ふくしま国語塾 授業記録

金曜 17:00-18:40
  
教材1 教材2 教材3 教材4 教材9 A B
 
入試頻出の評論を文庫・新書等で個々に配付
入試頻出の物語・小説を文庫等で個々に配付
教材5 教材6 教材7 教材8 教材10
教材についての詳細はこちらをごらんください。
  
授業記録および今後の予定
(降順表記です/予定は可能な範囲で示します)
この記録は、「必ず毎週授業直後にアップする」というわけではありません。1週間程度遅れる場合があります。
教材3、教材4、およびスライドはほぼ毎回使っているため、特に中心的に使用したときのみ記録します。
最も詳しい授業の記録はこちらです
  • 2018/10/12
    • 使用教材……教材3,教材9
    • 授業内容等
      • まず教材9(200字メソッド)のP.54,55,58,59を用いて、200字メソッドの型に具体例を加えて書く練習をしました。
        あらかじめ書かれた「目標と夢の違い」「大量生産と少量生産の違い」の文章に具体例を加えます。
        ポイントは、絵が浮かぶレベルで具体化すること、数値を入れるなどして
        具体性を高めることです。
      • 次に教材3(語彙力)を用いて、「理想←→現実」の意味・用法を指導しました。今後扱う予定の小説の布石となります。
     
  • 2018/10/05
    • 使用教材……教材2,教材7(こころの処方箋),プリント
    • 授業内容等
      • 2週間前、こころの処方箋P.150勇気にもハードとソフトがある」について説明不足だった点を、解説・指導しました。
      • その後、教材2P.108.109に掲載された読解設問を解きました。
        紙メディアに代表される「一方向メディア」と、ネットに代表される「双方向メディア」とを対比した文章ですが、今回の主眼は対比関係というより
        因果関係です。
      • 「ア→だから→イ→だから→ウ」という順で出てくる因果関係の要素について、「ウはなぜか」と問われた時、「アのためイだから」と答えるという、いたってシンプルな問いです。
        「アの
        ためイだから」の「ため」「から」が本文ではどういった言葉になっているかを意識することが大切です。
        「ア
        その分だけイ」「アその結果イ」は、「アだからイ」とほぼ同じ働きをします。
        文中に出てくる「その分だけ」「その結果」を意識し、それを節目として因果関係を整理できるかがポイントでした。
     
  • 2018/09/28
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 短文読解問題を解きました(言葉について書かれた評論文)。
        傍線部を言いかえる設問です。
        鉄則15【比喩は〈具体〉である。まず抽象化せよ】
        鉄則16【傍線部がパーツに分けられるなら、
        パーツごとに言いかえよ
        この2つの鉄則を意識して解けるかどうかがポイントでした。
      • 同時に、内容的理解を得るため、ソシュール言語論についてまとめたプリントを配付し、解説・指導しました。
        有料メルマガNo.33では、このプリントを特別付録としてつけています)
     
  • 2018/09/21
    • 使用教材……教材7(こころの処方箋)
    • 授業内容等
      • こころの処方箋P.150勇気にもハードとソフトがある」を読み、オリジナル設問(読解記述)を解きました。
      • 今日のポイントは、いつもと同様、
        本文中にある対比を確実に抽出し、かつ、
        本文には明記されていない
        隠された対比関係(鉄則6)をいかに見つけ出すか、というところです。
        対比とはプラス・マイナスを表明するためにこそある」という点も大切です。
     
  • 2018/09/14
    • 使用教材……プリント (聞く力問題集ピックアップ)
    • 授業内容等
      • 引き続き聞く力問題集からピックアップしたプリントを進めました。
      • 類似したものごとの相違点について語られる音声を聞きます。
        まず、相違点を聞きとってはっきりさせ、次に、何と何をくらべているのかを絞り込みます。
        制服・私服/事件・事故/写真・映像/夢・目標/安心・安全 といったものごとが答えになります。
        その対比の観点は、それぞれ順に、一様・多様/故意・過失/想像の可否/時間的長短/主観・客観…などとなります。
        これらを、設問を通して指導しました。
     
  • 2018/09/07
    • 使用教材……教材9,プリント (聞く力問題集ピックアップ)
    • 授業内容等
      • まず、教材9(ベーシック)のP.38,39を進めました。
        短い文を
        パーツごとに抽象化していく練習です。
        鉄則16(パーツごとに言いかえよ)の基礎練習です。
      • 次に、聞く力問題集からピックアップしたプリントを進めました。
        いわば、本文のない読解です。本文は音声です。選択肢のみがプリントされています。
        あわせて、選択式設問の解法をていねいに指導しました。

  • 2018/07/20
    • 使用教材……教材2,プリント
    • 授業内容等
      • 教材2P.104〜107を用いて、読解問題に頻出する「段落関係図」の読み取り方を指導しました。
        長文読解における具体的な問題例なども示しながら、こうした課題の対策をとっておくことの重要性を伝えました。
      • 教材2P.158に明示された接続語一覧もコピーして活用するよう伝えました。
     
  • 2018/07/13
    • 使用教材……教材3,教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 到達度テストを行いました。
      • テストの解説に当たっては、解答を配付するとともに、教材3,4の関連ページも用いました
      • 問題・解答のPDFデータは、7/14の夜にウェブにアップする予定です。
     
  • 2018/07/06
    • 使用教材……教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き物語文読解(記述)を解きました。
      • 鉄則8(対比的変化)を応用し、次のような型で、主題文を含む全体要約をしてもらいました。
        • Cによって、AからBへと心情が変化したことを通して、
          人間とはDではなくEであるということを伝える話。
      • でき次第持ってくる形で個別指導を行いました。
        制限時間を設けないため個々人のペースで答案を書けるよさはありますが、逆に時間をかけすぎてしまい修正するような時間をとれなくなるデメリットもあります。
        タイムプレッシャーを自主的にかける意識が求められます。
     
  • 2018/06/29
    • 使用教材……教材2,教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き、中学入試を想定した物語文読解(記述)を解きました。
      • 教材2P.99に掲載されている技術、「理由を問われたら一般化して自問自答」を事前に指導しました。
      • また、先週に引き続き鉄則19(直前の理由イを常に意識せよ)も事前に確認しました。
      • そのうえで、最も難易度の高い記述設問を解いてもらいました。
        部分的な長所はみられましたが、正解らしい正解は一切出ませんでした。
        しかしだからこそ、多くのことを学ぶことができたものと思います。
      • 次週もこの課題を続けます。
          
  • 2018/06/22
    • 使用教材……教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 中学入試を想定した物語文読解(記述)を解きました。
        まず、解法として鉄則19(直前の理由イを常に意識せよ)を、教材4で指導しました。
      • その後、傍線部の理由を記述する設問の一部を解いてもらい、採点後、個別指導・全体指導を行いました。
      • ポイントは、「事実+心情」の型で答えること。
        また、根拠となる本文の個所を冷静に探すこと。直前だけみてさらっと書かないこと。
        そして、本文のコピペでなく抽象化して整理すること。などです。
      • 次週もこの課題を続けます。
         
  • 2018/06/15
    • 使用教材……教材2,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • まず、教材2P.64を用いて、対比的心情変化(鉄則8)の基礎を指導しました。
        物語文読解の最重要技術です。
      • 次に、教材4(鉄則8)及び教材9(200字メソッド)に載っている短めの物語文を読み、教材4(鉄則8)の問い(記述設問)を2つ解きました。
        個別に採点・指導をし、かつ全体に解説指導を行いました。
        カギとなるのは、具体的すぎず抽象的すぎない言葉えらびをできるかどうかでした。
     
  • 2018/06/08
    • 使用教材……教材2,教材3,プリント
    • 授業内容等
      • まず、教材2P.58,59をプリント化したものを用いて、対比の骨組み(AではなくB)を抽出する課題を扱いました。
      • 次に、1,000字ほどの短文をもとに、「成功」と「幸福」という、筆者独自の対比関係を整理する記述読解を扱いました。
      • 七つの観点の中でもいつも重視して指導している「自他」の観点に注目できるかどうか。
        また、文中にないが活用可能な反対語を積極的に活用できるかどうか(その意味は
        こちら参照)。
        こうした点に注目して評定・指導を行いました。
      • その模範解答にも登場した反対語、「主観←→客観」「絶対←→相対などについて、教材3(語彙力)を用いて別途指導しました。
     
  • 2018/06/01
    • 使用教材……教材9,プリント
    • 授業内容等
      • 教材9P.82(200字メソッド 変形バージョン)を用いて、まず基礎パターンを確認し、お手本の文章を視写しました。
        【アはA。しかし実際にはアは2であり(むしろ)B】。これが基本パターン(逆説型短作文)です。
      • 次に、同じパターンで構成する短作文を、個々に書いてもらいました。
        そのうえで個別に添削指導を行いました。
      • その後、七つの観点を活用した考え方とともに、解答例となる文章の骨組みを解説・指導しました。
     
  • 2018/05/25
    • 使用教材……教材2,教材10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)P.44,45を用い、抽象化・具体化の基礎練習としての短文読解を扱いました。
        大問2では、
        具体例を並列する際の抽象度のバランスについて指導しました。
      • さらに、教材2P.30,31(一部)を用いて、具体例を並列する際の抽象度のバランス、及び内容的バリエーションのバランスについて、それを整える練習を行いました。
     
  • 2018/05/18
    • 使用教材……教材9,教材10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)P.46,47を用いて、抽象化・具体化の技術を用いた読解技法の基礎を指導しました。
        また、文章の題材である和語・漢語・外来語についても指導しました。
      • 教材9(200字メソッドP.38に掲載された「旅と旅行」の違い(旅:和語、旅行:漢語)について、観点を1つ追加したうえで文章化してもらいました。
        先週扱った課題の復習も兼ねています。
        客観性と独自性を両立させながら(鉄則22意見文等を書く際の技術です。
     
  • 2018/05/11
    • 使用教材……教材9(をもとにした指導)
    • 授業内容等
      • 教材9(200字メソッドP.88,89などをもとに、「対比の観点をレベルアップさせる技術」を指導しました。
        客観性と独自性を両立させながら(鉄則22意見文等を書く際の技術です。
      • 具体的には、
        • 因果関係でたどりながらレベルアップさせる
        • 7つの観点を意識しながらレベルアップさせる
        • 逆説化してレベルアップさせる
        といった内容になります。
      • 基礎技術を指導したあと、「徒競走とリレーの違い」を各自文章化してもらい、採点・指導を加えました。
     
  • 2018/05/04……祝日
     
  • 2018/04/27
    • 使用教材……教材9(を抜粋し手を加えたプリント)
    • 授業内容等
      • 教材9(200字メソッドに掲載した約600字の短文の読解(対比要約P.118-119をプリント化したものを扱いました。
      • まず、ミスが起こりやすい部分についてのヒントを与え、を意識できるようにしました。
        その後、時間制限をつけて記述してもらいました(約150字)。
      • 大切なことは、文を下(述語)から組み立てるということです。
        まず述語を確定する。これが、正答への近道です。
     
