の型に置き換えます。
      • まず対比の骨組みを作り、次に対比的変化の理由を考えます。
        その理由を書くにも、@本文中の
        具体的できごとをそのまま書くのではなく抽象化すること、A直前の理由イ」を慎重に考えること(鉄則19 )という2つのポイントがあります。このあたりを綿密に指導、練習しました。(有料メルマガNo.22に詳述)
      • また、学習した型を日常の(自らの)心情変化にもあてはめていくことによって、さらなる練習ができることを伝えました。
     
  • 2017/10/11
    • 使用教材…… 教材10,教材4
    • 授業内容等
      • 引き続き教材10(ベーシックを用い、基礎技術の練習を行いました。
      • 今日はまず、P.74,75くらべる+言いかえる」を扱いました。
        先週の「
        図形的比喩」も含む抽象化の練習です。
        これに関しては、教材4(鉄則10 表現に迷ったら図形的比喩で言いかえよ)の練習問題もあわせて解きました。
      • また、先週扱ったP.73で出てきた短文をもとに、対比的心情変化(鉄則8)の型を指導しました。
        教材2の巻末(P.158)にある空白の型も参照しつつ進めました。
      • その対比的心情変化の型を図と文でノートに再現した上で、具体的なP.73の短文をパーツごとに図に当てはめて音読する練習をしたあと、それをあらためて文章化する練習をしました。
     
  • 2017/10/4
    • 使用教材…… 教材10,2
    • 授業内容等
      • 引き続き教材10(ベーシックを用い、基礎技術の練習を行いました。
      • 今日は、P.72,73くらべる+言いかえる」およびP.20,21言いかえる」を扱いました。
      • P.72,73では、図形的比喩を用いた抽象化について扱いました。
      • P.20,21では、マトリョーシカ方式によって具体化する課題を扱いました。
     
  • 2017/9/27
    • 使用教材…… 教材10
    • 授業内容等
      • 引き続き教材10(ベーシックを用い、基礎技術の練習を行いました。
      • 今日は、P.16,17言いかえる」およびP.70,71の「くらべながら言いかえる」を扱いました。
      • P.16,17は、抽象化の本来の意味(特徴の抽出)、及び、文中接続語「ような」の働き(抽象化)などを意識しながら解くよう指導しました。
      • P.71は選択肢のあるパターンでしたが、選択肢がなくとも「くらべながら言いかえる」ことができなくてはならないということを伝えました。
      • また、一部の問いに関連し、読点の付け方修飾・被修飾の係り受けについての練習課題を与えました。
     
  • 2017/9/20
    • 使用教材…… 教材4,10
    • 授業内容等
      • 引き続き教材10(ベーシックを用い、基礎技術の練習を行いました。
      • 今日は、P.66〜69くらべながら言いかえる」およびP.14,15の「言いかえる」を扱いました。
      • 前回は簡単に触れただけだったP.94生花・造花」についての短文読解を行い、あらためて、自然・人工の観点で整理しました。
        また、「アは1なためAである。一方、イは2なためBである」の各パーツをノートに整理したあと、それを再度組み合わせて文章化するなど、基礎的な形式操作を行って習熟を図りました。
      • P.14,15では、「重い→重み」などの語尾変化によって名詞化させる言いかえを練習しました。
        また、
        「重い」と「重み」の違いについても解説しました。
       
  • 2017/9/13
    • 使用教材…… 教材3,10
    • 授業内容等
      • 引き続き教材10(ベーシックを用い、基礎技術の練習を行いました。
      • 今日は、P.66〜69くらべながら言いかえる」を中心に進めました。
        基本的な構造はこちらに掲載しています(ベーシックのページPDF)。
      • ある問いの中に出てきた観点「自然・人為(人工)」について、教材3を参照しつつノートに整理し、他の例に具体化するなどして理解を深めました。
        関連してP.94生花・造花」についての文章も範読し、自然・人工との共通点を確認しました。
     
  • 2017/9/6
    • 使用教材…… 教材10
    • 授業内容等
      • 今日から教材10(本当の国語力ベーシックを配付・使用しています。
        ご家庭でお持ちのものはご家庭用として進めてください。
        なお、ベーシックに限り、(10月中旬くらいまでは)あまり積極的に予習しないよう伝えました(ベーシック以外はどんどん自主的に進めてかまいません)。
        10月中旬くらいまではベーシックをメインの課題にして進め、基礎固めを行う予定です。
        (ただし応用課題も随時、取り入れていきます)
      • 今日はベーシックを用いて「3つの力」の基礎構造をあらためておさらいし、それらに関する問いを解くことを中心に進めました。
     
  • 2017/7/19
    • 使用教材……プリント,教材2,教材9
    • 授業内容等
      • 到達度テストを返却し、前回の授業で説明不足だった部分を解説・指導しました。
      • こちらに掲載した順位等について伝えました。
      • 問1〜3については既に授業で指導した設問ですので、簡単な説明にとどめました。
      • 問4については、鉄則8を参照しつつ、対比的変化の型による考え方について指導しました。
      • 教材9では、読書感想文の書き方につながる考え方を指導しました。
        テストの問4でも扱った「対比的変化」の骨組みを、まずつかむこと(抽象化)。
        そこに、その骨組みに合った自身の体験を肉付けし、具体化すること。
        詳しくは、P.120,121に掲載していますのでご活用ください。
      • 教材2では、作文に活用できる「五感」の観点について、問題を解くことを通して指導しました。
      • こちらのページを紹介しながら、夏休み中の学習法をアドバイスしました。
     
  • 2017/7/12
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 年に3回ほど行っている到達度テストを実施しました。
      • テスト内容は、「カーネーション」のおさらい問題が4つ、新作問題(説明的文章の読解)が1つです。
        すべて記述式の設問です。
      • テスト後は新作問題の解説指導のみ行いました(答案はコピーを返却済)。
      • 7/15深夜または7/16に、テストのPDFをこちらにアップします。復習にご活用ください。
        なお8/6セミナーで利用する問題と同一ですので、ご参加の方は問題を見ないことをおすすめします。
     
  • 2017/7/5
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解を続けました。
      • これまであまり扱ってこなかった人物(康雄)の心理的葛藤を端的に抽象化する課題を扱いました。
      • それにともない、康雄に関する部分を、ていねいに範読(読み聞かせ)しました。
        当初配付した設問列挙プリントのうちの省略した設問をいくつか拾い、解説指導を行いながら読みました。
      • そのあと、穴うめ形式で解釈文を完成させる問いを解きました。
     
  • 2017/6/28
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解を続けました。
      • 主に、本文中に明示されていない因果関係を整理する問いを解きました。
        形式の類似した平易な例文を事前に与え、それをヒントとして
        類推するよう指導しました。
        こうした類推の能力は、学力の本質であるといえます。
      • 解答のパーツとなる語句を与え、それを組み合わせて解答文を作るという平易な課題でも、苦労している場面が多く見られました。
        あらゆる意味での基礎力の底上げが求められます。
        受講メンバーの能力平均値に合わせ、9月からの指導内容を再考していく予定です。
     
  • 2017/6/21
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解を続けました。人物の対比的心情変化(鉄則8)を整理するプロセスを進めました。
      • 今日は、「懐かしい」という言葉をめぐる解釈を整理する記述設問を扱いました。
        これも因果関係整理問題です。ただし今度は鉄則19の形です。
        解答文の穴うめの形で進めました。

        ポイントは、文章に表現された”タイムトリップ”のような部分(時間的距離)を読み取れるかどうかでした。
        その途中、「客観化・客体化」といった用語を理解し、答案に活かすプロセスを指導しました。
     
  • 2017/6/14
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解に戻り、人物の対比的心情変化(鉄則8)を整理するための準備をしました。
      • 今日は、その人物の登場場面と退場場面とで明確に対比されている(しかし気づきにくい)描写(=伏線:隠されたつながり)を探す問いを扱いました。
        対比の観点の統一への意識を持ち文章をチェックすることが求められます。
      • また、独創←→模倣などの反対語の学習もしました(教材3)。
      • 次回以降、記述を進めていきます。
     
  • 2017/6/7
    • 使用教材……教材2,プリント
    • 授業内容等
      • まず、「22の鉄則」のうちのいくつかのまとまりについて説明しました。
        鉄則6,7,8は対比関係、鉄則15,16は同等関係、鉄則19,20は因果関係。
        このうちの鉄則6,7,8,15,16を覚えるため、鉄則の書き取りなどを行いました。
      • 今日も比喩の言いかえ(抽象化)」を中心に扱いました。教材2P.23(選択式設問)を用いました。
        同時に、選択肢を見抜く際のポイントを指導しました。
        選択肢はパーツごとにチェックすること、パーツごとの
        プラス・マイナスの方向性をチェックすること、などです。
      • また、反対語をなぞり書きして知識を定着させるためのプリントも扱いました。
     
  • 2017/5/31
    • 使用教材……教材2,教材3
    • 授業内容等
      • まず反対語スライドによって反対語知識を確認しました。
      • 教材3を用いて、「自然←→人工」「発信←→受信」「親しい←→疎い」など、基礎的な反対語の意味・用法・関連語を丁寧に指導しました。
      • その後、教材2P.22を用いて、前回扱った「比喩の言いかえ(抽象化)」の基本練習を行いました。
        次回も続ける予定です。
     
  • 2017/5/24
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • まず、今日用いることになる言葉※を含む反対語の知識を確認するためのスライドチェックを行いました。
        ※また、その語彙を、教材3で確認・指導しました。
      • その後、「カーネーション」の読解の続きを行いました。
      • 今日は、前回の続き=「文中の比喩表現を抽象的な表現に言いかえて説明する記述設問」の続きです。
        考え方の手順を細かく分けたプリントについて、既習事項を丁寧におさらいし、さらに残っている部分を進めました。
      • 授業冒頭で確認した反対語を覚えていれば、それを答えに活用できます。しかし、個人差こそあれみな時間がかかりました。
        ヒントを与えた段階でようやく思い出すことができました。より集中力を高め、授業に臨んでほしいと思います。
     
  • 2017/5/17
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解の続きを行いました。
        今日扱ういくつかの場面について範読し、言葉の意味や漢字の読みを指導しました。
      • その後まず、先週も簡単に触れた人物の空間的位置の変動(電車内で立っていたのか座っていたのか、どこからどこへ移動したのか)などについて、問に即して答えを確認しました。
      • 次に、メインの問いを扱いました。
        文中の
        比喩表現を抽象的な表現に言いかえて説明する記述設問です。
        やや難易度が高いため、考え方の手順を細かく分けたプリントを用いて、その3分の2ほどを順次指導しました。続きは次週扱います。
     