  • 2018/04/20
    • 使用教材……教材7(『こころの処方箋』河合隼雄) ,プリント
    • 授業内容等
      • 新たに作成した因果関係整理のための基礎トレーニング問題を解いてもらいました。
        三段論法(むすんでたどるパターン)の基礎練習となるプリントです。
      • 読解問題の大半は「なぜですか」と問うてきます。
        このとき、なんとなく答えを書くのではなく、型を利用して正確に書くことが求められます。
        「なぜですか」と問われたときに役立つ型の基本パターンを、くり返し練習しました。
      • さらに、前回の課題の補足指導も行いました。
     
  • 2018/04/13
    • 使用教材……教材7(『こころの処方箋』河合隼雄) ,プリント
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』の26「「耐える」だけが精神力ではない」を読み、 対比関係整理の記述設問1題を解きました。
        事前に、漢字の読みなどを確認しながらひととおり範読しました。
      • 「型」(鉄則7,11あるいは200字メソッド参照)を意識して書けるかどうかがポイントでした。
        対比の型の一部(アは…イは…にあたる部分)を事前に与えたうえで書いてもらいましたが、それでもA・Bパーツ(述部)において文章中の〈具体〉をピックアップしてしまうと失敗します。あくまでも〈抽象〉に目を向けなければなりません。
      • 最後に、新聞の「版」に関する知識を実物をもとにして伝え、それをとおして、「疑問を持つこと」の重要性をあらためて伝えました。
     
  • 2018/04/06
    • 使用教材……教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 短文及びグラフから情報を読み取り、そこから判断される内容を文章化する課題を扱いました(参照)。
      • 今後の中学入試・高校入試・大学入試、そして小学・中学・高校における授業の方向性は、間違いなくこういった「非連続型テクスト」の読解へと傾いていきます。当塾で指導している技術・知識は、とりもなおさずその対策になります。
        3つの力、22の鉄則、200字メソッド、7つの観点をしっかり覚え、日常場面において活用していくことが大切です。
     
  • 2018/03/30……休講
     
  • 2018/03/23
    • 使用教材……教材3,教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 定期テスト(到達度テスト)を返却しました。
        一般問題(大問1〜5)および作文問題(大問6)について、採点基準を伝えました。
        また、ミスの多かった問いを中心に、解説を行いました。
        さらに、個々の作文や答案について、個別的な指導も行いました。
      • 特に反対語を中心に復習指導しました。
        今回の反対語20問をあらためて拡大印刷したプリントを配付し、意味・用法(および漢字)の解説を丁寧に行いました。
        また、反対語を暗記する時間をとり、それを再度確認するための再テストプリント(自己採点)も活用しました。
      • 客観性・独自性・普遍性のある作文を書けるようになるための根本的な態度として、あらゆるものごとに対し疑問を持つこと、日々さまざまに自問自答することの重要性を伝えました。教材4(鉄則)のP.126-127(おわりに)の文章を題材にして伝えました。
     
  • 2018/03/16
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 定期テスト(到達度テスト)を実施しました。
      • 水・木・土の17:00は40分間で、それ以外の枠は35分間で行います。
      • 採点・返却・個別指導は次回となります。
      • テストの後は、一部の問いの解説を行いました。
      • また、こちらをプリントして与え、震災についてはもちろん、世の常識について興味関心を持って自ら調べることの重要性について伝えました。
        常識の蓄積が逆説力を高めます。そしてそれが国語力に直結していきます。
        そのあたりの理路については、こちらもご参照ください。
     
  • 2018/03/09
    • 使用教材……教材10
    • 授業内容等
      • 教材10(ベーシック)のP.32,33を用いて比喩の言いかえ(抽象化)」について指導しました。
        その中で、意味上のプラス・マイナス・ニュートラルの方向性を意識することの重要性を伝えました。
      • 特に「人間」と「ロボット」の対比について詳しく指導しました。
        読解頻出の観点(自然・人工変化の有無規則性の有無等)についてです。
      • その他、関連する語彙や技術を随時指導しました。
     
  • 2018/03/02
    • 使用教材……教材9,プリント
    • 授業内容等
      • 教材9を用いて反対語を自作する課題を扱いました。
      • 与えられた言葉に対する反対語を自作するとともに、なぜそれが反対語と言えるのかを考えること、すなわち対比の観点の創造を行いました。
      • 主観的すぎるパターン、観点が片方にしか存在しないアンバランスパターンなど、よくあるミスのパターンも意識しながら自力で観点のレベルを高めていく必要があります。
      • こうした学習が、とりもなおさず、文章読解の骨組みである対比の観点を素早く見つけるための素地を育てます。
        文学であれ評論であれ、書き手は独自の対比関係を持ち出してメッセージを展開します。
        生徒自身が独自の対比を創造する練習を積むことで、それを素早く見出すことができるようになるわけです。
     
  • 2018/02/23
    • 使用教材……教材9,プリント
    • 授業内容等
      • まず、「★は、アはAだが、イはB」という基本の型を指導しました。
        教材9P.50,51なども活用しました。
        また、型に沿って短い例文をノートに書くなどして、理解を深めました。
      • その後、その型を応用して整理する短文読解(詳しくはこちら)を扱いました。
      • さらに、その課題の本文をより分かりやすい文に書き直す作業を通して、短文をより正確に操作・整理する練習としました。
     
  • 2018/02/16
    • 使用教材……教材10,3
    • 授業内容等
      • 引き続き比喩の抽象化を行いました。
      • まず、モチベーションを高めるべく、東大の入試設問を見せました。
        その多くが「どういうことか、説明せよ」となっていること、それが比喩(筆者独自の表現)の言いかえであることを紹介しました。
      • その後、教材10P.30,31を用い、基礎練習を行いました。
      • そして、寓話「北風と太陽」の中の抽象的メッセージをまとめる課題を扱いました。
        前回同様、対比関係を意識しながら進めることが大切です。
      • 最後に、答えに用いる反対語(強制・自発)教材3で確認・指導しました。
     
  • 2018/02/09
    • 使用教材……教材10,3
    • 授業内容等
      • 引き続き比喩の抽象化を行いました。
      • まず、教材10P.28,29を用い、比喩のある具体的表現と、比喩のない抽象的表現の違いを把握しました。
      • 次に、「うさぎとかめ」などの寓話の中の抽象的メッセージをまとめる課題を進めました。
        前回同様、対比関係を意識しながら進めることが大切です。
      • 意味を知らない言葉の理解を助けるために、いくつかの具体例を示しながら指導しました。
        特に、現在進行形の社会問題などを例示することによって、関心を高めるようにしています。
     
  • 2018/02/02
    • 使用教材……教材2,4
    • 授業内容等
      • 教材4(鉄則)の鉄則5及びP.114〜125などを用いて、設問パターンを読み解くことの重要性を伝えました。
      • 教材2P.23の上段を用いて、比喩の抽象化について指導しました。
        特に、言いかえる際のプラス・マイナスの意識についてです。
      • さらに、ことわざ「花より団子」抽象化を扱いました。
        反対語を活用し、観点の抽象度を統一する必要がありますが、「見る」「食べる」などの具体的レベルでとどまっている答案も散見しました。
        今後も類似した課題を扱い、抽象化ということの意味を体得できるよう指導します。
     
  • 2018/01/26
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • 国語技能検定ver1.2および、2015/6の到達度テストで行った課題を扱いました。
      • 具体的な描写で書かれた短文の中に抽象的対比の骨組みを見出し(鉄則6)、それを漢字1字の組み合わせで言いかえる問題です。
      • わずか4つの小問でしたが、いずれも最重要の観点(反対語)を含んでいるため、教材3で意味・用法を確認しながら、丁寧に扱いました。
        受験生も多いため、最重要事項の復習となるように指導しました。
      • その後、「かいがいしい」「いまいましい」「みずみずしい」などといった繰り返し表現の形容詞を五十音順に列挙していく時間をとりました。
        こういった特徴的な語彙問題は、入試によく出ます。
     
  • 2018/01/19
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き、2月刊行予定最新刊問題集『「本当の聞く力」が身につく問題集』の中の聞き取り問題をプリント化し読解形式にしたものを扱いました。
        毎回授業冒頭でもスライドで確認している型、「アはAではなくB」「アはAだがイはB」を活用し、文章を整理します。
      • 受験直前の生徒も多いので、記述のみで指導しました。
      • 鉄則6も確認しつつ、文中に隠された、または隠されていない対比関係を見つけ出してそれを組み立てる記述課題を進めました。
      • こちらに示すようなハイレベルな言いかえ(勇気ある言いかえ)をすべき問題とそうでない問題とを区別するというのも、今回の課題の1つでした。
     
  • 2018/01/12
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 新年最初の、久しぶりの授業ですから、最重要技術の基本を確認する指導を行いました。
      • 課題としては2月刊行予定最新刊問題集『「本当の聞く力」が身につく問題集』の中の聞き取り問題をプリント化し読解形式にしたものを扱いました。
        毎回授業冒頭でもスライドで確認している型、「アはAではなくB」「アはAだがイはB」を活用し、文章を整理します。
      • 解き始める前に、教材2,4を用いて同等関係・マトリョーシカ方式の基礎を確認しました。
        小問1、特に@は、マトリョーシカ方式を活用できるかがポイントでした。
      • メインは小問3、65字以内での記述課題です。
        「アはAではなくB」の型に沿って
        本文の具体例を抽象化できるかどうかがポイントでした。
      • 2題目の課題は次回扱います。

  • 2017/12/22
    • 使用教材……プリント,教材3,4,7
    • 授業内容等
      • 到達度テストの復習を行いました。
      • まず、反対語のテストを行い、「実質・形式」「理想・現実」などについて再度おさらいしました。
      • 次に、テストで扱った文章の原典である『こころの処方箋』を用いて文章を読み直しつつ、対比関係を整理しました。
        文章というのは何度も読み直してこそ理解が深まるものです。
        そして、解説しながら与えた
        観点を組み合わせ(=再構築=読解)、自ら記述答案を完成させるよう指導しました。
     
  • 2017/12/15
    • 使用教材……プリント,教材3,4
    • 授業内容等
      • 到達度テストを実施しました(20分:読解記述+反対語+鉄則)。
      • 終了後、すぐ採点・記録し、返却しました。
        採点中は、詳細な解説プリントを見ながら、読解問題のセルフチェックをしてもらいました。
        また、テストに出た反対語を教材3・教材4を用いて復習・練習してもらいました。
      • 採点後は、読解を中心に解説を行いました。
      • 順位等は次週公開し授業でも紹介します。
     
  • 2017/12/08
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 国語力を抽象化力具体化力に分けるならば、よりハイレベルで重要度が高いのは、具体化です。
        一般的に読解問題というのは抽象化が8割、具体化が2割で構成されますが、
        具体化こそが真の国語力であるといえます。
      • また、具体化力こそが、作文の成否を分けます。
      • そのためのトレーニングとして、「ことわざを言いかえる」練習を行いました。
        今回は「一石二鳥」および「薬も過ぎれば毒となる」の抽象化・具体化を行いました。
      • 「一石」と「二鳥」との関係性などに注意しながら考えることが大切です。
      • また、「薬」と「毒」の対比関係も重要です。いかに「絵が描ける」レベルで具体化できたかもポイントです。
        そういった点に注意しながら、抽象化・具体化してもらいました。
     