  • 2017/5/10
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 今日から2ヶ月弱、「カーネーション」の読解を続けていきます。
      • 読解問題等では速読ばかりが要求されますが、あえて時間をかけて遅読すること。多読も大事だが精読も大事だということ。
        このあたりが2ヶ月弱の期間の大目的となります。
      • 今日は読む時間を30分与えるとともに、人物整理・場面の流れの整理などに時間を宛てました。
      • 一読した段階では目を留めずに読んでしまうような人物の空間的位置の変動(電車内で立っていたのか座っていたのか、どこからどこへ移動したのか)などについて確認することを通して、具体的イメージを描けるよう指導しました。
     
  • 2017/5/3……祝日
     
  • 2017/4/26
    • 使用教材……教材2,教材3,教材4
    • 授業内容等
      • 来月から小説読解を始めるにあたり、小説(物語)読解に必須の技術である鉄則8(対比的心情変化を扱いました。
      • まず、教材2P.64,65を用いて、対比的心情変化の基礎練習(短文読解)を行いました。
        同時に、その対比的変化の図を文章化する練習もしました。
      • 次に、教材3の「勇敢←→臆病」のページを用いて、同じく対比的心情変化を整理する練習をしました。
        小学3年の教科書に出てくる「モチモチの木」も同様の対比の骨組みでできていますので、それも例示しながら指導しました。
      • さらに、教材4鉄則8を用いて、より詳しい構造を確認しました。
     
  • 2017/4/19
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • 類似したものごとの相違点」を考えるためのプリントを引き続き用いました。
        今日は特に、「時刻と時間の違い」を短文で説明させる課題です。
      • どの生徒も、2、3回書き直してもなかなか妥当な正解にたどりつかなかったため、ヒントとして図(数直線)を示しました。
        それでもまだ正解が出なかったため、図の中の最重要な要素だけを取り出して示したところ、ようやく正解者が出ました。
        答えは、「点と線」です。
        こうした表現上の知識の必要性もさることながら、大切なのは、
        意味を図形に置き換えていく習慣づけです(鉄則10)。
      • その後、教材387番〈点←→線〉によって学習を深めました。
      • さらに関連する内容として、教材391番時間←→空間)についても、丁寧に指導・練習しました。
     
  • 2017/4/12
    • 使用教材……教材2,教材9,プリント
    • 授業内容等
      • 類似したものごとの相違点」を考えるためのテーマ100セットをリストアップしたプリントを配付しました。
        その重要性については、教材4(鉄則)のP.120,121に書かれています。
      • 今日はまず、教材9P.16(土曜日と日曜日の違い)を視写し、ウォーミングアップしました。
      • 次に、プリント掲載の課題の1つ、「3月と4月の違い」を扱いました。
        より独自性の高い観点で書くためには、ひごろ指導している
        「7つの観点」を常に意識する必要があります。
        その具体的な考え方について、丁寧に指導しました。
      • そのプロセスで、「五感」の意味を確認しました(教材2P.36,37を利用)。
     
  • 2017/4/5
    • 使用教材……プリント,教材2,教材3
    • 授業内容等
      • まず、前回の続き・教材2P.58,59の残りの設問を解きました。
         ・「同じであることより違っていること」という解答をワンランク・レベルアップさせ、「一様性より多様性」とする。
         ・「自分より他人」という解答をワンランク・レベルアップさせ、「絶対(性)より相対(性)」とする。
        こうした別解も含めて、丁寧に指導しました。
      • あわせて、教材3を用いて、「一様←→多様」「絶対←→相対」およびその関連語について意味を確認し、問題を解くことで用法も確認しました。
      • さらに、1ヶ月前に使用した、「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものの続きを扱いました。
      • 今日の指導内容もすべて「くらべながら言いかえる」パターンが基本になりました。
     
  • 2017/3/22
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • まず、前回のテストを返却しました。
      • テストに出題されていた重要度の高い6つの鉄則を暗記するため、口頭問答の形で暗唱する時間を取りました。
      • 鉄則4【分かるとは分けることである】の意味を、スライドおよび教材2のP.80の解説をもとに、指導しました。
      • そして、その内容を具体化すべく、教材2P.58,59の問題の一部を解きました。
       
  • 2017/3/15
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 到達度テストを実施しました(タイプA*:25分)。*難易度
        問題・解答については、3/19をめどにウェブ上にアップします(生徒専用のユーザー名・パスワードが必要)。
      • テスト後は、読解問題についてのみその場で採点し、丁寧に解説指導しました。
     
  • 2017/3/8
    • 使用教材……教材2,教材3,教材4
    • 授業内容等
      • たどる力(因果関係整理力)の基本構造について、教材2のP.81・86,87および教材4のP.9などを用いて指導しました。 
        「言いかえる」「くらべる」に比してややつかみづらい技術なので、かなり丁寧に進めました。
        具体的な読み書きへの応用は、今後あらためて少しずつ取り入れていきます。
      • さらに、反対語スライドを用いて反対語を確認しました。
        「主観・客観」など重要語句については、教材3で練習しました。
     
  • 2017/3/1
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材2,教材3,教材4
    • 授業内容等
      • 引き続き、最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        前回と同様、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」パターンの練習です。
      • 今回は、鉄則10【表現に迷ったら図形的比喩で言いかえよ】を実践することが最大の目的です。
      • そのためにまず教材2P.18-19を用いて、基礎的な図形的比喩表現を確認しました。
      • その後、ベーシックのプリントを進めました。
      • 同時に、関連する語彙を教材3等も用いながら多々指導しました。特に「疎い←→親しい」に含まれる「遠←→近」の観点などについて指導しました。
      • また、教材3のあるページの記述に関連して「○○家」「○○者」など、人(の役割)を表す漢字1字についても指導しました。
     
  • 2017/2/22
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材3
    • 授業内容等
      • 引き続き、最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        前回と同様、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」パターンの練習です。
      • 今回は、「花より団子」という言葉の意味について解説した短文読解問題です。前回扱った「量・質」の応用として行いました。
        「花より団子」とは、「風流より実利」という意味ですが、より
        抽象化すると「形式より実質」「無形のものより有形のもの」といった意味合いを持ちます。
        具体例を整理するような基礎的な選択式設問とともに、こういった抽象度の高い概念整理に至るまで、丁寧に時間をかけて指導しました。
      • 途中、「抽象」「対比」「因果」などといった漢字のなぞり書きプリントを使い、頻出用語の漢字練習をしました。
      • 最後に、教材3の「量←→質」のページを用いておさらいしました。
       
  • 2017/2/15
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材3
    • 授業内容等
      • 引き続き、最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        前回と同様、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」パターンの練習です。
      • ただし選択式ではなく記述式で空欄を埋める問いを中心に進めました。
        問題集では選択肢がありますが、プリントでは削除しています。
        とはいえ、語彙知識が少ないと難しいため、能力に応じ、選択肢を印刷した紙片を渡しました(いらないという人には渡しませんでした)。
      • たとえば、「このカップラーメン、おなかいっぱいにはなったんだけど、おいしいとは思えなかったな」
        「このカップラーメン、(    的 )には満足できたけど、(    的 )には満足できなかったな」と言いかえます。
        このとき、慣れていないと、つい本文中の言葉にとらわれて「おなか・味」や「空腹・味」などと考えてしまいますが、答えは「量・質」です。

        こういう抽象化をズバリ行うためには、反対語の知識と、その活用の積み重ねが必要です。
      • このような問いは、通塾期間に比例して正解率が上がる傾向が顕著です。
        本文に沿いながらも本文を離れるような読解をできるよう、今後の練習を重ねていってほしいと思います。
      • なお、プリントの課題に登場した「量←→質」などの語彙について、教材3を用いて指導しました。
     
  • 2017/2/8
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材9
    • 授業内容等
      • 引き続き、最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        前回と同様「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」パターンの練習ですが、前回とは異なる出題パターンになっています。
      • 同じ用語、同じ技術、同じ考え方を何度も手をかえ品をかえながら確認、指導しました。
      • さらに、教材9P.16の視写作業などをとおして、200字メソッドの型を指導しました。
     
  • 2017/2/1
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材9
    • 授業内容等
      • 教材9の冒頭解説を用いて、対比関係2つのポイント(1,バランス・2,観点の統一)を確認・指導しました。
      • スライドを丁寧に進め、「3つの力」および「鉄則」などについての全体像をおさえました。
      • 最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        小学1〜3年生向けに作成した本ですが、日本語運用のための
        本質的な技能が体系的に組み立てられた本です。
      • ピックアップして扱ったのは、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」の問いです。読み書きの根幹となる技術です。
      • 意外なところでのミスも散見。
        国語には校種・学年が関係ないということを実感するとともに、
        どんな難解な読み書きも
        基礎技術の応用にすぎないということを理解するための一歩になればと思います。
     
  • 2017/1/25
    • 使用教材……教材7(『こころの処方箋』河合隼雄) ,教材3
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』河合隼雄の39「「昔はよかった」というのは進歩についてゆけぬ人の言葉である」を読みました。
        その主張の中に見出すことのできる
        対比の観点(AではなくB)2つを抽出し、それぞれ50字以内で記述する課題を与えました。
      • 得点によっては修正してもらいそれを再チェックしました。
        ひごろ指導している「7つの観点」を生かせば解けるものが1つ。
        ひごろ指導している反対語を生かせば解けるものが1つ。
        という問いでした。
     
  • 2017/1/18
    • 使用教材……教材3,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • 【鉄則7】対比関係2つのポイント(1 バランス 2 観点の統一)を自覚的に活用するための課題を3つ扱いました。
      • 教材9(P.69)では、「ふくしま式200字メソッド」を用いて短文の欠点を修正しました。テーマは、「日本人と西洋人の違い」です。
      • 教材4(鉄則7)では、同様の型を用いて、記述答案の欠点を修正しました。こちらも、テーマは、「日本人と西洋人の違い」です。
      • 教材3では、反対語の中の「対比の観点」を確認しました。
     
  • 2017/1/11
    • 使用教材……教材9
    • 授業内容等
      • しばらくの間「読み」メインでやってきましたので、ここで少し「書き」にシフトします。
      • まず、「ふくしま式200字メソッド」基本の型の暗唱に時間をとりました。
      • そのうえで、書き方のポイントを指導しました。
        重要なのは、
        観点の意識です。
        動的な観点にすること、あるいは、ひごろ指導している「7つの観点」を生かすこと。
        これによって、文章の独自性が生まれます。
      • そのうえで、スキーとスケートの違いを文章化しました。
        その後、同等関係・対比関係・因果関係を意識させながら、みなの答案の内容を図表に整理し解説しました。

  • 2016/12/21
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),教材3,プリント
    • 授業内容等
      • テストを返却し、順位等の紹介・伝達をしました。
      • 到達度テストの補足的指導を行いました。
      • 教材3(語彙力)を用いて、テストに出題した反対語の意味・用法を指導しました。
        〔共通点←→相違点〕、〔動←→静〕、〔能動←→受動〕*、〔積極←→消極〕*、〔独創←→模倣〕*、〔絶対←→相対〕*といった反対語です。
        一見無関係にも思える反対語ですが、いくつか(
        *の言葉)には「自←→他」の観点が共通しています。
        そういった本質的な捉え方ができるよう指導しました。
     
  • 2016/12/14
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 12月恒例の到達度テストを実施しました。
      • 試験時間は20分、100点満点です。後日、得点・順位等の一覧をウェブにて公開します(名前等個人情報は非公開)。
      • 反対語や鉄則などの基礎知識と、ここ数回扱ってきた小説読解がテスト内容です。
      • テスト後は、すぐ解答を配付し、どの程度できたかを確認してもらいました。
        それと同時に答案をコピー・返却しました。
        返却された答案が手元にある状態で、その後の解説授業を行いました。
      • 次回(年内最終回)は、冬休み中の学習へのアドバイスを行うと同時に、教材3『語彙力』などを進める予定です(テストのおさらいも含む)。
     
  • 2016/12/07
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「また次の春へ――おまじない」を読み解くための設問を進めました。
      • 独自設問の続きを扱いました。特に、逆説の理由」を問う設問です。
        評論(説明文)でも小説(文学)でも、常識の逆をゆく逆説こそが、主張となります。
        読解問題では通常、この逆説について、「なぜですか」と理由を問うてきます。
      • この解き方・考え方を解説した独自プリントの穴埋めを、行いました。
        穴埋めといっても、内容は選択式ではなく自力で考えますので、苦戦を強いられる場合もあったようです。
      • ひとつのポイントは、「という」=抽象化の文中接続語をいかに活用するかということでした。
        「〜〜〜という(   )」というように空欄が設置されている場合、「〜〜〜」を抽象化した答えが空所に入るわけです。
        そのあたりに比重をおいて指導しました。
     
  • 2016/11/30
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「また次の春へ――おまじない」を読み解くための設問を進めました。
      • 鉄則8【対比的心情変化】をズバリ整理する問いを扱いました。
        文章を読み直す(思い出す)時間を含め25分かけて、100字前後の記述設問に答えてもらいました。
        鉄則8のページで「型」解法手順を事前に確認し、鉄則のP.49に掲載された心情語一覧なども自由に見てよいという条件です。
      • 採点中は、解答例を図式化し穴埋め形式にしたプリントを用いて、自主的に整理してもらいました。
        採点・返却後は、そのプリントを解説する形で説明・指導しました。
      • 大切なのは、まず「A(変化前)」「B(変化後)」の骨組みを整理すること。次に、その変化の理由「C」を整理すること。この手順です。
        自主的な練習素材としては、教材2(問題集2)P.64〜67を役立てるようにしてください。
     
  • 2016/11/23……祝日のため休講
     
  • 2016/11/16
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「また次の春へ――おまじない」を読み解くための設問を進めました。
      • ただし、基本的な事実すらまだまだ追えていない可能性が高いため、まず全25ページの3分の2ほどの文章を私が範読し、随時、言葉の意味や展開の内容を解説しました。残り3分の1は、随時黙読させました。
      • その後、小説読解の要である鉄則8【対比的心情変化】を整理するためのヒントとなる設問を解きました。
        次回以降、細部および全体の読み取りをより深めていきます。
     
  • 2016/11/9
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 短編集『まゆみのマーチ』の最後の1編を、今日からスタートしました(予定4回)。
      • まず、作者の経歴や、あとがきの内容(この本が生まれたいきさつ)などについてガイダンスを行いました。
      • 黙読30分のあと、一部の漢字の読みや言葉の意味の確認をしました。
        また、文章中に描かれている東日本大震災の様子について、イメージがわくよう、具体的に補足解説しました。
      • そして、主人公の年齢・名前などの事実確認の問いを与え、確認・指導しました。
      • 次回から、読みを深める問いを課していきます。
     
  • 2016/11/2
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「灯を消すほうがよく見えることがある」を再読し、選択式課題によって復習しました。
      • 選択肢はワナの集合体だということを日々指導しています。
        短い選択肢であっても、まず対比関係の「よりも」などにマークすることで対比の区切り目をはっきりさせ、その前後の反対語を四角で囲み、対比関係を明確に意識化するというプロセスが大切です。
      • その後、さきごろ使用した短文読解プリントの続きを扱いました。
        わずか100字ほどの具体的な文章の中に対比関係を見出し、それを抽象的に整理します。
        反対語を意識して「
        くらべながら言いかえる練習を、今日も重ねました。
     
  • 2016/10/26
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「灯を消すほうがよく見えることがある」を読み、記述課題を解きました。
        全文を
        50字前後で対比的に要約する課題です。
      • 代表的な対比の観点(7つの観点)こちらの本に詳述)および見逃しがちな反対語を事前に指導・確認してから解いてもらいました。
      • 字数をもとにパーツの数(観点の数)を推定し、観点が3つなら3つとも異なる観点になるよう考えながら、文を組み立てます。
        これによって、過不足なく要約できるようになります。
        そのための考え方を、丁寧に練習・指導しました。
      • 事前に、全11段落のうち注目すべき段落を3つに絞り込み、それを教えた上でまとめてもらいました。
        それでも成果は芳しくなく、難しく感じた生徒が多かったようです。
        今回のように
        質のともなった「量」を積み上げていくことでしか、前進はありません。
     
  • 2016/10/19
    • 使用教材……教材3,教材4,プリント
    • 授業内容等
      • まず、物語文(文学的文章)の読解記述答案を作る際に不可欠となる技術【事実+心情】を身につけるための課題を扱いました。9/7の続きです。
        心情語を語群から選択しながら穴埋めし、50字程度の1文を仕上げ、ノートに書いていきます。
        『本当の語彙力がグングン伸びる本』の内容を利用して作成したプリントです。
      • 次に、たどる力(因果関係整理力)のトレーニング、および、選択式設問の正解率を上げるための練習を行いました。
        先週も扱った「(ア+イ)→ウ」(むすんでたどる因果関係)の形で書かれた文章を、こんどは選択式で読み解きます。
        鉄則21選択肢はワナの集合体だ】をもとに指導しました。
      • さらに、教材3を用いて、「誇らしい←→恥ずかしい」という反対語の本質(他者の存在)について指導しました。
     
  • 2016/10/12
    • 使用教材……教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 前回使用した短文読解プリントの続きを中心に進めました。
      • 今日は、たどる力(因果関係整理力)のトレーニングがメインでした。
        ある短文に見られる因果関係が
        「ア→イ→ウ」(一直線の因果関係)の形なのか、それとも「(ア+イ)→ウ」(むすんでたどる因果関係)の形なのか。
        これを考え、図で整理します。
      • 教材4鉄則20(最もふさわしい理由をつかむために、むすんでたどる)に示された例なども確認しながら、基本パターンの習熟を図りました。
      • (ア+イ)→ウの型を用いて、合計5つほどの文を整理する練習を行いました。
     
  • 2016/10/5
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • 国語技能検定の「例題」や教材4(鉄則)の問題などをアレンジしたプリントを使用した短文読解課題により、読解技術の活用練習をしました。
      • 特に、種々の主張に含まれる、きわめて重要度の高い対比の骨組みである「多様 ←→ 一様」を中心に指導しました。
        教材384番 多様←→一様)を利用し、関連語の知識を多々押さえるとともに、その知識を活用して解く課題を進めました。
      • さらに、詩「私と小鳥とすずと」(金子みすゞ)や、歌「世界に一つだけの花」が内包する対比関係を整理し、それらに共通する「常識的思想」と、それを否定する「逆説的思想」の内容について、指導しました。
        なお、「世界に一つだけの花」を否定する逆説の文章は、最近の早稲田大学入試問題にも出題されています。
      
  • 2016/9/28
    • 使用教材……教材3,教材7(こころの処方箋)
    • 授業内容等
      • 逆説」を学ぶため、読解を扱いました。
      • 鉄則12【世の主張という主張は逆説の構造を持っている】に例示された「失敗は成功(のもと)」「負けるが勝ち」などのように、反対語をズバリ結びつけるような逆説的表現を用いて文章をまとめました。
      • 題材は、『こころの処方箋』(河合隼雄)の文章「道草によってこそ道の味が分かる」です。
        比喩的な「道草」という言葉に頼らずに、筆者の抽象的・
        逆説的メッセージを端的に(AはBであるの形で)言いかえるよう指示しました。
      • なお、関連する反対語を、教材3を用いて指導しました。
     
  • 2016/9/21
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • まず、反対語スライドおよび『本当の語彙力がグングン伸びる本』の巻末掲載の反対語問題コピー(原稿)を用いて、反対語の語彙を確認しました。
      • その後、そのプリントの中でとくに重要度の高い反対語について、教材3を用いて指導しました。
        • 新しい←→古い/未来←→過去(現在)/未知←→既知
        • 自然←→人工・人為/天災←→人災
        • 独創←→模倣/多様←→一様/相対←→絶対
        こういったページを順次扱い、意味・用法を指導しました。
     
  • 2016/9/14
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 鉄則13「定義」の学習をしました。
        「ジャンケンの定義」を考えます。「ジャンケンとは――である」。
        まず自由に1文で書いてもらい、その後、制限をつけてあらためて考えてもらいました。
      • 指導の過程で、定義は内容により2つのタイプに分けられること、及び、それぞれどういった例があるのかといったことを示しました。
      • また、鉄則9「ひとことで言うと?」を実践することにより解答の妥当性が増すことを指導しました。
        キーワードは「公平性/バランス」「決定(という目的)」「方法・手段」等でした。このあたりを自分で考え出す課題でした。
      • そういった言葉を導き出すために不可欠かつ有効な「7つの観点」について、プリントで確認・指導しました。詳しくは、『本当の語彙力がグングン伸びる本』にかかれています。
     
  • 2016/9/7
    • 使用教材……スライド,プリント,教材3
    • 授業内容等
      • いつも授業冒頭に使用しているパワーポイント・スライド(3つの力に関する基礎知識/22の鉄則)をリニューアルしましたので、まずそれをひととおり確認しました。夏休みの間にだいぶ忘れかけている知識を取り戻す意図もあります。
      • 2字熟語や漢字1字に非・未・不・無・否…といった1字を加え、正しい否定表現にする練習をしました。
        「アはAだが、イはB」という対比関係の黄金パターンを使いこなすためには、A・Bに入る反対語・否定表現の知識が不可欠です。
      • 教材3P.61を用いて、上記で扱ったばかりの内容をおさらいしました。
      • 4月にも扱った課題を、少し方法を変えて指導しました。
        物語文(文学的文章)の読解記述答案を作る際に不可欠となる技術【事実+心情】を身につけるための課題です。
        心情語を語群から選択しながら穴埋めし、50字程度の1文を仕上げ、ノートに書いていきます。
        『本当の語彙力がグングン伸びる本』の内容を利用して作成したプリントです。