  • 2017/12/01
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 鉄則16(傍線部がパーツに分けられるならパーツごとに言いかえよ)の選択式設問を記述設問化及びプリント化したうえで与えました。
      • 全体としては、本文を抽象化し、それをまた具体化するプロセスです。
      • 読解問題の8割は抽象化問題ですが、2割の具体化問題が入試の合否を分けます。
        オリジナリティを発揮しつつも、客観性を維持しなければならないからです(鉄則22)。
      • その意味で、具体化を重視して指導しました。
      • 次週も同様のパターンの課題を進めます。
     
  • 2017/11/24
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 「日本的民主主義は創造の芽をつみやすい」を引き続き扱いました。
      • 日本における「みんな」と西洋における「みんな」の違いについて、本文の主旨に即しつつも本文を離れた文脈で発展的に解説した文章の空欄を埋める設問を中心に解きました。
      • こういった問いでは、反対語・否定表現の知識がまず必要です。不足を感じる場合は、教材3(語彙力問題集)で練習する必要があります。
      • 文末接続語「わけだ」をもとにして、その文の内容が前の文と同等関係にあることを判断する。
        「つまり」をもとにして、前後が言い換えられているはずだと判断する。
        「集まった個人」「個人の集まり」といったレトリカルな比喩的表現(筆者の個人言語)を翻訳し一般化していく文脈で空欄を埋める以上、比喩的な表現にとどまる答えは不可となる。

        ……等々、意識すべきポイントについて解説しました。
      • また、前回の「むすんでたどる」(因果関係整理)の方法について具体例を補いながら再度解説しました。
      • さらに、本文の主張を具体化する問題も扱いました。
     
  • 2017/11/17
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 「日本的民主主義は創造の芽をつみやすい」を読み解きました。
      • 技術的目標は「むすんでたどる」(因果関係整理)です。
        2016年1月にも扱った文章ですが、設問は変更しました。
      • 集団主義・個人主義/民主主義・独裁主義などについて整理したあと、設問を解いてもらいました。
      • 文章中の要素を適切に組み合わせれば10点満点をとれる設問ですが、苦戦した生徒もいたようです。
      • ひととおり解説指導を行いましたが次回も続きを扱います。
     
  • 2017/11/10
    • 使用教材…… 教材3,4,プリント
    • 授業内容等
      • 200字メソッドを用いた短作文を書いてもらいました。
      • 通常は、テーマとなるア・イのパーツを指定して、1・2/A・Bのパーツを自力で書きますが、今回はこれを逆にしました。
        対比の観点(反対語・否定表現/代表的には7つの観点)を指定して、主語・主題・テーマとなるア・イを自分で考えてもらいました。
      • 今回は、鉄則22でも取り上げている「独創・模倣」を指定しました。
        なお、文章を書く前に、教材3(語彙力)および教材4(鉄則22)の例文(具体例)を読み、「独創・模倣」への理解を深めました。
      • 作文に対しては個別指導によってA・B・C評定を与え、個々人に必要なレベルでのアドバイスと、修正のための課題とを与えました。
     
  • 2017/10/27
    • 使用教材…… 教材4
    • 授業内容等
      • 学校教科書(5年)の短いお話(あめ玉)を範読し、それを聞き取って対比的心情変化の型に置き換える練習をしました。
      • 対比的変化の骨組みをまず作り(A→B)、その理由(C)を考えていきます。
        特に理由を書く作業では、どうしても本文の抜き書きのような
        具体的描写のままになってしまい抽象化が不足します。
        それにより、因果関係の要素が不足します。
        このあたりの考え方をていねいに指導しました。(有料メルマガNo.22に詳述)
     
  • 2017/10/20
    • 使用教材……教材3,9プリント
    • 授業内容等
      • 先週の散文詩の読解について補足指導を行いました。
      • 教材9(200字メソッド)のP.66,71を用い、意図的に乱れさせた短い文章の対比の観点を修正・統一していく練習をしました。
      • また、テスト直しの際に模試の記述解答をうまく利用し、模範解答の骨組みを引き出し、理解につなげるためのシンプルな方法を指導しました。
      • さらに、教材3図形的比喩の1つになりうる「真っ直ぐ←→斜め」のページを解説・指導しました。
     
  • 2017/10/13
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 散文詩の読解を行いました。
      • 詩の読み取り方としては @比喩(同等関係) A対比関係 の意識が肝要です。まずこのあたりを解説しました。
        今日はこのうちの@がメインです。
      • 詩の中で何を何にたとえているのか。
        そのたとえが成立するのは、両者にどんな
        共通点があるからなのか(鉄則15:比喩の抽象化)。
        特にこの2つめの思考をテーマに進めました。
      • 7つの観点も意識することが重要である旨、あわせて指導しました。
        特に
        五感の観点について詳しく扱いました。
     
  • 2017/10/6
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 引き続き基礎トレーニングを進めました。
      • 教材4「22の鉄則」からピックアップした短文読解問題を進めました。
      • 今日は鉄則21について扱いました。
        • 鉄則21……選択肢はまず手で隠せ。選択肢は罠の集合体だ。
        • 選択式問題の解法について、具体例をとおして指導しました。
      • また、200字メソッドの型によって短作文を書く練習もしました。
        類似したものごとの相違点を考えます。
        今日は、「涼しい・寒い」および「流行・定着」について考えました。
       
  • 2017/9/29……休講
     
  • 2017/9/22
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 引き続き基礎トレーニングを進めました。
      • 教材4「22の鉄則」からピックアップした短文読解問題を進めました。
      • 今日は鉄則13について扱いました。
        • 鉄則13……定義にマークし、定義を使え。
        • 75字で記述する設問を中心に解きました。
          文章中の定義にマークしそれを意識的に使うことにより、記述答案の精度を高めていきます。
        • 課題文の内容に関連し、ソシュール言語論の意味などを解説・指導しました。
       
  • 2017/9/15
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 引き続き基礎トレーニングを進めました。
      • 教材4「22の鉄則」からピックアップした短文読解問題を進めました。
      • 今日は鉄則19について扱いました。
        • 鉄則19……直前の理由(イ)を常に意識せよ。
        • 物語文読解において「なぜですか」と問われた時の考え方・答え方についてです。
          時間内に2度修正の機会をつくるなどして、時間内での変化成長を目指しました。
       
  • 2017/9/8
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 引き続き基礎トレーニングを進めました。
      • 教材4「22の鉄則」からピックアップした短文読解問題を進めました。
      • 今日は鉄則18について扱いました。
        • 鉄則18……役立つ接続語は文頭よりも文中にある。
        • 50字で記述する短文読解問題を中心に解きました。
          一見すると「指示語」設問に見えますが、実質的には抽象化問題であるということを認識する必要があります。
      • さらに、関連する問いとして、教材2P.15,16を扱いました。
      • この授業直後のツイート集
     
  • 2017/9/1
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 9月は基礎トレーニングを中心に進めていきます。
      • 教材4「22の鉄則」からいくつかピックアップした短文読解問題を順次進めました。
      • 今日は鉄則3,鉄則4,鉄則9について扱いました。
        • 鉄則3……読むときも書くときも、まず「全体」を意識せよ。
        • 鉄則4……「分かる」とは、「分ける」ことである。
        • 鉄則9……「ひとことで言うと?」を口ぐせにせよ。
      • 次週も続きを進めます。
     
  • 2017/7/21
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 到達度テストを返却し、前回の授業で説明不足だった部分を解説・指導しました。
      • こちらに掲載した順位等について伝えました。
      • 問1〜3については既に授業で指導した設問ですので、簡単な説明にとどめました。
      • 問4については、鉄則8を参照しつつ、対比的変化の型による考え方について指導しました。
      • さらに、問5で必須だった200字メソッドの型を用いて、オリジナルの短作文を書いてもらいました。
        通常は、テーマを当方で定めて書かせるのですが、今日は、
        (独自性が求められる機会も増える)夏休み前ということもあり、全てをオリジナルで書くように指導しました。
      • こちらのページを紹介しながら、夏休み中の学習法をアドバイスしました。
     
  • 2017/7/14
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 年に3回ほど行っている到達度テストを実施しました。
      • テスト内容は、「カーネーション」のおさらい問題が4つ、新作問題(説明的文章の読解)が1つです。
        すべて記述式の設問です。
      • テスト後は新作問題の解説指導のみ行いました(答案はコピーを返却済)。
      • 7/15深夜または7/16に、テストのPDFをこちらにアップします。復習にご活用ください。
        なお8/6セミナーで利用する問題と同一ですので、ご参加の方は問題を見ないことをおすすめします。
     
  • 2017/7/7
    • 使用教材……プリント,教材2,8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解を続けました。
      • 小説のピークとなるできごとに込められた意味を考える問い(50字での記述設問)を扱いました。
        技術としては、
        鉄則15,16の応用となります(比喩の抽象化です)。
      • その後、教材2を用いて、同様の課題(比喩の言いかえ)を練習しました。
      • また、熟語の漢字1字ごとの意味に注目することの重要性を伝えました。
      
  • 2017/6/30
    • 使用教材……プリント,教材3,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解を続けました。
      • これまであまり扱ってこなかった人物(誠司・康雄)の心理的葛藤を端的に整理する課題を扱いました。
      • それにともない、誠司・康雄に関する部分を範読しました。
        当初配付した設問列挙プリントのうちの省略した設問をいくつか拾い、解説指導を行いながら読みました。
      • その後、読解のプロセスで出てきた言葉の理解を深めるべく、教材3を用いて指導しました。
        「生きる←→死ぬ」について扱いました。
     
  • 2017/6/23
    • 使用教材……プリント,教材3,4
    • 授業内容等
      • こちらに記載している短文要約課題を扱いました。
      • まず200字メソッドの型を与えたうえで10分で書いてもらい、個別に採点指導を行ったあと、解説指導を行いました。
      • その後、教材3によって「一様・多様」の語彙について指導しました。
      • また、数名が持参していた他塾の読解設問を例に、サンドイッチ型(抽象→具体→抽象)の文章において具体例を抽象化する問いの考え方や、以前指導したソシュール言語論と課題文との共通点などについて、解説しました。
     
  • 2017/6/16
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解を続けました。人物の対比的心情変化(鉄則8)を整理するプロセスを進めました。
      • 「懐かしい」という言葉をめぐる解釈を整理する記述設問を扱いました。
        今日のポイントは、「一般化して自問自答する」という方法です。
        「懐かしいと感じたのはなぜか」と問われたとき、すぐに具体的ストーリーにおいて考えるのではなく、まずは一般化する。
        「ふつう、どんなときに懐かしくなるのか?」
        こうした考え方からスタートし、理由を整理する課題を扱いました。
      • また、「客観化・客体化・対象化」といった用語を理解し、答案に活かすプロセスを指導しました。
     
  • 2017/6/9
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • まず、「22の鉄則」のうちのいくつかのまとまりについて説明しました。
        鉄則6,7,8は対比関係、鉄則15,16は同等関係、鉄則19,20は因果関係)
      • 次に「カーネーション」の読解に戻り、人物の対比的心情変化(鉄則8)を整理するための準備をしました。
      • まず、その人物の登場場面と退場場面とで明確に対比されている(しかし気づきにくい)描写(=伏線:隠されたつながり)を探す問いを扱いました。
      • さらに、本文中に明示されていない因果関係を整する問いを解きました。
        これも、「隠されたつながり」の1つであると言えます。
        形式の類似した平易な例文を事前に与え、それをヒントとして
        類推するよう指導しました。
        こうした類推の能力は、学力の本質であるといえます。
      • たとえ最終的に正答に至らずとも、指導された考え方をそのつど生かし、修正のたびにレベルが上っていくような生徒は、「学力」が高いといえます。
     
  • 2017/6/2
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 今日の目標は、鉄則15【「比喩」は〈具体〉である。まず抽象化せよ】および鉄則16【傍線部がパーツに分けられるならパーツごとに言いかえよ】の技術の習熟です。
      • 先週の課題とほぼ同じ技術の活用練習となります。随筆(約1,500字ほど)の短文読解です。
      • 全体に解説指導を行ったあと、個別にアドバイスを与えました。
      • その後、また別の課題を与え、同じ技術の活用練習を行いました。
      • 自分のできた部分・足りない部分がなんなのかを自覚し、次に生かしてほしいと思います。
     
  • 2017/5/26
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の読解を続けました。
      • 今日の目標は、たどる力(因果関係整理力)の向上です。
        特に、鉄則20【最もふさわしい理由をつかむために、
        むすんでたどる】(結合論証)のパターンです。
      • 「なぜですか」という問いに対して最もふさわしい記述答案を作成するための技術(手順)を、新たに作成したプリント教材によって事前に指導しました。
      • その後、その手順のとおりに答案を作成してもらいました。
        採点・個別指導をしたあとで、今回の設問に対する図解プリントを配付し、さらに考えを深められるよう指導しました。
     
  • 2017/5/19
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 「カーネーション」の具体的な読解に入りました。
      • 文中の比喩表現を抽象的な表現に言いかえて説明する記述設問です。
        やや難易度が高いのですが、まずはノーヒントで記述答案を書いてもらいました。
        その結果、ほとんど成果が得られませんでしたので、鉄則5【読解には2つある。1、本文の読解。
        2、設問の読解】、さらに鉄則15比喩は〈具体〉である。まず抽象化せよ】など、必要な技術を確認・指導し、考え方の手順を細かく分けたプリントを用いて、部分的に積み上げる形で整理しました。
      • とにかく肝心なのは、「習った技術を自ら使う」ことです(鉄則1)。これなくして成果は得られません。
     
  • 2017/5/12
    • 使用教材……プリント,教材8(『まゆみのマーチ』(重松清)所収の短編「カーネーション」)
    • 授業内容等
      • 今日から2ヶ月弱、「カーネーション」の読解を続けていきます。
      • 読解問題等では速読ばかりが要求されますが、あえて時間をかけて遅読すること。多読も大事だが精読も大事だということ。
        このあたりが2ヶ月弱の期間の大目的となります。
      • 今日は読む時間を30分与えるとともに、人物整理・場面の流れの整理などに時間を宛てました。
      • 一読した段階では目を留めずに読んでしまうような人物の空間的位置の変動(電車内で立っていたのか座っていたのか、どこからどこへ移動したのか)などについて確認することを通して、具体的イメージを描けるよう指導しました。
     
  • 2017/5/5……祝日
     
  • 2017/4/28
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • 最近のSAPIX6年の模試にも出題されていた内田樹氏の論説文をもとに、対比の観点をシンプルに抽出する練習を行いました。
      • 授業ではいつも「論理的思考力とは整理力・単純化力である」と伝えています。
        複雑に思える文章も、まず勇気を持って単純化することが大切です(削ぎ落としすぎた部分は、単純化したあとで足していくのです)。
      • 今回のポイントは、自他の観点により「相手(先生)に頼っているのか、自分に頼っているのか」という対比に気づけるかどうかでした。
      • また、逆説の(文中での)意味を説明させる問いがあったので、逆説の型を「急がば回れ」などをもとに確認しました。
     
  • 2017/4/21
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • 類似したものごとの相違点」を考えるための課題を引き続き扱いました。
        あらゆる論理的思考において不可欠となる反対語の活用練習です。
      • 今日は特に、「時刻と時間の違い」及び「事件と事故の違い」を短文で説明する課題です。
      • 一般的な観点としては、前者が「点的←→線的」、後者が「故意←→過失」などとなります。
        すぐに正解できた生徒には、さらに別の表現に言いかえる、または別の表現を加えるなどの指示を出しました。
      • 前者において大切なのは、意味を図形に置き換えていく習慣づけです(鉄則10)。
        関連して、教材387番〈点←→線〉によって学習を深めました。
        また、教材391番時間←→空間)についてもあわせて指導しました。
      • 後者についても、教材393番故意←→過失)のページなどによって詳しく指導しました。
     
  • 2017/4/14
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 先週に引き続き、「類似したものごとの相違点」を考える課題を扱いました。
      • ただし今日はそのプリントの課題とは別に、「化学兵器と、(化学兵器ではない)ミサイル」の違いを考えました。
        まさに今、シリアによる化学兵器使用が疑われ、それを非難するアメリカによりミサイル攻撃が行われたばかりです。
        アメリカはミサイル攻撃の正当性を訴え、一方で化学兵器の使用を非難しています。
        そのアメリカの判断の是非を考える前に問うべきは、「ともに兵器であるはずの両者にはどんな違いがあるのか」ということです。
        これを考えることが、今世界で起きていることをつかむ端緒となります。
      • もちろん、目的は、そういった社会情勢の把握というより、言語技術の習得です。
        そこで、化学兵器(及び核兵器
        *)とミサイルの違いについて、ひごろ指導している7つの観点を用いる方法、および因果関係でたどる方法により、相違点(対比の観点)の客観性・独自性を高める練習をしました(*わかりやすくするためにおぎないました)。
      • これは、簡単に言えば「発想法」の訓練です。
     
  • 2017/4/7
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 類似したものごとの相違点」を考えるためのテーマ100セットをリストアップしたプリントを配付しました。
      • 今日は、その中の1つ「安全と安心」について考えました。
        現在東京都で問題になっている築地市場の豊洲移転問題、あるいは福島原発事故問題に関していつもテーマになるのが、この「安全と安心」の概念の違いです。
        そういった背景をざっと解説した上で、安全と安心の違いについて、対比の観点を明確にしてもらいました(教材3を参照することも許可しました)。
      • 反対語(平易な和語から難易度の高い漢語まで)を用いて、総じて予想以上に妥当な整理をできていました。
     
  • 2017/3/24
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 到達度テストを返却し、順位等の状況を伝えました。
      • 到達度テストの読解問題(タイプB)について、詳細に解説・指導しました。
        形式としては、「くらべながら言いかえる」パターンの応用が目的です。「たどる」が加わる点が、やや難しかったかもしれません。
        内容としては、中学入試にも実は出ていることの多い
        ソシュール言語論(言語論的転回)の理解が目的です。
        こちらにも示しているように今回のタイプB問題は正解率が非常に低くなりましたが、個々の選択肢の選択率をみるとさほど理解できていないわけではないようです。
      • その後、タイプA問題を(解いていない人は)解き、解説をしました(解いている人は語彙力問題集を進めました)。
        こちらも、「くらべながら言いかえる」パターンでした。
     
  • 2017/3/17
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 到達度テストを実施しました(タイプA*:25分|タイプB*:35分)。*難易度
        難易度は生徒の学年および到達度に応じて当塾で選定しました。
      • 問題・解答については、3/19をめどにウェブ上にアップします(生徒専用のユーザー名・パスワードが必要)。
      • テスト後は、読解問題についてのみその場で採点し、丁寧に解説指導しました。
     
  • 2017/3/10
    • 使用教材……教材2,教材3
    • 授業内容等
      • たどる力(因果関係整理力)の基本構造について、教材2P.81・88,89などを用いて指導しました。 
        「言いかえる」「くらべる」に比してややつかみづらい技術なので、かなり丁寧に進めました。
        なお、教材2P.88の短文読解は、本文をプリント化し、あえて図をカットした状態で進めました。
      • さらに、反対語スライドを用いて反対語を確認しました。
        特に
        自他の観点で結びつけられる反対語(能動・受動、積極・消極、生産・消費、主観・客観)や、
        「天災・人災」「優越感・劣等感」
        などについて、教材3で練習しました。
     
  • 2017/3/3
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』(1)「人の心などわかるはずがない」を読み、記述設問を解きました。
        文章全体を80字前後で要約する課題です。
      • これまでと同様、「アはAではなくB」の型を用います。
        今回も、「時間の観点」をはじめとして使用頻度の高い観点を意識した答案を作れるかどうかがポイントになりました。
      • こちらに詳しく書いたように、文章の記述を丸写しするような答案ではなく、文章をあえて離れて、文章にない反対語を用いて要約するという手法の重要性を、今日も指導しました。
       
  • 2017/2/24
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材3
    • 授業内容等
      • 引き続き、最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        前回と同様、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」パターンの練習ですが、前回とはまた異なる出題パターンです。
      • 今回は、「五感の比喩」、とくに「触覚の比喩」での対比がメインテーマとなりました。
        責任が重い・軽い、表現が硬い・軟らかい、思いが熱い・冷たい(覚めている)、などといった
        比喩的表現を対比的に用いることによる抽象化を、意識化しました。
      • また、そのつど関連する語彙を指導し(たとえば温故知新など)、語彙力向上を意図した指導を行いました。
     
  • 2017/2/17
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材3,教材4
    • 授業内容等
      • 引き続き、最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        前回と同様、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」パターンの練習ですが、前回とはまた異なる出題パターンです。
      • 今回は、「図形的比喩」での対比をメインテーマにしました。
        「図形的比喩」の重要性については、平成28年度第1回高等学校卒業程度認定試験に引用された福嶋の著書にも書かれています。
        私たちは、
        内外、上下、表裏、前後、……等々の図形的・視覚的比喩表現によって概念を知らず知らずのうちに(無意識に)整理しています。
        これを「意識的に」扱えるようにするのが目的です。
      • 教材3の関連語彙も同時に扱いながら、理解を深める指導を行いました。
      • さらに、教材4 鉄則10の設問も用いて、今日の学習内容(内/自己←→外/他者)をおさらいしました。
       
  • 2017/2/10
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材3
    • 授業内容等
      • 引き続き、最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        前回と同様、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」パターンの練習ですが、前回とは異なる出題パターンになっています。
      • 前回のように選択式ではなく記述式で空欄を埋める問いを中心に進めました(問題集では選択肢がありますが、プリントでは削除しています)。
        たとえば、
        「このカップラーメン、おなかいっぱいにはなったんだけど、おいしいとは思えなかったな」
        「このカップラーメン、(    的 )には満足できたけど、(    的 )には満足できなかったな」と言いかえます。
        このとき、慣れていないと、つい本文中の言葉にとらわれて「おなか・味」や「空腹・味」などと考えてしまいますが、答えは「量・質」です。