  • 2016/7/20
    • 使用教材……プリント,教材2,教材9
    • 授業内容等
      • まず、夏休み中の勉強法についてプリントを配付して解説しました。
      • 先週に引き続き、鉄則8対比的心情変化】を学ぶための題材(教材9P.120ー123)を用いて、短文読解を行いました。
      • 大切なのは、具体的にしすぎないこと(セリフをそのままコピペするなどしないこと)と同時に、抽象的にしすぎないこと(大事な「意味」を消さないこと)。
        しかし、そういう形式操作と同時に不可欠なのは、「一般的によくある話」をまるごと理解認識してしまっておくということです。
        今回は、「友達は、〈人数〉よりも〈心の共有〉である」というテーマでした(もっと言えば形式より実質)。
        こういうありがちな
        「常識」を知ることこそ、手っ取り早く文章を理解するための足場となります。
        そのためにも、夏休みは「常識」を知るべく多くの「体験」を積むよう、すすめました。
        体験の中には、物語や評論を読むという「疑似体験」も含まれます。
     
  • 2016/7/13
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 先週に引き続き、鉄則8対比的心情変化】を学ぶための題材(教材2P.66)を用いて、短文読解を行いました。
      • 前回までは心情語が選択式でしたが、今回は心情語を自ら考えなければなりません。
        教材4P.49教材2P.18,19、あるいは鉄則10【表現に迷ったら図形的比喩で言いかえよ】の説明などを参考にしていくと、妥当な答案をつくることができます。
      • さらに、短いお話を自作するページについては、自作ではなく、解答文を逆に図式化させるなどして、練習としました。
     
  • 2016/7/6
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 先週に引き続き、鉄則8対比的心情変化】を学ぶための題材(教材2P.65)を用いて、短文読解を行いました。
      • ただし今回は、対比的変化の「理由」を文章化するのがメインですので、鉄則9【直前の理由(イ)を常に意識せよ】が目的となります。
      • 500字程度の短文ですが、ウ→なぜなら→イ→なぜなら→アの各要素を絞り込み端的にまとめる作業は、さほど簡単ではありません。
        「共感したのはなぜ?」→「自分と同じだと思ったから」/「自分と同じだと思ったのはなぜ?」→「お互いが同じように相手に違和感を持っていると知ったから」
        こうした端的な「たどり方」を頭のなかでできたかどうかが、カギとなりました。
      • 「ウ→なぜなら→イ→なぜなら→ア」を考える時まず大切なのは、それぞれの「なぜなら」が本文中ではどういった表現で書かれているかを確かめること、つまり、ウ・イ・ア各要素の区切り目をはっきりさせることです。このあたりは事前に教えたうえで60字ほどの記述を行いました。
     
  • 2016/6/29
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 鉄則8対比的心情変化】について、主に教材2P.64の短文読解問題を用いて指導しました。
      • 教材2P.158に、対比的心情変化の空欄バージョンが記載されています。
        これをコピーして、各自が
        日記読解の際に活用するよう、具体的に指導しました。
      • 対比的心情変化の整理のために不可欠な「図形的比喩による心情表現」については、教材2P.18,19を扱って確認しました。
      • さらに、みな知っている「モチモチの木」の構造を、「臆病→勇敢」≒「内→外」「小→大」といった形で整理しました。
     
  • 2016/6/22
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • まず、教材2P.56,57にまとめられている「重要な反対語」を、教材4(鉄則)P.41とあわせて指導しました。
      • 次に、鉄則9ひとことでいうと? を口癖にせよ】の練習、および、抜き出し式設問のミスを防ぐ練習として、プリント課題を扱いました。
        教材1P.43に掲載されたひっかかりやすい短文読解、および鉄則9の設問などをプリント化したものです。
      • 大切なのは、文を下からチェックする習慣をつけるということです。
        大切な「ひとこと」は、たいていの場合、1文の最後のほうにあるのです。
      • そういった技術の練習材料として扱った鉄則9の設問については、短文にもかかわらず、妥当な時間を大幅に過ぎても答えを見つけられない生徒が目立ちました。
        解説を自主的に読み、復習しておく必要があります。
     
  • 2016/6/15
    • 使用教材……プリント,教材9
    • 授業内容等
      • スライドおよび教材9P.7を用いて、「分かる」とは「分ける」ことである(鉄則4)ということの意味を確認しました。
        あわせて、「200字メソッド」の基本の型を暗唱するなどして、基本を確認しました。
      • 教材9P.50を用いて、200字メソッドの型で短作文を書きました。
        地震と台風を対比し、それらの「対策のしやすさ・しにくさ」と、「いざ被害が起きたときの心情」とを結びつけた文章を書きます。
      • 200字メソッドを学ぶ価値を意識できるよう、ここに書かれた実話を読み聞かせました。
      • 前回も扱ったプリントを用い、平易な短文(50〜100字程度)の中に隠された対比関係を見出す(鉄則6)練習をしました。
        具体的には、「寝る」と「眠る」の差異を対比的に整理しました。
     
  • 2016/6/8
    • 使用教材……プリント,教材2,教材3
    • 授業内容等
      • 接続語テストの結果について伝え、関連するプリント(鉄則P.91,95を一覧化したもの)を配付しました。
        机に貼るなどして積極的に活用するよう伝えました。
      • 今日は主に、前々回に扱ったプリントを進めました。
        平易な短文(50〜100字程度)を用いて、
        隠された対比関係を見出す練習です。
        この文を「
        対比しながら言いかえる」とき、「アはAだがイはB」の各パーツに何が入るのか。それを考えます。
      • 具体的には、「公←→私」「尊敬←→軽蔑」といった反対語の意味・用法を、教材3を用いて確認しながら進めました。
      • また、「〜難い」のつく語(ありがたい等)を確認するなど、随時必要な語彙を指導しました。
       
  • 2016/6/1
    • 使用教材……プリント,教材2
    • 授業内容等
      • 前回の一文読解を復習しつつ、一文の骨組みを引き出す方法を学習しました。
        まず「述語」 → 次に「述語に直接結びつく言葉」
        「テストの花道」でも紹介した、「足」→「頭・腰」の手順です。
        教材は、おもに教材2P.42-43およびP.48を使用しました。
      • とにかく、「文は下から考える」。この思考技術が定着するよう、今後も指導します。
     
  • 2016/5/25
    • 使用教材……プリント,教材2,教材3,教材4
    • 授業内容等
      • まず、短文読解テストをプリントで行いました。「やや分かりにくい文」を正しく読み取れているかどうかをチェックします。
        あくまでも80字弱の1文なのですが、かなり正解率が低くなりました。
        重要なのは、まず
        @関係を整理すること(接続語にマークすること)
        A(読点などの位置で)パーツに区切ること
        であるということを確認しました。それらに基づき、型を見出し、文の骨組みを整理するわけです。
        今回は、【○○は、アについてはAだが、イについてはBだ】といった型でした。
        この型に沿った短作文も行いました。
      • 次に、接続語テスト※を行いました(※生徒専用ユーザー名・パスワードが必要)。
        教材4『22の鉄則』P.91およびP.95に掲載された文頭接続語・文中(文末)接続語について、その働き(関係整理)の種類を問うテストです。
        番号選択式のため自己採点してもらいました。
      • さらに、具体的比喩表現を抽象化する練習をしました。鉄則15【比喩は〈具体〉である。まず抽象化せよ】の技術を学ぶのが目的です。
     
  • 2016/5/18
    • 使用教材……プリント,教材3,教材4,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「精神的なものが精神を覆い隠す」を読み、主張の骨組みとなる対比関係を整理する課題を与えました。
      • より重要な段落2つを伝え、その段落を中心に読みつつ、隠された対比関係を見出す(=鉄則6)よう伝えました。
        その際は、先週扱った反対語を使うよう事前に指示しました。それはほとんど答えを指示しているようなものなのですが、それでもまだ整理しきれていない答案が見られました。
      • そのため、問いを先へ進めるのをやめ、より平易な短文(50〜100字程度)を用いて、隠された対比関係を見出す練習を行いました。
        学習事項を体得し別の場(学校、他塾、日常生活)で自覚的に活用できるようになるには、まだまだ時間がかかります。
        地道に指導します。
     
  • 2016/5/11
    • 使用教材……プリント,教材3,教材4,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • まず、教材3を用いて、「理想←→現実」「真←→偽」の意味・用法を丁寧に解説し、問題を解かせ、指導しました。
        これから『こころの処方箋』を読み、主張の骨組みとなる対比関係を整理するための準備としての指導です。
      • 次に、『こころの処方箋』「精神的なものが精神を覆い隠す」を丁寧に範読しルビをふらせ、語彙を説明しました。
      • 段落番号をふり、その中のどれが重要かを問いました。
        そして、重要なキーワードを口頭問答をとおして確認しました。
      • 読解設問に答えるのは、次週となります。
     
  • 2016/5/4……祝日
     
  • 2016/4/27
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • これまで練習してきた技術【事実+心情】を活用し、物語文(文学的文章)の短文読解(記述式)を解きました。
        教材4鉄則19【直前の理由(イ)を常に意識せよ】に掲載された読解問題です。
      • 教材4は中学生用の本なので、ルビを入れ、文字を拡大し、さらにア→イ→ウの図をあらかじめ用意したプリントにして与えました。
      • 「ウはなぜか」と問われたら、「アのためイだから」「アによってイとなったから」と答える。
        この形式はわかっていても、ミスは生じ得ます。
        たとえば、ア(事実)を具体的なままで書き抜いてしまうようなケースです。まとめるには、
        抽象化力が不可欠です。
        今回は、「断られる(拒否される)←→受け入れられる」といった対比的な言葉が浮かんでくるかどうかがポイントでした。
        あるいは、イの心情語が浮かばないという生徒もいました。
      • 事実 ア 「それまでは〜だったのが、今回は〜」
        心情 イ 「〜だった気持ちが、〜に変わった」
        言動 ウ 「(設問の――部)」
        つまり、
        事実の対比的変化に応じる形で、心情の対比的変化(対比的心情変化)が生じる。
        この形を、今日は練習したわけです。
      • 今後もさらに練習を続けます。
     
  • 2016/4/20
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 物語文(文学的文章)の読解記述答案を作る際に不可欠となる技術【事実+心情】のみを練習するための課題を扱いました。
        『本当の語彙力がグングン伸びる本』の内容を利用して作成したプリントです。
      • 物語本文のない課題です。すでに書かれた「事実」に対し、想定される「心情語」を考え、それを加えた一文すべてをノートに書きます。
        教材4P.49に書かれた心情語一覧を活用しながら、書いていきます。
      • 「プラスの心情」が想定される場合に、あえて「マイナスの心情」を入れる(妥当な範囲で逆説化する)
        1つの心情語のみでなく、2つの心情語を並列・対比
        させ、表現を補強する(悔しさとともに諦めも生じた、など)
        ……といった手法を、同時に指導しました。
     
  • 2016/4/13
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 教材1(P.94-95),教材Aなどを利用して作成したプリントを扱いました。
        たどる力(因果関係整理力)基礎固めとしての課題です。
      • 物語文(文学的文章)の読解記述答案を作る際に不可欠となる技術【事実+心情】を練習しました。
        鉄則19【直前の理由(イ)を常に意識せよ】の原則を確認しつつ進めました。
      • 超短文読解においてミスを誘発させ(直前の理由イのない答案を書かせ)、そこで自覚した技術を活用して解く短文読解を連続的に与えました。
        要するに、算数のように解かせたわけです。
        結果として、多くの生徒に一定の向上が見られました。
     
  • 2016/4/6
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • まず、今後の励みとなるよう、基礎知識テストの順位・平均点等を紹介しました。
      • 次に、今回のテストで弱点が明らかになった「因果関係」について、基礎的な短文読解を進めました。
        教材AのP.85-86,91-92を再編したプリントを用いて、鉄則19【直前の理由(イ)を常に意識せよ】を練習しました。
      • 鉄則のP.49に一覧されている心情語から、情けなさ、恥ずかしさ、孤独感、……等々の心情語を適切に選ぶなどして、考えていきます。
        因果関係の図式「ア→イ→ウ」の、「ア→イ」だけでもダメ、「イ→ウ」だけでもダメ、あくまでもその両方のつながりがどちらも客観的(=10人中8人が納得する内容)でなければならないという考え方を、指導しました。なかなか難しい内容ですので、今後も繰り返し扱っていきます。
       
  • 2016/3/30……予定休講
  • 2016/3/23
    • 使用教材……プリント,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • まず、採点済みの「基礎知識テスト」を返却し、ていねいに解説・指導を行いました。
        特に、テスト2ページ目、「3つの力」の基礎構造を確認する内容について、時間をかけました。
        教材4(鉄則)の冒頭P.6〜11の内容P.6-78-910-11)を必要に応じ黙読・音読させ、私が範読し、立ち止まって考えさせ口頭問答を行うなどして、理解を深められるよう指導しました。
      • 繰り返しになりますが、入塾から間もない生徒さんが今回のテストで低得点だったのは、しかたのないことです。
        半年、1年、2年……と通塾を続けるうちに身につけられるよう、努力を重ねてください。
      • 教材9では、赤いページ(視写ページ)を一部解説するとともに、各自で進めてもらいました。
     
  • 2016/3/16
    • 使用教材……プリント,教材2
    • 授業内容等
      • まず、「基礎知識テスト」を行いました。全生徒対象・全生徒同一時間(25分)・全生徒同一問題です。
        答案用紙は回収しました。次週、採点済のものを返却し、解説します。
        解答は配付済ですが、
        3/19土の2コマ目の授業後に、問題とあわせてウェブ上(共通ページ)に公開します(PDF)
        また、
        全体の状況(点数分布や順位など)は、3月下旬のうちに共通ページに公開し、公開した旨を一斉メールにてお伝えします
        それに引き続き、個別ページを作成していきます。
        個別ページは、3月末までに順次アップし、アップした旨を適宜一斉メールにてお伝えします
      • 新規入塾生および下学年の生徒のみなさんには、「歯が立たない」印象があったはずですが、半年、1年、2年……と通塾を続けるうちに、しっかり身についていくはずのものですから、さほど心配する必要はありません。
        ただし、思考技術を磨くための必須知識ですから、できなかった問いについては早めに、自主的な復習・練習を重ねていくほうがよいでしょう。
      • テストのあとは、以前配付した基礎プリントを用いて、鉄則9【ひとことで言うと?を口ぐせにせよ】の練習をしました。
        並んでいる→「順番」、〜から→「原因」、〜なった→「変化」、〜一方〜→「違い」、〜ため→「目的/理由」、など、文中の表現にもとづいて言いかえる練習です。
     
  • 2016/3/9
    • 使用教材……プリント,教材2,教材3
    • 授業内容等
      • 「3つの力」の基礎事項(次週テスト予定)を覚えるためのスライド、およびそれを紙面に起こした穴埋めプリントを用いて、基礎知識の定着を図りました。
      • 次に、教材3を用いて、反対語の知識(次週テスト予定)を身につけるための練習問題を進めました。
        次のような重要度の高いページ※を順に進めさせ、個別に採点・指導を行いました。
        (※決して全部は終わっていませんので今後も続けていきます)
        43 つなぐ←→切る   87 点←→線   46 理想←→現実   47 能動←→受動   48 積極←→消極   52 主観←→客観   62 自然←→人工   63 発信←→受信   79 感情←→理性   80 精神←→肉体   81 精神←→物質   89 目的←→手段   90 当事者←→第三者   91 空間←→時間   96 絶対←→相対   99 形式←→内容
     
  • 2016/3/2
    • 使用教材……プリント,教材2,教材9
    • 授業内容等
      • まず、「反対語プリント」および「反対語スライド」をもとに、反対語の「意味・用法」をざっと指導しました。次週も続けます。
      • 次に、教材2P.82,83を口頭問答の形で進めながら、因果関係の基礎を少し指導しました。
      • さらに、教材9P.42を用いて、「懐中電灯とろうそくの違い」を題材にした短作文を書きました。
        題材は平易ですが、すぐ思いつく観点である「電池の有無」や「火があるかどうか」などといった内容では、対比的な文章は書けません。
        なぜなら、片方にしか存在しない観点だからです。
        このあたりについては教材2P.68に書かれており、今後いずれ扱いますが、先んじて勉強したい場合は読んでおいてください。

         
  • 2016/2/24
    • 使用教材……プリント,教材3,教材4 ,教材9
    • 授業内容等
      • まず、たどる力(因果関係整理力)の基礎となる公式(ウはなぜか?→アのためイだから)を練習するための課題を、ノートに書きながら進めました。
      • さらに、教材9200字メソッド)のP.7を用いて、その1,2文目までを復習(暗唱)しました。
        すなわち、
        「アは1なためAだが、イは2なためBである」の型です。
      • その後、教材9のP.88-89に書かれた「自転車と三輪車の違い」の例を詳しく扱いました。
        因果関係を利用すれば、「タイヤが2つ←→タイヤが3つ」などという単純な観点も、「タイヤが2つであるためバランスが悪い←→タイヤが3つであるためバランスが良い」といった、比較的独自性の高い内容に変化させられます。
        そこに書かれた図を用いつつ「アは1なためAだが、イは2なためBである」の型を利用し、口頭作文を繰り返しました。
      • その他、反対語スライドや鉄則スライドによって基礎的練習を行いました。
     
  • 2016/2/17
    • 使用教材……教材2,3,4,9
    • 授業内容等
      • まず、授業のたびに行っているスライド(「3つの力」および「鉄則」を覚えるためのスライド)を丁寧に進めました。
      • 鉄則12【世の主張という主張は、「逆説」の構造を持っている】の解説を読みつつ、「逆説」の意味を確認しました。
        先週の内容(「ラジオには音声しかない→だから、想像力が育つ」(
        マイナス→だから→プラス)という逆説的展開)とあわせて、おさらいしました。
      • また、鉄則22【「あなたの考えを」と言われたら、客観性と独自性を両立させよ】にちなみ、教材3を用いて「主観←→客観」の意味を確認しました。
        作文において客観性とともに独自性を高めるには、逆説化が有効な手段になります。
      • さらに教材2(P.72-73)を用いて、客観性とともに独自性を高める考え方を指導しました。
        また、教材9のP.7をおさえたあと、その型を用いて「自転車と三輪車の違い」を文章化しました。
      • かなり難易度の高い(かつ本質的な)考え方を扱いましたが、みなよく頑張っていました。
     
  • 2016/2/10
    • 使用教材……教材2,プリント
    • 授業内容等
      • 今日からスタートの生徒としばらく通っている生徒とが同時に適切な学びを得られるよう留意して授業を行いました。
      • 教材2P.10-13などを用いて、「抽象・具体」の基礎をおさえるための課題を扱いました。
      • さらに、「アはAだがイはB」の型を用いた短作文を書きました。
        ア……テレビ   イ……ラジオ
        と指定し、A・Bを自作します。形式的にはみなよく書けていました(とりあえずこれが今日の目標でした)。
        が、内容面については、ともすると「大きい・小さい」「持ち運べる・運べない」などと、静的観点(物理的観点/写真を見ているような観点)で書いてしまいますが、これをレベルアップするための考え方の具体例を少し指導しました。
        「テレビは映像と音声がある」しかし「ラジオは音声しか無い」→だからこそ→「テレビは想像力が育ちにくい」一方で「ラジオは想像力が育ちやすい」
        といった内容にたどりつくのが理想である、という話をしました。
        そのための手法(動的観点(心理的観点/映像を見ているような観点)で考える)については、またいずれしっかり指導します。
      • プリント※を配付しましたが、次回以降使用します。
        ※主に『「本当の国語力」が身につく問題集』をもとにしつつも、選択肢を削除するなどして思考の幅が広がるように作りかえたプリント課題です。
     
  • 2016/2/3 臨時休講(1コマ目のみ)
     
  • 2016/1/27
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 引き続き『こころの処方箋』(河合隼雄)「日本的民主主義は創造の芽をつみやすい」を読解しました。
      • まずは、200字メソッドを用いて要約するための下準備に時間をかけました。
        「アは1なためAである。しかし、イは2なためBである」(200字メソッドの型の一部)
        「ア……西洋の民主主義/イ……日本の民主主義」のときの、1,2パーツ、A,Bパーツを考える作業です。
      • その後、これらを活用して文章化しましたが、時間切れとなった生徒もいました。
      • この授業(課題)の目的は、@200字メソッドの技術(論理的に書く技術)を学ぶこと、および A日本・西洋をめぐる定説を、知識として学ぶこと、この2つです。
        今後も繰り返し指導していきます。
     
  • 2016/1/20
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄),教材9
    • 授業内容等
      • まず、200字メソッドを進めました。
        教材9を用いて、「因果関係の不足パーツを補いながら書く短作文」を扱いました。
      • 文章を書く中で仮名遣いの間違いが目立ったため、間違いやすいものをいくつか指導しました。
      • 次に、次週200字メソッドを用いて要約をする課題、『こころの処方箋』河合隼雄の中の42番(日本的民主主義は創造の芽をつみやすい)を読み、言葉の意味などを確認・指導しました。
     