        こういう抽象化をズバリ行うためには、反対語の知識と、その活用の積み重ねが必要です。
      • このような問いは、通塾期間に比例して正解率が上がる傾向が顕著です。
        本文に沿いながらも本文を離れるような読解をできるよう、今後の練習を重ねていってほしいと思います。
     
  • 2017/2/3
    • 使用教材……プリント(最新刊の一部),教材9
    • 授業内容等
      • 教材9の冒頭解説を用いて、対比関係2つのポイント(1,バランス・2,観点の統一)を確認・指導しました。
      • 最新刊『「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック』の一部をプリント化したものを扱いました。
        小学1〜3年生向けに作成した本ですが、日本語運用のための
        本質的な技能が体系的に組み立てられた本です。
      • ピックアップして扱ったのは、「対比関係+同等関係(くらべながら言いかえる)」の問いです。読み書きの根幹となる技術です。
      • 意外なところでのミスも散見。
        国語には校種・学年が関係ないということを実感するとともに、
        どんな難解な読み書きも
        基礎技術の応用にすぎないということを理解するための一歩になればと思います。
     
  • 2017/1/27
    • 使用教材……教材7(『こころの処方箋』河合隼雄) ,教材3
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』河合隼雄の39「「昔はよかった」というのは進歩についてゆけぬ人の言葉である」を読みました。
        その主張の中に見出すことのできる
        対比の観点(AではなくB)2つを抽出し、それぞれ50字以内で記述する課題を与えました。
      • 得点によっては修正してもらいそれを再チェックしました。
        ひごろ指導している「7つの観点」を生かせば解けるものが1つ。
        ひごろ指導している反対語を生かせば解けるものが1つ。
        という問いでした。
     
  • 2017/1/20
    • 使用教材……教材3,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • 【鉄則7】対比関係2つのポイント(1 バランス 2 観点の統一)を自覚的に活用するための課題を3つ扱いました。
      • 教材9(P.69)では、「ふくしま式200字メソッド」を用いて短文の欠点を修正しました。テーマは、「日本人と西洋人の違い」です。
      • 教材4(鉄則7)では、同様の型を用いて、記述答案の欠点を修正しました。こちらも、テーマは、「日本人と西洋人の違い」です。
      • 教材3では、反対語の中の「対比の観点」を確認しました。
     
  • 2017/1/13
    • 使用教材……教材2,教材9
    • 授業内容等
      • しばらくの間「読み」メインでやってきましたので、ここで少し「書き」にシフトします。
      • まず、「ふくしま式200字メソッド」基本の型の暗唱に時間をとりました。
      • そのうえで、書き方のポイントを指導しました。
        重要なのは、
        観点の意識です。
        動的な観点にすること、あるいは、ひごろ指導している「7つの観点」を生かすこと。
        これによって、文章の独自性が生まれます。
      • そのうえで、日本人と西洋人の違いを文章化しました。受験生も多いため、受験によく出るテーマを扱いました。
        その後、同等関係・対比関係・因果関係を意識させながら、対比の観点を図表に整理し解説しました。

  • 2016/12/16
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • テストを返却し、順位等の紹介・伝達をしました。
      • 到達度テストの補足的指導を行いました。
      • また、鉄則20【最もふさわしい理由をつかむために「むすんでたどる」】の練習となる課題を行いました。
        因果関係を整理する技術を意識化します。
      • 教材3(語彙力)を用いて、テストに出題した〔独創←→模倣〕、〔共通点←→相違点〕などの意味・用法を確認しました。
      • さらに、冬休み中の学習法や学習内容について、アドバイスしました。
     
  • 2016/12/09
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 12月恒例の到達度テストを実施しました。
      • 試験時間は20分、100点満点です。後日、得点・順位等の一覧をウェブにて公開します(名前等個人情報は非公開)。
      • 反対語や鉄則などの基礎知識と、ここ数回扱ってきた小説読解がテスト内容です。
      • テスト後は、すぐ解答を配付し、どの程度できたかを確認してもらいました。
        それと同時に答案をコピー・返却しました。
        返却された答案が手元にある状態で、その後の解説授業を行いました。
      • 次回(年内最終回)は、冬休み中の学習へのアドバイスを行うと同時に、教材3『語彙力』などを進める予定です(テストのおさらいも含む)。
     
  • 2016/12/02
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「また次の春へ――おまじない」を読み解くための設問を進めました。
      • 独自設問の続きを扱いました。特に、逆説の理由」を問う設問です。
        評論(説明文)でも小説(文学)でも、常識の逆をゆく逆説こそが、主張となります。
        読解問題では通常、この逆説について、「なぜですか」と理由を問うてきます。
      • この解き方・考え方を解説した独自プリントの穴埋めを、行いました。
        穴埋めといっても、内容は選択式ではなく自力で考えますので、苦戦を強いられる場合もあったようです。
      • ひとつのポイントは、「という」=抽象化の文中接続語をいかに活用するかということでした。
        「〜〜〜という(   )」というように空欄が設置されている場合、「〜〜〜」を抽象化した答えが空所に入るわけです。
        そのあたりに比重をおいて指導しました。
     
  • 2016/11/25
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「また次の春へ――おまじない」を読み解くための設問を進めました。
      • 鉄則8【対比的心情変化】をズバリ整理する問いを扱いました。ほぼノーヒントで、100〜200字レベルの記述設問に答えてもらいました。
        ただし、鉄則8のページで「型」を事前に確認し、鉄則のP.49に掲載された心情語一覧なども自由に見てよいという条件です。
        そのうえで20分という十分な時間を与えました。
      • 採点中は、解答例を図式化し穴埋め形式にしたプリントを用いて、自主的に整理してもらいました。
        採点・返却後は、そのプリントを解説する形で説明・指導しました。
      • 大切なのは、まず「A(変化前)」「B(変化後)」の骨組みを整理すること。次に、その変化の理由「C」を整理すること。この手順です。
        自主的な練習素材としては、教材2(問題集2)P.64〜67を役立てるようにしてください。
     
  • 2016/11/18
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「また次の春へ――おまじない」を読み解くための設問を進めました。
      • 小説読解の要である鉄則8【対比的心情変化】を整理するためのヒント(準備)となる設問を解きました。
      • 問いの解説の中で、全25ページの3分の2ほどの文章を私が範読し、随時、言葉の意味や展開の内容を解説しました。残り3分の1は、随時黙読させました。
      • 次回以降、細部および全体の読み取りをより深めていきます。
     
  • 2016/11/11
    • 使用教材……教材8「また次の春へ――おまじない」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収)
    • 授業内容等
      • 短編集『まゆみのマーチ』の最後の1編を、今日からスタートしました(予定4回)。
      • まず、作者の経歴や、あとがきの内容(この本が生まれたいきさつ)などについてガイダンスを行いました。
      • 黙読30分のあと、一部の漢字の読みや言葉の意味の確認をしました。
        また、文章中に描かれている東日本大震災の様子について、イメージがわくよう、具体的に補足解説しました。
      • そして、主人公の年齢・名前などの事実確認の問いを与え、確認・指導しました。
      • 次回から、読みを深める問いを課していきます。
     
  • 2016/11/4
    • 使用教材……プリント,教材3
    • 授業内容等
      • まず、こちらの本の巻末に掲載した重要度の高い反対語について、テスト形式でチェックしました。
      • 次に、その中で特に重要度の高い頻出語について、教材3を用いて解説・指導しました。
        前向き・後ろ向き(ポジティブ・ネガティブ)、つなぐ・切る(デジタル・アナログ)、独創・模倣、絶対・相対、理想・現実(理論・実践)などを、関連語とともに解説しました。
      • さらに、200字ほどの短文の中に隠された対比関係を見つけ出す(鉄則6)練習を行いました。
        ついさきほど扱った反対語を読解に生かせるかどうかを試しました。
     
  • 2016/10/28
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「灯を消すほうがよく見えることがある」を再読し、選択式課題によって復習しました。
      • 選択肢はワナの集合体だということを日々指導しています。
        短い選択肢であっても、まず対比関係の「よりも」などにマークすることで対比の区切り目をはっきりさせ、その前後の反対語を四角で囲み、対比関係を明確に意識化するというプロセスが大切です。
      • その後、さきごろ使用した短文読解プリントの続きを扱いました。
        わずか100字ほどの具体的な文章の中に対比関係を見出し、それを抽象的に整理します。
        反対語を意識して「
        くらべながら言いかえる練習を、今日も重ねました。
     
  • 2016/10/21
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「灯を消すほうがよく見えることがある」を読み、記述課題を解きました。
        全文を
        50字前後で対比的に要約する課題です。
      • 代表的な対比の観点(7つの観点)こちらの本に詳述)および見逃しがちな反対語を事前に指導・確認してから解いてもらいました。
      • 字数をもとにパーツの数(観点の数)を推定し、観点が3つなら3つとも異なる観点になるよう考えながら、文を組み立てます。
        これによって、過不足なく要約できるようになります。
        そのための考え方を、丁寧に練習・指導しました。
     
  • 2016/10/14
    • 使用教材……教材4,プリント
    • 授業内容等
      • まず、9月下旬にも扱った「逆説」の応用として、読解を行いました。
      • 「失敗は成功(のもと)」「負けるが勝ち」などのように、反対語をズバリ結びつけるような表現(AはBである)を整理しました。
        具体的には、『こころの処方箋』(河合隼雄)の文章「道草によってこそ道の味が分かる」を読み、比喩的な「道草」という言葉に頼らずに、筆者の抽象的・逆説的メッセージを端的に(AはBであるの形で)言いかえる課題です。
      • さらに、たどる力(因果関係整理力)のトレーニングを行いました。
        「(ア+イ)→ウ」(むすんでたどる因果関係)のパターンを学ぶための選択問題を解きました。
        そして、三段論法の基本的な例(ソクラテスの例)なども確認しながら、基本パターンの習熟を図りました。
     
  • 2016/10/7
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • 国語技能検定の「例題」や教材4(鉄則)の問題などをアレンジしたプリントを使用した短文読解課題により、読解技術の活用練習をしました。
      • 特に、種々の主張に含まれる、きわめて重要度の高い対比の骨組みである「多様 ←→ 一様」を中心に指導しました。
        教材384番 多様←→一様)を利用し、関連語の知識を多々押さえるとともに、その知識を活用して解く課題を進めました。
      • さらに、詩「私と小鳥とすずと」(金子みすゞ)や、歌「世界に一つだけの花」が内包する対比関係を整理し、それらに共通する「常識的思想」と、それを否定する「逆説的思想」の内容について、指導しました。
        なお、「世界に一つだけの花」を否定する逆説の文章は、最近の早稲田大学入試問題にも出題されています。
     