  • 2016/1/13
    • 使用教材……プリント,教材9
    • 授業内容等
      • 引き続き200字メソッドを進めました。
      • まず、教材9のレベル1(赤いページ)の例文(お手本)を列挙したプリントを用いて、スラッシュ(/)・マル(◯)をつけていく練習をしました。
        スラッシュは、文をパーツに分ける目的。
        マルは、接続語(関係を表す言葉)を浮き彫りにする目的。
        文というものは、関係のつなぎ目でパーツに切ることができます。
        これを、まず整った文章(お手本)で行えるようにし、次に乱れた文章(文庫本などの読解素材)で行えるようにすること。
        それが、「読み」の基礎練習になります。と同時に、「書き」の型の習得にもつながります。
      • その後、問題集に収録されたテーマ「失敗のない1日←→失敗のある1日」を利用して短文を書きました。
        いくつかのありがちなミスに対し個々にアドバイスしながら進めました。
      • 「失敗=マイナス」を「よいもの」とする逆説化(失敗は成功のもと)を意識するよう指導しました。
      • あわせて、「失敗は失敗のもと」「成功は成功のもと」という結論づけも、理由によっては成り立つということを伝えました。
        「セッちゃん」で扱った「理性←→感情」を振り返りつつ、「失敗は成功のもとは理性的判断」「失敗は失敗のもとは感情的判断」といったあたりを、ざっと紹介しました。
     
  • 2016/1/6
    • 使用教材……プリント,教材9
    • 授業内容等
      • これまで読解を中心に進めてきましたので、ここで作文にシフトします。
      • 200字メソッドの型を用いた短作文を扱いました。
        教材9に載っているテーマ(宅配ピザとレストランで食べるピザ、など)を利用して考えました。
        類似したものごとの相違点を丁寧にとらえるため、対比の観点を統一すること、具体例をもとに考えることなど、重要なポイントを1つ1つ指導しました。
     
  • 2015/12/16
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 到達度テストを返却し、順位等のデータを伝えました。
      • 到達度テストのうち特に記述式設問の考え方について、あらためて復習・指導しました。
      • 今回のテストも、対比関係整理力こそが最重要の技術でした。
        そして、そのために不可欠なのは、
        反対語(及び否定表現)の知識です。
        そこで、反対語を習得するためのプリントを用いて、知識の定着を図りました。
     
  • 2015/12/09……「セッちゃん」読解/到達度テスト実施
     
  • 2015/12/2
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • 人物の何気ないセリフに込められた意味を引き出す問いを扱いました。
      • 主にたどる設問(因果関係整理力を試す設問)を解きました。
      • 本来は記述式の設問として用意していましたが、難易度調節のために穴埋め式にしました。
        ただし、穴埋めバージョンの文を示す前に、時間を取って答えを自力で考えてもらい、いくつか発表してもらったうえで進めました。
      • その他、関連する設問を1つ扱いました。こちらも穴埋めで行いました。
        穴埋め式は、鉄則9【ひとことで言うと? を口癖にせよ】の練習になります。キーワードをズバリ考える練習です。
     
  • 2015/11/25
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • いよいよストーリーの最終場面に近づいています。
        省略された説明、叙述に隠された重要なテーマを読み取るための設問を、選択式・穴埋め式などでいくつか解きました。
      • 対比関係を直接問われているわけではない設問でも、自覚的・意識的に対比関係整理力(くらべる力) を発揮できるようにする、といった主旨で指導しました。
      • 鉄則6【隠された対比関係を見つけ出せ。それが読解の第一の作業だ】を再認識する授業となりました。
      • 次週は再び記述式に戻ります。
     
  • 2015/11/18
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • この小説の読解ではここまで扱ってこなかった選択式設問を作成し、与えました。
        読解テストでは、実は記述式設問以上に点数を落としやすいのが選択式設問です。記述では途中点がありますが、選択ではありません。
      • 鉄則21【選択肢は、まず手で隠せ。選択肢は、ワナの集合体だ】をおさらいしました。
        選択肢に頼らずに答えをまず自力でイメージすることの重要性を伝えました。
      • さらに鉄則16【傍線部がパーツに分けられるなら、パーツごとに言いかえよ】と同様に、選択肢はパーツごとに区切って正否をチェックする必要がある、という基本を確認しました。
      • 「は」という助詞にこだわって書かれた一文が、その助詞の働きによって多くの情報を運んでくることを理解するための問いなど、まさに「国語」と言える問いも扱いました。
     
  • 2015/11/11
    • 使用教材……教材3,教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • まず、授業冒頭でよく使用している反対語スライドで反対語を学習しました。
        特に、能動←→受動、積極←→消極、理想←→現実について説明を加えました。
      • その後、「セッちゃん」の読解を進めました。
      • 「嘘がばれたときの加奈子がどうなってしまうのかが怖い」
        「そんなときの加奈子は、なにも見ていない。目はこっちに向いていても、まなざしが来ない。それが怖くてたまらない」
        といった、いじめられている娘を思う親の心情の動機(理由)を考える問いを中心に進めました。
      • 記述式では難易度が高いため、本文を支える最重要キーワードのみを空欄にした穴埋め形式で指導しました。
        漢字3字で答えるだけでしたが、それでもみな苦戦していました。
      • その後、その答えに密接に関連する反対語を、教材3を用いるなどして指導しました。
        また、
        「未」「非」「無」「不」をつけて否定形にする熟語の知識などについても、ひととおり指導しました。
     
  • 2015/11/04
    • 使用教材……教材2,教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • 小説には省略された表現が多々出てきます。
        今日も、省略された文に言葉を補足しながら意味を正確に読み取っていく課題を、記述で進めました。
        とりわけ、「むしろ」という言葉の働き(
        逆説化)に注意して言いかえる課題です。
        大切なのは、だらだらと書き出してしまうのではなく、書く前に
        まず骨組み(=型)をイメージし、枠組みだけを短くメモしてみて、それからその枠を埋めていくということです。
        「(    )からというよりも、(    )からこそ、目をそらしたかったということ」といった枠組みを作ってから取り組むことで正解率が上がるということを、指導しました。
      • また、「むしろ」の使い方の練習として教材2を利用しました。
     
  • 2015/10/28
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 細部を正確に読み解く設問を扱いました。
      • 難易度高めの記述設問1つを、ていねいに解き進めました。
        難易度高めとはいえ、正解は1つに限定され、採点可能です。型どおりに考え、部分的に言いかえていけば正解に近づきます。
        逆に、型(技術・鉄則)を使わずに全体をいきなり書こうとすれば、どんなに苦労しても正解にはたどりつきません。
      • 問われているのは、「わずかに残っていた期待が、皮肉にも当の本人によって消し去られた」、といった意味合いの一文です。
        事前に「皮肉にも」の意味や用例を指導し、

        鉄則16【傍線部がパーツに分けられるなら、パーツごとに言いかえよ】
        鉄則15【「比喩」は〈具体〉である。まず、抽象化せよ】

        などを活用した考え方を指導したうえで解いてもらいましたが、みな苦戦していました。今後の成長に期待し、指導を重ねます。
     
  • 2015/10/21
    • 使用教材……教材2,教材3,教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),教材9,プリント
    • 授業内容等
      • 前回に引き続き「セッちゃん」の設問を解き進めました。
      • 人物の対比的変化をもとに性格を読み取る課題を中心に進めました。
      • そのためにまず、教材3を用いて「感情←→理性」(反対語)を確認しました。
        言葉というのは理性の産物であるという理解を通して、言葉で問題を遠ざけようとする人物の心情変化を把握します。
      • 「感情←→理性」の理解を深めるため、教材9の関連ページも進めました。
      • また、教材2を用いて、「むしろ」という言葉の逆説的な働きを理解するための練習問題を解きました。次週、小説の中の関連部分を読み解きます。
     
  • 2015/10/14
    • 使用教材……教材3,教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • スライドを用いて、反対語の基礎知識を練習しました。反対語は、どんな文章の読み書きにも不可欠です。
      • その後、前回に引き続き「セッちゃん」の設問を解き進めました。まず、細部を読み取る平易な問いを2つ扱いました。
      • 小説読解問題では、ある表現が読者の読み方に対しどのような効果をもたらすか、というたぐいの問いがよく出ます。3問目はこれを扱いました。
        鉄則8【ストーリー
        全体対比的心情変化を整理せよ】に即し、「最初は幸福に見えてもあとから不幸に変化する」といった対比的変化を暗示し予感させる効果を読み取る学習をしました。
     
  • 2015/10/7
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「セッちゃん」の具体的な読解に入りました。
      • 漢字の読みや言葉の意味などは、設問に関係する部分部分で、その都度説明していきます。
      • 今後、当塾で作成した100問ほどの設問から厳選した問いを20〜30ほど与えていくことになりますが、今日はそのうちの10問ほどをプリント化した中の一部の設問を扱いました。
        純粋な記述設問だけでなく、抜き出しや語句挿入、ときには選択式などの形式で進めていきます/文章全体を支える骨組みを問う設問から、細部表現の意味を問うような設問まで、幅広く作成しました)
      • 「ストーリー全体の対比的心情変化を整理せよ」(鉄則8)など、その都度その都度、「3つの力」と「鉄則」に立ち返りながら進めました。
        小説の精読とはどういうことなのか。見えない伏線を、見えるようにしていくことが、そのひとつの答えである。そういうことがわかるよう、授業しました。
     
  • 2015/9/30
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収)
    • 授業内容等
      • 第124回直木賞受賞作『ビタミンF』(重松清)所収の短編「セッちゃん」を、今日から読み始めました。
        震災後に重松清氏自らが選んだ短編を集めた『まゆみのマーチ』にも、「セッちゃん」が掲載されています。授業ではこちらを利用します。
      • 昨年までに既に、『まゆみのマーチ』内の短編2つを授業で指導し終えています(「また次の春へ――おまじない」及び「カーネーション」)。
        当時在籍していなかった生徒さんの場合は、ぜひとも読んでおくようお勧めします。
        なお、こちらに、「カーネーション」指導の際のテストがリンクされていますので、ご活用ください。
      • 今日の授業では、45ページほどの本文を読み通すために1時間近くを確保しました。
        ただし、ただぼんやりと読むのではなく、あくまで「精読」であることを意識して読むよう、事前に伝えました。
        また、与えられた「設問」ではなく自らの頭に浮かんでくる「疑問」を意識化することが本来は大切なのだということも、伝えました。
        次週から、具体的な読解にあたっていきます。
       
  • 2015/9/23 祝日
     
  • 2015/9/16
    • 使用教材……教材2,教材3,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • 「3つの力」スライド、反対語スライドを用いて、基礎のおさらいをしました。
      • 文章の対比関係をセルフチェックするための技術を、短文で学習しました。誤文訂正課題です。
        対比の観点の統一、対比のバランス(抽象度・パーツの数)の整理について、鉄則7も確認しつつ、おさらいしました。
      • 教材9では、200字メソッドを用いた短作文を進めました。対比の観点を統一しバランスを整えながら、与えられた内容を文章化する練習です。
      • さらに、教材3で「楽観←→悲観」を扱いました。
     