  • 2016/9/30……予定休講
     
  • 2016/9/23
    • 使用教材……教材3,教材7(こころの処方箋),プリント
    • 授業内容等
      • 前回の「逆説」の応用として、読解を扱いました。
      • まず、鉄則12【世の主張という主張は逆説の構造を持っている】に記された逆説の意味を具体的に確認しました。
        「失敗は成功(のもと)」「負けるが勝ち」などのように、反対語をズバリ結びつけるような表現を整理しました。
      • 次に『こころの処方箋』(河合隼雄)の文章「自立は依存によって裏づけられている」を読み、前回の対比的定義に該当する文を抜き出す課題を与えました。
        そして、この文章が、「負けるが勝ち」などと同様、ズバリ「自立は依存である」と整理できることを、確認しました。
      • さらに『こころの処方箋』の次回の学習範囲を読みましたが具体的課題は次回与えます。
        関連し、教材3を用いて、「真っ直ぐ←→斜め」およびその関連語を指導しました。
        「直」という字には7通りほども読み方があり、いずれもが直線的イメージに関わっていることを確認しました。
     
  • 2016/9/16
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 対比的定義および因果関係の型(アはAではなく、むしろBである。なぜならCだからだ)を用いた短作文を書きました。常識をくつがえす逆説を考えます。
        (常識をくつがえすには、当然ですがまず「常識」から身につけなければなりません。こちらの本などもご活用いただきたいと思います)
      • 「アはAである」の部分を、多くの人がそうだと思っているような常識に近づけること。
        「むしろBである」の部分を、逆説(鉄則12)とすること。→鉄則22 独自性
        「なぜならCだからだ」の部分で説得力を持たせること。→鉄則22 客観性
        こういったポイントをひととおり指導した上で、1名につき3つ前後の短作文を作成しました(ペースは生徒により異なります)。
        その都度個別に指導し、必要に応じ修正を指示しました。
      • 最後に、同席する生徒の短作文を紹介し、解説しました。
     
  • 2016/9/9
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 「ジャンケンとはどういうものか」および「ジャンケンのルールはどうなっているか」などについて文章化しました。
        それぞれ、
        定義(鉄則13)および200字メソッドの一部(アは1なためAだが、イは2なためB)、すなわち形式を学ぶのが目的です。
        内容は平易で汎用性が低くとも、形式は万能であり難易度の高い課題にも即座に応用できます。
      • 特に定義について詳しく指導しました。
        定義は内容により2つのタイプに分けられること、それぞれどういった例があるのか、といったことを事前に示し、その上で「ジャンケンとは」を考えてもらいました。

        また、鉄則9「ひとことで言うと?」を実践することにより解答の妥当性が増すことを指導しました。
     
  • 2016/9/2
    • 使用教材……スライド,プリント,教材3
    • 授業内容等
      • いつも授業冒頭に使用しているパワーポイント・スライド(3つの力に関する基礎知識/22の鉄則)をリニューアルしましたので、まずそれをひととおり確認しました。夏休みの間にだいぶ忘れかけている知識を取り戻す意図もあります。
      • 2字熟語や漢字1字に非・未・不・無・否…といった1字を加え、正しい否定表現にする練習をしました。
        「アはAだが、イはB」という対比関係の黄金パターンを使いこなすためには、A・Bに入る反対語・否定表現の知識が不可欠です。
      • 各自教材3P.61などを用いて、上記で扱ったばかりの内容をおさらいしました。
      • 4月にも扱った課題を、少し方法を変えて指導しました。
        物語文(文学的文章)の読解記述答案を作る際に不可欠となる技術【事実+心情】を身につけるための課題です。
        心情語を語群から選択しながら穴埋めし、50字程度の1文を仕上げ、ノートに書いていきます。
        『本当の語彙力がグングン伸びる本』の内容を利用して作成したプリントです。

  • 2016/7/22
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 夏休み中に読解問題を解く際、自覚的に活用してほしい技術として、鉄則17接続語挿入問題では前後の文の述語をくらべて考えよ】を指導しました。
      • 実際の読解問題を通じて、練習を行いました。
      • また、こちらのビデオでも伝えている「類似したものごとの間の相違点」について扱いました。
        「使用」と「利用」/「ほめる」と「おだてる」/「区別」と「差別」といった語彙について、それぞれの違いを考え1文でまとめます。
        アはAだがイはBの型で書く時、AとBとの対比の観点を統一することに気を配ります。
        その観点は、
        「代表的な7つの観点」(プリント配付済)にそって考えます。
     
  • 2016/7/15
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 授業冒頭、夏休み中の学習方法等についてプリント化したものを、解説・指導しました。
      • 鉄則8対比的心情変化】を学ぶための題材(教材2P.64-66)を用いて、短文読解を行いました。
      • 心情語が選択式のものと、自ら考えなければならないものとを両方扱いました。
        教材4P.49教材2P.18,19、あるいは鉄則10【表現に迷ったら図形的比喩で言いかえよ】の説明などを参考にしていくと、妥当な答案をつくることができます。
      • 次回は、心情変化の理由をじっくり考えます(鉄則19)。
     
  • 2016/7/8
    • 使用教材……プリント,教材4 ,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「絵に描いた餅は餅より高価なことがある」を読み、「対比しがら抽象化する(くらべながら言いかえる)」練習を行いました。
        特に、「細かい発明」←→「理論体をつくること」などといった、対比に見えない箇所を引き出し、それを対比的に整理しました。
        こういった対比に見えない本文の中に隠された反対語を見つけるためには、漢字1字に注目することが必要です。
        先週も指導した
        の意味を活用すると、解釈が早くなります。
      • 具体的には80字の記述読解でした。
        を自ら意識できるかどうかが結果を分けました。
      
  • 2016/7/1
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • まず、先週の続きを進めました。
        鉄則9ひとことでいうと? を口癖にせよ】の練習、および、抜き出し式設問のミスを防ぐ練習としての短文読解です。
      • 今回は、文章中の比喩表現を言いかえる鉄則15抜き出し式設問を解きました。
        「系」の字が持つ意味をもとに「生態系」という言葉を抜き出す考え方なども指導しました。
      • さらに、ミスの多かった6/17の課題をプリント化し、再度解いてもらいました。
        教材2P.108.109に掲載された問いです。
        今回は、以前より成長した答案がほとんどとなりました。
     
  • 2016/6/23
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 鉄則9ひとことでいうと? を口癖にせよ】の練習、および、抜き出し式設問のミスを防ぐ練習として、プリント課題を扱いました。
        教材1P.43に掲載されたひっかかりやすい短文読解、および鉄則9の設問などをプリント化したものです。
      • 大切なのは、文を下からチェックする習慣をつけるということです。
        大切な「ひとこと」は、たいていの場合、1文の最後のほうにあるのです。
      • さらに、「文末のひとこと」を意識するための練習として、教材2P.40,41の問題を扱いました。
        指示語の内容を置き換える問題などにすぐ活用できる技術です。
        学校や他塾のテストの場などで自主的に活用し、技術を自分のものにしてほしいと思います。
     
  • 2016/6/17
    • 使用教材……プリント,教材2
    • 授業内容等
      • 反対語スライドを用いて、重要度の高い反対語の知識を強化しました。
      • 次に、文章読解を1問解きました 。教材2P.108.109に掲載された問です。
        紙メディアに代表される「一方向メディア」と、ネットに代表される「双方向メディア」とを対比した文章ですが、今回の主眼は対比関係というより
        因果関係です。
      • 「ア→だから→イ→だから→ウ」という順で出てくる因果関係の要素について、「ウはなぜか」と問われた時、「アのためイだから」と答えるという、いたってシンプルな問いです。
        ポイントは、「アの
        ためイだから」の「ため」「から」が本文ではどういった言葉になっているかを意識すること。
        そのため、事前に次のことを指導しました。――「ア
        その分だけイ」「アその結果イ」は、「アだからイ」とほぼ同じ働きをする。
      • 文中に出てくる「その分だけ」「その結果」を自らマークし、それを節目として因果関係を整理できるかがポイントでした。
      • まだまだ自覚的に意識して知識技術を生かしながら読むことができていないケースが目立ちました。今後も練習します。
       
  • 2016/6/10
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • まず、5月下旬の接続語テストの結果(順位等)について伝え、ミスの多かった言葉を紹介しました。
      • その中で重要度が高い言葉「つまり」「このように」の働き抽象化<同等関係整理)について、まず確認しました。
        教材2P.9で基礎構造をおさらいしました。
        教材4P.7を用い、抽象化とは抽象する(形を引き出す)と同時に捨象する(形を捨てる)ことである、という点について説明・確認しました。
      • さらに、教材1P.40,41に示された文章を用い(選択肢を排除し)、記述式で短文の要約を行いました。
        この文章は、つまり、どういうことなのか。何を言おうとしているのか。
        読点の箇所にスラッシュを入れて文章をパーツに分けると見えてくる不要な
        具体例をカットすることで、そこに抽象的ワードが浮かび上がります。
        それらをつなげながら要約する技術を指導しました。
     
  • 2016/6/3
    • 使用教材……プリント,教材2,教材9
    • 授業内容等
      • 先週の一文読解では、【○○は、アについてはAだが、イについてはBだ】という型で作られた文において、A・B(述語)よりもア・イ(主題(主語))を先に頭のなかで確定させてしまうことに、ミスの原因がありました。
        通常、多くの場合はア・イをすぐ確定できるのですが、「◯◯は」というような前置き(主題(主語))があるときは、
        まず述語を押さえ、その述語に直結した主語・主題を探さなければなりません。大切なのは、「下から考える」(A・Bから考える)ということです。
        今日は、このことを考えるために必要な、「主題」という考え方を丁寧に指導しました。
      • そもそも主語(主題)・述語の勉強というのは何のためにするのか。
        それは、一文を正確に読む(=骨組みを明確にする=一文を要約する)ことである。
        という目的意識を与えたあと、教材2P.42-43などを用いながら、一文要約の課題を進めました。
     
  • 2016/5/27
    • 使用教材……プリント,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • まず、短文読解テストをプリントで行いました。
        「やや分かりにくい文」を正しく読み取れているかどうかをチェックします。
        あくまでも80字弱の1文ですが、意図的に読まないとミスが生じます。
        重要なのは、まず
        @関係を整理すること(接続語にマークすること)
        A(読点などの位置で)パーツに区切ること
        であるということを確認しました。それらに基づき、型を見出し、文の骨組みを整理するわけです。
        今回は、【○○は、アについてはAだが、イについてはBだ】といった型でした。
        200字メソッド(教材9)にも通ずるため、そちらも活用しました。
      • さらに、前回の続きを扱いました。「腐っても鯛」を抽象化しました。
        具体的な文の中の「腐っ」「ても」「鯛」それぞれの意味に該当する箇所を押さえたあとで言い換えました。
     
  • 2016/5/20
    • 使用教材……プリント,教材2,教材3,教材4
    • 授業内容等
      • まず、接続語テスト※を行いました(※生徒専用ユーザー名・パスワードが必要)。
        教材4『22の鉄則』P.91およびP.95に掲載された文頭接続語・文中(文末)接続語について、その働き(関係整理)の種類を問うテストです。
        番号選択式のため自己採点してもらいました。
        その後、ファイルに貼ってあるこちら(接続語一覧)
        なども参照しつつ、いくつかの接続語の働きを確認しました。
      • その後、具体的比喩表現を抽象化する練習をしました。
        特に、「ことわざ」「イソップ」など、定番の比喩といえるものを題材にしました。
      • 鉄則15【比喩は〈具体〉である。まず抽象化せよ】の技術を学ぶのが目的です。
      • たとえば「花より団子」は対比的・具体的な表現です。これを、対比的・抽象的な表現へと言いかえていくわけです。
        あらゆる読み書きにおいて、この「
        くらべながら言いかえる」というプロセスが不可欠になります。
      • 教材2に掲載された対比的比喩表現(北風と太陽など)の言いかえ問題も、同時に扱いました。
     