  • 2015/9/9
    • 使用教材……教材2,教材3
    • 授業内容等
      • 教材2(P.32,33)では、前回扱った同等関係を整理するための「マトリョーシカ方式」について、応用問題を扱いました。
        「Aにはいろいろある。たとえば、B,C,DなどのEである」という型の学習です。
        自作する課題も1つ扱いました。
      • また、関連する知識の補足のため、教材3で「生きる←→死ぬ」の項目を進めました。
      • 総じて、基礎的な知識が少ない印象があります。『必須常識』の本を活用することをお勧めします(ご購入ください)。
     
  • 2015/9/2
    • 使用教材……教材2,教材9
    • 授業内容等
      • 通常通り「3つの力」スライドを行ったあと、教材9の赤ページ(視写ページ)を用いて、ウォーミングアップをしました。
      • そのあと、同等関係を整理するための「マトリョーシカ方式」を用いて、抽象・具体の関係の基礎をおさらいしました。
        たとえば、「アメリカ・中国・インド> ? >世界の国々」、「焼く・煮る・蒸す・揚げる> ? >調理方法」といった中の「?」を考えることで、意味を広げすぎず狭めること(共通点をとらえること)の意味・価値を学びました。
      • さらに、教材2のP.14を用いて、「要するに何?」と問いながら考える名詞化の練習を行いました。
      • また、22の鉄則を暗記するための穴埋めプリントも扱いました。今後も、スライドと合わせて毎回復習し、定着を図ります。
     
  • 2015/7/22
    • 使用教材……教材2,教材9
    • 授業内容等
      • 教材9のP.88-90および教材2のP.72などを利用し、対比の観点をレベルアップさせるための技術を指導しました。
        鉄則22にあるとおり、
        独自性と客観性を両立させるための技術です。
        主に、文章を自作するような場面で発揮できる技術ですが、より広くみると、ものごとの相違点をとらえる上で不可欠な技術であると言えます。そして、相違点をとらえることは、思考の本質です。
      • 文章化は、書くことだけでなく、話すことでも行えます。
        授業では、200字メソッドの型を意識し口頭で文章化する練習も行いました。
     
  • 2015/7/15
    • 使用教材……教材7,プリント
    • 授業内容等
      • 教材7『こころの処方箋』48「羨ましかったら何かやってみる」を読み、そこに書かれたいくつかの定義をもとにして、テーマである「羨ましいという感情」の意味を整理しました。 筆者がなぜ「羨ましいと思うこと」を肯定的に捉えているのか、その理由を記述する問いです。
      • 鉄則13【定義にマークし、定義を使え】を身につける目的で行いました。教材1のP.19に記載された問題を印刷・配付し、定義にマークする練習をしました。
        「◯◯とは」をマークする際、「とは」だけマークしたり「◯◯」だけマークしたり、「◯◯に」「◯◯を」など無関係の部分をマークしたり、テーマと無縁の「△△」をマークしたり……といったミスが散見しました。まだまだ練習が必要のようです。
     
  • 2015/7/8
    • 使用教材……教材9
    • 授業内容等
      • 200字メソッドの基本の型をおさらいしたあと、P.54〜57を進めました。
      • P.54-55は「目標」と「夢」の違い、P.56-57は「思う」と「考える」の違いを、与えられた型のなかで具体化していく課題です。
        P.56-57は、先週の「感情←→理性」を根本的な違いとして説明する課題であり、先週の復習になります。
      • 書き上げた文章の骨組みは予め出来上がっていたものであり写しただけですが、それでも、具体例を含めて自作したその文章を読みなおした時、ある程度の満足感を得られたはずです。範囲を限定したこういった作文練習を通して、すべてを自作できるレベルにまで至るのが通塾の最終的な目標であるということを、伝えました。
     
  • 2015/7/1
    • 使用教材……プリント,教材3
    • 授業内容等
      • 到達度テスト【3】に出題した「主観←→客観」「感情←→理性」について、教材3を用いて丁寧に指導しました。
      • 歌の歌詞にも登場する「心と言葉」の対比について、「心」を重視する見方と「言葉」を重視する見方、双方を紹介しました。
      • 課題を進める中で、「不可能」「不可欠」「不可解」「不可視」「不可避」といった言葉の意味を指導しました。
        また、「以心伝心」についても確認しました。
     
  • 2015/6/24
    • 使用教材……プリント,教材2〜4
    • 授業内容等
      • 到達度テスト(定期テスト)を解いてもらい、直後に解説・返却をしました。
        すべて選択式のため、採点については各自で行ってもらいました。記録のためにテストの紙面を撮影・保存しました。
        一部に採点ミスが見られるようでした。正しい採点結果は6/28(日)・6/29(月)ごろ、個別ページにアップします。
        共通ページへの問題・解答・統計データのアップも、同時期に行います。アップ後にご連絡します。
     
  • 2015/6/17
    • 使用教材……教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 「3つの力」スライドおよび鉄則スライドを行いました(ほぼ毎授業行っていますので、ここに明記しない場合もあります)。
      • 教材2P.62の一部を解き、「アはAだがイはB」の型をおさらいしました。あわせて、選択式設問の解法を、先週も扱った鉄則21選択肢はまず手で隠せ。選択肢はワナの集合体だ】を用いて指導しました。
      • 教材7こころの処方箋』内「一番生じやすいのは一八〇度の変化である」を読み、ある一文の「理由」を問う課題を、少しだけ進めました。
        目標は200字で記述することですが、今日は、型どおりにパーツを埋めていくプリントを用いての学習(の一部)にとどめました。
        次回(以降)、今日の内容を踏まえての200字記述を行います。
     
  • 2015/6/10
    • 使用教材……教材2,教材4
    • 授業内容等
      • まず、鉄則スライドを用いて、鉄則11から22までの概要を伝えつつ、鉄則を覚える(鉄則に慣れる)練習をしました。
      • 次に、教材2P.58,59および62の一部を解き進めました。
        対比の骨組みを引き出す(抽象化)ことの重要性を伝えました。
        骨組みとは抽象的な部分であり、肉付けとは具体的な部分であること。
        読解問題では80%の設問で抽象化を要求されるので、肉付けを捨てて骨組みを引き出す練習が不可欠であることなどを伝え、その練習を重ねました。
      • あわせて、選択式設問の解法を、P.62及び鉄則21選択肢はまず手で隠せ。選択肢はワナの集合体だ】を用いて指導しました。
     
  • 2015/6/3
    • 使用教材……教材2,教材4
    • 授業内容等
      • まず、鉄則スライドを用いて、鉄則1から10までの概要を伝えつつ、鉄則を覚える(鉄則に慣れる)練習をしました。
      • その後、鉄則9ひとことで言うと? を口癖にせよ】を練習しました。
        要約課題で先週扱った文章を題材に、
        抜き出し式設問を1つ解きました。
        先週扱った文章ですから理解は早かったはずですが、それでも、予想以上に時間がかかっている生徒が複数いました。
        抜き出し式設問では、答えが直前直後にあるとは限らないことを、まずは知る必要があります。
        また、字数指定があるということは、似た部分がたくさんある中で答えを限定することが求められているということです。
        そういう中で、答えとなる部分をいかにして素早く見つけるのか。
        そのカギが、「ひとことで言うと」という自問である――ということを、具体的な練習を通して学習しました。
      • その他、「捕らぬ狸の皮算用」といった、文中の言葉の意味について、説明・指導しました。
     
  • 2015/5/27
    • 使用教材……教材9,プリント
    • 授業内容等
      • 「3つの力」スライド、及び反対語スライドを行いました(これらのスライドは授業前にたいてい毎回行っています/こちらにデータがあります)。
        今回は、スライドにそって反対語100問プリント(全員ファイルに入っています)を用いて、関連する言葉をまとめるなどしました。
        たとえば、「積極←→消極」「能動←→受動」をセットにしてくくるなどの作業です。意味も指導しました。
      • 教材9P.16,17などを中心に、200字メソッドの型で文章をパーツ分けしたり接続語にマークしたりする練習を、前回に引き続き行いました。
      • 今日は、その型を利用し、短文を要約(=抽象化)する課題を扱いました。
        「アはAだが、イはB」のAとBについて、文章の「コピペ」ではない整理された
        表現を見出し、観点を統一して書けるかどうかがポイントでした。
        一斉体験の課題として用いている文章ですが、鉄則9の課題にもなっています。鉄則9は、次回扱う予定です。
     
  • 2015/5/20
    • 使用教材……教材2,教材9
    • 授業内容等
      • 前回の復習として「3つの力」の意味を確認しました。
      • 教材9P.10〜17を題材に、200字メソッドの型で文章を整理する練習をしました。
        教材9本体およびそのP.10〜17をプリント化したものを用いて、文をパーツに分けたり接続語をマークしたりする練習をしました。
        読み書きの基礎となる「
        型」に慣れ親しむのが目的です。
      • 教材2P.59の文章を利用して応用課題を与えましたが、こちらは理解がもう一歩の生徒が目立ちました。
      • 今後も基礎と応用を往復しながら進めていきます。
     
  • 2015/5/13
    • 使用教材……教材2,教材9
    • 授業内容等
      • 今日は基礎を重視しました。
        今日から通塾を始めた生徒が4名おり、また、以前から通塾している生徒にとっても久しぶりの授業となったためです。
      • まず、反対語スライドをある程度進めました。
        次に、「3つの力」の基礎(いわば”公式”)を確認するスライドをひととおり進めました。
        そして、22の鉄則を覚えるために新たに作成したスライドを用いて、一部の鉄則(1〜4)を確認しました。
      • いずれのスライドも、こちらでダウンロードできますので、新規入塾のみなさんは積極的にご活用ください。
        内容の理解は、あとからついてきます。
        まずは、「武器」となる反対語や”公式”を機械的・形式的に暗記する(=耳に慣らす、何度も言ってみる)ことが大切です。
        スライドの内容はプリントでも配付していますのでご活用ください(ファイルに入っています)。
      • 教材2では、P.50,52を利用し、対比型短作文の基礎課題を進めました。
        「アはAだがイはB」の型が読み書きの要です。
        5/16(土)にEテレで再放送される番組でもこれを伝えていますので必ず御覧ください。
      • 教材9(P.5,6)では、「3つの力」の基礎を確認しました。
        たどる力の基礎内容を、鉄則19の具体例をもとにしてノートに整理しました。
     