  • 2016/5/13
    • 使用教材……プリント,教材3,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • まず、国語読解テストにおけるいくつかの「壁」について話しました。
        文字・単語を読み書きできること。
        1文を読み書きできること。
        2文以上の「関係」を結びつけるための技術(3つの力)を使いこなせること。
        そこにさらに加わるのが「時間配分」であることを、つたえました。
        そして、時間配分の方法を簡単にアドバイスしました。
      • その後、『こころの処方箋』「精神的なものが精神を覆い隠す」を読み直し、前回指導した対比の骨組みを詳しくおさらいしました。
        さらに、その内容を用いながら、文中の具体例連帯責任)を意味付けていく課題を解きました。
      • 途中、教材3を用いて、「理想←→現実」「真←→偽」の意味・用法をあらためて確認・指導しました。
      • そして、筆者の主張(◯◯的なものが◯◯を覆い隠す)を独自に具体化する課題を扱いました。
       
  • 2016/5/6
    • 使用教材……プリント,教材3,教材4,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「精神的なものが精神を覆い隠す」を読み、主張の骨組みとなる対比関係を整理する課題を与えました。
      • 本来は、「精神←→肉体(物質)」≒「無形←→有形」となりますが、
        今回は、「精神的なもの←→精神」という「類似したものごとの対比」になるため、その対比の観点をいかに把握するかがポイントになりました。
        入塾後間もない生徒については、教材4P.41に整理された反対語なども参照しつつ考えるよう伝えました。
        また、必要に応じ教材3で反対語の意味用法を説明しました。
      • 次回は、主張の根拠を整理するとともに、主張(◯◯的なものが◯◯を覆い隠す)を独自に具体化する課題を扱う予定です。
     
  • 2016/4/29……祝日
     
  • 2016/4/22
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • これまで練習してきた技術【事実+心情】を活用し、物語文(文学的文章)の短文読解(記述式)を解きました。
        教材4鉄則19【直前の理由(イ)を常に意識せよ】に掲載された読解問題です。
      • 教材4は中学生用の本なので、ルビを入れ、文字を拡大し、さらにア→イ→ウの図をあらかじめ用意したプリントにして与えました。
      • ただし、まずウォーミングアップとして、前回の授業で扱った問題のうちの1つをもとに、次の構造を確認しました。
          事実 ア 「それまでは〜だったのが、今回は〜」
          心情 イ 「〜だった気持ちが、〜に変わった」
          言動 ウ 「(設問の――部)」
        つまり、
        事実の対比的変化に応じる形で、心情の対比的変化(対比的心情変化)が生じるわけです。
      • 上記のウォーミングアップのあとで、鉄則19の短文読解を行いました。
        「ウはなぜか」と問われたら、「アのためイだから」「アによってイとなったから」こ答える。
        この形式はわかっていても、ミスは生じ得ます。
        たとえば、ア(事実)を具体的なままで書き抜いてしまうようなケースです。まとめるには、
        抽象化力が不可欠です。
        今回は、「断られる(拒否される)←→受け入れられる」といった対比的な言葉が浮かんでくるかどうかがポイントでした。
        そのあたりを途中でヒントとして与えたものの、今度はイの心情語が浮かばないという生徒もいました。
      • さらに練習を続けます。
     
  • 2016/4/15
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 物語文(文学的文章)の読解記述答案を作る際に不可欠となる技術【事実+心情】のみを練習するための課題を扱いました。
        『本当の語彙力がグングン伸びる本』の内容を利用して作成したプリントです。
      • 物語本文のない課題です。すでに書かれた「事実」に対し、想定される「心情語」を考え、それを加えた一文すべてをノートに書きます。
        教材4P.49に書かれた心情語一覧を活用しながら、書いていきます。
      • 「プラスの心情」が想定される場合に、あえて「マイナスの心情」を入れる(妥当な範囲で逆説化する)
        1つの心情語のみでなく、2つの心情語を並列させ、表現を補強する(悔しさとともに諦めも生じた、など)
        ……といった手法を、同時に指導しました。
     
  • 2016/4/8
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 教材1(P.94-95),教材Aなどを利用して作成したプリントを扱いました。
        たどる力(因果関係整理力)基礎固めとしての課題です。
      • 物語文(文学的文章)の読解記述答案を作る際に不可欠となる技術【事実+心情】を練習しました。
        鉄則19【直前の理由(イ)を常に意識せよ】の原則を確認しつつ進めました。
      • 超短文読解においてミスを誘発させ(直前の理由イのない答案を書かせ)、そこで自覚した技術を活用して解く短文読解を連続的に与えました。
        要するに、算数のように解かせたわけです。
        結果として、多くの生徒に一定の向上が見られました。
       
  • 2016/4/1
    • 臨時休講
       
  • 2016/3/25
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • まず、採点済みの「基礎知識テスト」を返却し、ていねいに解説・指導を行いました。
        特に、テスト2ページ目、「3つの力」の基礎構造を確認する内容について、時間をかけました。
        教材4(鉄則)の冒頭P.6〜11の内容P.6-78-910-11)を必要に応じ黙読・音読させ、私が範読し、立ち止まって考えさせ口頭問答を行うなどして、理解を深められるよう指導しました。
      • 繰り返しになりますが、入塾から間もない生徒さんが今回のテストで低得点だったのは、しかたのないことです。
        半年、1年、2年……と通塾を続けるうちに身につけられるよう、努力を重ねてください。
      • 教材2では、P.86-87、90を用いて、因果関係の基礎構造を学習しました。
     
  • 2016/3/18
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • まず、「基礎知識テスト」を行いました。全生徒対象・全生徒同一時間(25分)・全生徒同一問題です。
        答案用紙は回収しました。次週、採点済のものを返却し、解説します。
        解答は配付済ですが、
        3/19土の2コマ目の授業後に、問題とあわせてウェブ上(共通ページ)に公開します(PDF)
        また、
        全体の状況(点数分布や順位など)は、3月下旬のうちに共通ページに公開し、公開した旨を一斉メールにてお伝えします
        それに引き続き、個別ページを作成していきます。
        個別ページは、3月末までに順次アップし、アップした旨を適宜一斉メールにてお伝えします
      • 新規入塾生および下学年の生徒のみなさんには、「歯が立たない」印象があったはずですが、半年、1年、2年……と通塾を続けるうちに、しっかり身についていくはずのものですから、さほど心配する必要はありません。
        ただし、思考技術を磨くための必須知識ですから、できなかった問いについては早めに、自主的な復習・練習を重ねていくほうがよいでしょう。
      • テストのあとは、数回前から使用している基礎プリントの続きを題材に、鉄則13定義にマークし定義を使え】の練習をしました。
        説明的文章の読解に不可欠な、かつ即効性のある技術です。
      • さらに、長文読解における練習として、教材7『こころの処方箋』48羨ましかったら何かやってみる」の本文に書かれたいくつかの定義にマークする作業を行いました。「羨ましいというのは」「羨ましいという感情は」など、少しずつ表現が違っていても、類似した箇所にはマークする必要があります。
        そのうえで、「羨ましく思う」ことを筆者が肯定的にとらえている理由を、定義を組み合わせながら記述する問いを解きました(7月にも扱ったことのある課題です)。
        「定義にマークし、定義を使え」。この「後半」の練習がまだまだ必要だと痛感させられる結果でした。
     
  • 2016/3/11……臨時休講
     
  • 2016/3/4
    • 使用教材……教材3,4
    • 授業内容等
      • まず、反対語スライド及び反対語100問プリントを利用し、反対語の意味など説明・指導しました。
      • また、数回前から使用している基礎プリントの続きを題材に、鉄則13定義にマークし定義を使え】の練習をしました。
        説明的文章の読解に不可欠な、かつ即効性のある技術です。
        今日は、分かったつもりでわかっていないというケースが目立ちましたので、今後も繰り返し練習していきます。
      • 鉄則1にあるように、自ら意識的にこうした「武器」を使うことが大切だという話をしました。
      • 最後に、まもなく5年となる東日本大震災に関する知識を確認しました(必須常識を利用)。
     
  • 2016/2/26
    • 使用教材……教材3,4,9
    • 授業内容等
      • まず、教材4P.114-125を解説しました。読解問題の設問を分類・解説した一覧です(3月のテストに関連内容を出題予定です)。
      • さらに、教材9(200字メソッド)のP.7およびP,88〜89を利用し「アは1なためAだがイは2なためB」の型を用いた文をつくる練習をしました。
        ただし、書くのではなく、口頭で次々と文を言っていきます。
        「書く」ことも大切ですが、口頭で行うことによって短時間に多くの量の練習を行うことができます。
        具体的には、先回と同様、自転車・三輪車の違いを題材にしました。
      • また、数回前から使用している基礎プリントの続きを題材に、「対比しながら抽象化する」練習を行いました。
        特に、「感情←→理性」「主観←→客観」「抽象←→具体」などの意味の関連性を指導しました。
     
  • 2016/2/19
    • 使用教材……プリント,教材3,教材4
    • 授業内容等
      • 先週に引き続き、プリント課題を中心に進めました。
      • 対比的に書かれた3〜5行程度の文章を読み、その中の具体的な内容の共通点を引き出し(抽象化)、反対語を利用しながら整理する練習をしました。
        くらべながら言いかえる。
        対比しながら抽象化する。

        これこそが、当塾で扱っている技術の中核です。
        あらゆる読解や作文の核心となる技術を、短文をもとにトレーニングしました。
      • かつ、読み書きの武器としての生きた語彙知識を増やすために、関連する語彙を教材3を利用して随時確認・指導しました。
        「理性←→感情」「積極←→消極/能動←→受動」「一様←→多様」など、重要度の極めて高い反対語を活用できるように意図して進めました。
     
  • 2016/2/12
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 先週に引き続き、短文の内容を短く言いかえるための練習問題を掲載したプリント課題を進めました。
      • ある問いにおいて「マナー」という答えと「ルール」という答えがどちらも出たことに端を発し、マナーとルールの違いを考える課題を与えました。
        目的は、
        @形式――「アはAだが、イはB」において、AとBの対比の観点を統一する技術を学ぶこと
        A内容――ルールとマナーを具体化し、その相違点を知ること
        です。
      • まずは、@形式 が重要です。その意味では、新規入塾生も含め、おおむね理解が進んだようでした。
     