  • 2015/5/ 6 祝日
  • 2015/4/29 祝日
  • 2015/4/22 臨時休講(返金対象)
  • 2015/4/15
    • 使用教材……教材7(文庫『こころの処方箋』河合隼雄)、 教材4
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「灯を消すほうがよく見えることがある」を題材に、くらべる力・言いかえる力を高める課題を扱いました。
        全文(約1,800字)を50字前後に要約する(=
        抽象化する)ことが目標です。
      • 今回は、要約に必要なパーツ(対比の観点)をあらかじめ明示してある選択肢の◯×(正誤)を判定する課題を先に解き、それに対する解説を詳細に加えたあとで、そのまとめとして要約をしました。
      • 文のパーツがすべて与えられていても、意味の分かりやすい文章になるようにそれをつないでいく作業は、みな苦戦したようでした。
     
  • 2015/4/8
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • まず、教材1を利用した反対語テスト60問(難易度別に14,14,16,16問))を行い、直後に採点・指導を行いました。
        次に、教材3を用いながら、それぞれの反対語についてくわしい解説を加えました。
      • 鉄則6隠された対比関係を見つけ出せ。それが、読解の第一の作業だ】の中に、こう書かれています。
        @反対語を覚えること。 A反対語を意識的に使うこと。
        なぜ反対語のテストをするのか、なぜ反対語を覚えるのかについて、その意味・目的を、鉄則6,鉄則4などを用いて趣意説明しました。
     
  • 2015/4/1
    • 使用教材……教材3,9
    • 授業内容等
      • 文章中の対比関係を整理するための基礎練習として、教材3の設問を利用しました。
        400字弱の文章の中の反対語・否定表現を抽出し、整理しながらメモしていく作業です。
        先週のような、やや難易度の高い課題に立ち向かうためにも重要な練習です。
      • また、教材9(200字メソッド)との関連も伝えました。
        すべての教材、すべての技術がつながっていることを体感できるよう、今後も練習を重ねます。
     
  • 2015/3/26 up
    『こころの処方箋』[1]要約解説PDF
    (授業で使用したものを、より分かりやすくしました:次週配付しますが、より早くご家庭で復習する場合にご利用ください)
  • 2015/3/25
    • 使用教材……教材7(文庫『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 新たに文庫本を1冊、配付しました。『こころの処方箋』(河合隼雄)です。
        4ページ読み切り形式で、どちらかと言うと論説文に近いエッセイ集のようなものです。中高大の入試に頻出する1冊です。
      • 今日はこの文庫の[1]「人の心などわかるはずがない」を扱いました。
        「ではなく」を挟んだ前後の対比関係を整理できるかどうかがポイントでした。
      • まず黙読の時間を与え、次に私が範読しながら語彙及び内容的知識を解説しました。
        その上で、「筆者の主張を80字前後でまとめなさい」という要約課題を与えました。
        結果としては、対比関係への意識の薄い「切り貼り答案」が多くなりました。今後も修練します。

     
  • 2015/3/18
    • 使用教材……オリジナルテスト,教材2,4,9
    • 授業内容等
      • まず、テストの復習を行いました。SAPIX(新小6)の組分テスト(3/8)の文章が、今回のテストと全く同じテーマ(言葉とその意味との関係/言葉が意味を区別するということ)であったため、それを音読して聞かせ、いくつかの設問について口頭問答の形で答えてもらいました。
      • 当塾テストに出題した「幸福」と「幸運」の違いについて、教材2をもとに確認しました。
      • その後、教材9を用いて、因果関係整理において頻出するミスの修正方法を指導しました。
     
  • 2015/3/11
    • 使用教材……オリジナルテスト,教材4
    • 授業内容等
      • テストを30分で解いてもらい、その後、解説を行いました。
      • テストの内容に関連し、教材4で補足的解説を行いました。
      • テスト問題および解答については、後日、共通ページTOPにリンクします(3/15の予定)。
      • 個人別のテスト結果および結果分析については、後日、個別ページに記載します(3/15の予定)。
      
  • 2015/3/4
    • 使用教材……教材2,9
    • 授業内容等
      • 教材9では、P.34〜37を用いて練習しました。与えられた「対比の観点」を正しく用いて文章化する練習です。
      • ただし、その練習に入る前に、「基本の型」を暗唱する練習をしました。
        算数の公式と同じで、覚えなければ活用はできません。
        200字メソッド基本の型
        [ ア ]は、[ 1 ](な)ため、[ A ]である。
        しかし、[ イ ]は、[ 2 ](な)ため、[ B ]である。
        だから、[ ア ]よりも[ イ ]のほうが[ C ]であると言える。
      • さらに、教材9のP.88-90及び教材2のP.72を用いて、「対比の観点」の客観性・独自性をレベルアップさせる方法について、説明しました。また、口頭問答で具体例を考えてもらいました。
     
  • 2015/2/25
    • 使用教材……教材9
    • 授業内容等
      • 教材9を配付して本の全体像を紹介し、取り組む目的や取り組む際の留意点などについて、ひととおり解説しました。
      • 初歩的な課題をいくつか実際に進めました。
      • 解説編冒頭のP.130-131が重要ですので、その内容を伝えました。ご家庭で取り組む際にも、毎回確認するとよいでしょう。
        「シャーペンは芯が折れやすい」という文の「シャーペンは」は、
        主語ではなく主題であること(主語は「芯が」)。
        アはAである。一方、イはBである」の「アは」は、必ずしも主語である必要はないこと。……などについても、ざっと解説しました。
      • さらに、教材9の内容(のみならずふくしま式問題集の内容の多く)は、価値観を相対的にとらえられるよう工夫されていることについても伝えました。
        たとえば、海とプールを比較して海に価値をおく文章も、プールに価値をおく文章も、両方が載せてあります。これにより、自己の意見を持つとともに他者の意見に耳を傾け、その妥当性を考える習慣を育てることができます。
      • 教材9については、まずは「パート1」のページをご自宅で積極的に進めるよう、指導しました。宿題ではありませんが、自主的な学習があればこそ成果も上がりやすくなります。
     
  • 2015/2/18
    • 使用教材……プリント,教材2,教材3
    • 授業内容等
      • 教材2の26,27ページからピックアップした課題により、比喩の言いかえ(=抽象化)(鉄則15)をさらに学習しました。
        「味」「港」といった言葉が比喩として用いられる場合の抽象的意味を考える課題などを扱いました。それぞれ、「個性」「安心できる場所」などとなります。
      • 教材3では、上記課題で扱った「個性」という言葉の理解をより深めるため、「一様←→多様」についてのページを進めました。
        個性とは「違い」であり「差」であり「多様性」であるということについて、具体的に説明・指導しました。
        また、真に個性・多様性の存在を知るには一様性こそが重要であるという
        逆説(鉄則12で書かれた短文について、その意味の理解を深めるための説明・指導をしました。
     
  • 2015/2/11 祝日
     
  • 2015/2/4
    • 使用教材……プリント,教材2
    • 授業内容等
      • 教材2の22〜29ページ(比喩表現の言いかえトレーニング)の一部の課題を進めました。鉄則15【比喩は具体である。まず抽象化せよ】と関連します。
      • ケンカした二人の関係を砂漠に、華やかだが消えてしまいやすいアイドルブームをシャボン玉に、あるいは、植物がじわじわと枯れる様子をろうそくが短くなる様子に……といった具合にたとえた例文を題材に、抽象化・具体化の技法を練習しました。
      • P.6あるいはこちらにも書かれているように、比喩の言いかえは「読解」の1つの柱です。
      • さらに、選択式問題の解法として、選択肢をパーツに分けながら、その「プラス」「マイナス」の方向性を判定していく練習も、合わせて行いました。鉄則16、21などに関連します。
         
  • 2015/1/28
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 先週行った入塾審査の課題(漢字(小学4-5年用)+語彙+短文読解)を扱いました。
      • 自らの学年より下の学年で習う基礎的な漢字でも、単体の漢字ではなく和語・漢語(熟語)などの言葉として文中に出てくると、意外に読み書きできないことがあります。そういった漢字を集めたテストです。この時間の正解率は、平均して7割ほどでした。5-6年としてはもう一歩です。
      • 漢字をなぜ学ぶのか。それは、読み書きにおいて、「意味」をインプット(受信)・アウトプット(発信)しやすくするためだ――ということを伝え、自ら漢字ドリルを選ぶなどして取り組んでいくよう、アドバイスしました。
      • 短文読解は、人間と動物を対比した、たった8行の短い文章でしたが、いざ要約せよと言われると苦労します。
        違いを述べた文章をまとめる場合、とにかく第一に「アはAだがイはB」あるいは「アはAではなくB」の型を思い浮かべる必要があります。このスタートラインを突破し、あとは鉄則7に示すような対比関係のポイントを活用しセルフチェックできたかどうか。これを問う課題でした。
       
  • 2015/1/21
    • 使用教材……プリント/教材2
    • 授業内容等
      • 200字メソッドの型を用いて、短作文を書きました。
         【なためAである。
          一方、なためBである。
          だから、よりものほうがCであると言える。】
      • 作文(構成)も読解(再構成)も、結局は同じ関係整理力が問われます。
        どちらも本質的には同じ作業なのだということへの意識を持てるよう、指導しました。
      • 課題は下記2つです。
        1) ア:クロール  イ:平泳ぎ
        2) ア:予告ありの避難訓練  イ:予告なしの避難訓練
      • これらの短作文を通して、「対比の観点」を磨く学習をしました(教材2のP.72参照)。
      • 心理的観点・時間的観点・空間的観点・目的的観点などへの意識を持てるよう、進めました。
     
  • 2015/1/14
    • 使用教材……教材3,4
    • 授業内容等
      • 「22の鉄則」確認プリントを配付し、テストを行いました。この時間の平均点は102点(110点満点)でした。
        むろん、覚えるというのはスタートラインに過ぎません。
        鉄則1【「」を武器にせよ。そして、その武器を自ら取り出して使え。】に明記されているように、意識的に活用してこそ、意味があります。
      • 教材4では、鉄則2【読解とは、他者の言葉の再構成である。】および鉄則3【読むときも書くときも、まず「全体」を意識せよ。】を扱いました。
        具体的な短文読解問題を解くことで、読解に取り組む際の基本的な心構えを学びました。
       
  • 2015/1/7
    • 使用教材……教材3,4
    • 授業内容等
      • 「22の鉄則」確認プリントを配付し、視写しました。次回、テストをする予定です。
      • 教材4では、鉄則1【「」を武器にせよ。そして、その武器を自ら取り出して使え。】を扱いました。
        とくに、国語学習における「
        形式←→内容」の意味を、具体的な問いをとおして指導しました。
        3週間ぶりの授業、新年初めの授業にふさわしく、
        国語学習に取り組む目的そのものをあらためて認識するための授業と致しました。
      • 教材3では、「形式←→内容」および「硬い←→軟かい」のページを扱い、知識の定着を図りました。