  • 2016/2/5
    • 使用教材……プリント,教材3,4
    • 授業内容等
      • 今日からスタートの生徒としばらく通っている生徒とが同時に適切な学びを得られるよう留意して授業を行いました。
      • 言葉を意識的に選択して使えるようにする」という、ある種の「大目標」に少しでも近づけるよう、オリジナル課題を扱いました。
        主に『「本当の国語力」が身につく問題集』をもとにしつつも、選択肢を削除するなどして思考の幅が広がるように作りかえたプリント課題です。
      • 今日は主に、鉄則9【「ひとことで言うと?」を口ぐせにせよ】を意識できるようにするための問いを中心に進めました。
        これは、
        抽象化の練習です。要するに何を伝える文なのか? ということを、常に考えます。
      • 対比の型「アはAだが、イはB」がいくつかの設問文中で使われていることを確認しつつ、また、別の例を入れてみるなどして型の働きを確認しました。
      • 鉄則4分かるとは分けることである】の意味を確認するために、教材2P.80の図などを活用して指導しました。
      • ほんの数行の「対比的に言いかえる問題」であっても、その本質には読解技術のすべてとも言えるような構造が隠されています。
        このことを伝えながら進めました。
     
  • 2016/1/29
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 引き続き、「日本的民主主義は創造の芽をつみやすい」を読み解きました。
      • 前回足りなかった内容を扱いました。
        たとえば、
        定義」を四角で囲んだり接続語にマルをつけたりする作業を練習しました。
        と同時に、
        対比項目(対比の観点)を抽出してメモしていく作業についても、あらためてその重要性を指導しました。
      • さらに、日本的民主主義と西洋的民主主義の違いについて述べた解釈文を図解する作業などを行いました。
      • 日本と西洋の違いについて2週に渡って扱いました。
        こうした一般常識(定説)を知ることで初めて、「日本は本当に集団主義なのだろうか? 個人主義の面もあるのではないか?」といった逆説を考える素地ができます。また、逆説的内容を説く説明文に出あったときも、動揺することなく受け止めることができるようになります。
     
  • 2016/1/22
    • 使用教材……プリント,教材7(『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』(河合隼雄)の中の42番「日本的民主主義は創造の芽をつみやすい」を読み、言葉の意味などを確認・指導しました。
        その後、
        200字メソッドを用いて要約する設問を解きました。
        まずア・イ(主題)を定める。次に、A・B(述部)を定める。その後、1・2(述部の理由)を定める。この手順を学習しました。
      • さらに、初見で説明的文章を読むときの方法として対比の観点(対比項目)を抽出しメモする方法をおさらいしました。
        「アは1なためAである。しかし、イは2なためBである」(200字メソッドの型の一部)
        「ア……西洋の民主主義/イ……日本の民主主義」のときの、1,2パーツ、A,Bパーツを考える作業です。
        これらを活用すれば、本文を要約することができます。
      • この文章については、次回、応用課題を1つ解きます。
      • この授業(課題)の目的は、@200字メソッドの技術(論理的に書く技術)を学ぶこと、および A日本・西洋をめぐる定説を、知識として学ぶこと、この2つです。
     
  • 2016/1/15
    • 使用教材……プリント,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • 引き続き200字メソッドを進めました。
        まず、教材9のレベル1(赤いページ)の例文(お手本)を列挙したプリントを用いて、スラッシュ(/)・マル(◯)をつけていく練習をしました。
        スラッシュは、文をパーツに分ける目的。
        マルは、接続語(
        関係を表す言葉)を浮き彫りにする目的。
        文というものは、関係のつなぎ目でパーツに切ることができます。
        これを、まず整った文章(お手本)で行えるようにし、次に乱れた文章(文庫本などの読解素材)で行えるようにすること。
        それが、「読み」の基礎練習になります。と同時に、「書き」の型の習得にもつながります。
      • また、例文中のテーマ「日本人の集団主義←→西洋人の個人主義」について、具体例を挙げながら説明・指導しました。
        来週予定している読解(河合隼雄)のテーマでもあります。
      • その後、教材4鉄則17【接続語挿入問題では前後の文の述語をくらべて考えよ】を扱いました。
        こういう問題は、思いつきで解くとミスしてしまいます。あくまでも論理的に、
        関係性を意識して解くようにする。その方法を指導しました。
     
  • 2016/1/8
    • 使用教材……プリント,教材9
    • 授業内容等
      • これまで読解を中心に進めてきましたので、ここで作文にシフトします。
      • 200字メソッドの型を用いた短作文を扱いました。
        教材9に載っているテーマ(失敗のない1日・失敗のある1日――など)を利用して考えました。
        対比の観点をバラバラにしないこと、因果関係の前後を同じ内容にしないこと、など、ありがちなミスに対し個々にアドバイスしながら進めました。
      • 早く終わった生徒には、具体例を入れるよう指導しました。
      • 書くことと読むことの形式は実は同じだということが分かるよう、今後も型を重視して指導します。
     
  • 2015/12/18
    • 使用教材……プリント
    • 授業内容等
      • 到達度テストを返却し、順位等のデータを伝えました。
      • 到達度テストのうち特に記述式設問の考え方について、あらためて復習・指導しました。
      • 今回のテストも、対比関係整理力こそが最重要の技術でした。
        そして、そのために不可欠なのは、
        反対語(及び否定表現)の知識です。
        そこで、反対語を習得するためのプリントを用いて、知識の定着を図りました。
      • あわせて、「類似した意味をもつ言葉に相違点を見出すこと」を意識して冬休みを過ごすことで語彙力・思考力が高まるという話を、具体例を挙げながら伝えました。
     
  • 2015/12/11……「セッちゃん」読解/到達度テスト実施
     
  • 2015/12/4
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。テスト前の最終授業です。
      • これまで扱ってこなかった問いのいくつかを解きながら、文章全体の骨組みとなる対比関係を再確認しました。
      • 解答を考える際、これまでのノートを見ながら考えてよいことにした結果、一定レベルの答案を書けるケースが多くなりました。よい復習になりました。
      • 次週のテストで力を発揮できるよう、これまでのノートを再度見直してくるよう伝えました。
     
  • 2015/11/27
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • 人物の何気ないセリフに込められた意味を引き出す問いを扱いました。
      • 主にたどる設問(因果関係整理力を試す設問)を解きました。
      • 記述設問の答案について、ミスの傾向は2つありました。
        • 自分で話を作ってしまう(鉄則2で示すような「他者の言葉の再構成」になっていない/本文に根拠がない)。
        • 対比の骨組みを無視して正反対の方向の答えを書いてしまう(このストーリーでは、「非現実→現実」などといった骨組みがあり、これについては前回までに扱っている)。
        こういったミスをしないようにするために、いつも筆者・作者の構築した骨組みを意識することが重要です。
     
  • 2015/11/20
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • いよいよストーリーの最終場面に入りました。
        省略された説明、叙述に隠された重要なテーマを読み取るための設問を、選択式・穴埋め式などでいくつか解きました。
      • 対比関係を直接問われているわけではない設問でも、自覚的・意識的に対比関係整理力(くらべる力) を発揮できるようにする、といった主旨で指導しました。
      • 鉄則6【隠された対比関係を見つけ出せ。それが読解の第一の作業だ】を再認識する授業となりました。
      • 次週から2回は再び記述式に戻ります。
     
  • 2015/11/13
    • 使用教材……教材3,教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • まず、教材3で「時間←→空間」「点←→線」などのページを解説・指導しました。
      • その後、引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
        この小説の読解ではここまで扱ってこなかった選択式設問を作成し、与えました。
        読解テストでは、実は記述式設問以上に点数を落としやすいのが選択式設問です。記述では途中点がありますが、選択ではありません。
      • 鉄則21【選択肢は、まず手で隠せ。選択肢は、ワナの集合体だ】をおさらいしました。
        選択肢に頼らずに答えをまず自力でイメージすることの重要性を伝えました。
      • さらに鉄則16【傍線部がパーツに分けられるなら、パーツごとに言いかえよ】と同様に、選択肢はパーツごとに区切って正否をチェックする必要がある、という基本を確認しました。
      • また、文脈に関係ないのに常識的には正論である「よい子の常識」の選択肢に注意すること、線を引くときはできるだけ短くピンポイントで引くことなど、選択式問題の解法(ニセ選択肢の見分け方)について言及・指導しました。
     
  • 2015/11/06
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • 「嘘がばれたときの加奈子がどうなってしまうのかが怖い」
        「そんなときの加奈子は、なにも見ていない。目はこっちに向いていても、まなざしが来ない。それが怖くてたまらない」
        といった、いじめられている娘を思う親の心情の動機(理由)を考える問いを中心に進めました。
        因果関係整理の技術、「ウはなぜか」→「アのためイだから」という公式を意識して取り組むことが求められました。
     
  • 2015/10/23
    • 使用教材……教材2,教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • 教材2によって「むしろ」という言葉の働きを確認・練習したあと、小説本文中の「目をそらしたかった。自分よりむしろ加奈子のために」という描写を言いかえる設問を解きました。その他、人物の心情の動きを対比的視点で整理する設問を解きました。
      • 記述答案が冗長になり乱れた文になりがちだったため、急きょ、一文を整理して書くための技術を指導しました。
        主語・述語は近づけること。修飾語・被修飾語は近づけること。
        読点は前後の語の関係を切るので、つける・はずすは慎重に行うこと。などです。
     
  • 2015/10/16
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 引き続き「セッちゃん」の読解を進めました。
      • ある描写が読者に対してどのような影響(効果)を与えるかを考える問いや、
        「いじめる」と「嫌う」はどのように違うのかを考える問いなどを中心に扱いました。
      • どんな問いと向き合う場合でも、その前後で、必ず「真似できる技術」を意識化させています。
      • 技術を意識化してこそ、当塾以外の場でそれを活用できます。
        大切なのはこの物語そのものではなく技術であるということを、いつも種々の形で伝えています。
     
  • 2015/10/9
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 前回は主に全体を大きくとらえる設問でしたが、今回は細部を正確に読み解く設問を扱いました。
      • 難易度高めの記述設問1つを、修正を重ねつつ解き進めてもらいました。
        字数にすると100字は必要ですが字数指定はありません。
      • 難易度高めとはいえ、正解は1つに限定され、採点可能です。
        型どおりに考え、部分的に言いかえていけば正解に近づきます。
        逆に、型を使わずに全体をいきなり書こうとすれば、どんなに苦労しても正解にはたどりつきません。
        型の重要性を、今日も伝えました。
     
  • 2015/10/2
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収),プリント
    • 授業内容等
      • 「セッちゃん」の具体的な読解に入りました。
      • 漢字の読みや言葉の意味などは、設問に関係する部分部分で、その都度説明していきます。
      • 今後、当塾で作成した100問ほどの設問から厳選した問いを20〜30ほど与えていくことになりますが、今日はそのうちの10問ほどをプリント化した中の一部の設問を扱いました。
        純粋な記述設問だけでなく、抜き出しや語句挿入、ときには選択式などの形式で進めていきます/文章全体を支える骨組みを問う設問から、細部表現の意味を問うような設問まで、幅広く作成しました)
      • 「ストーリー全体の対比的心情変化を整理せよ」(鉄則8)など、その都度その都度、「3つの力」と「鉄則」に立ち返りながら進めました。
        小説の精読とはどういうことなのか。見えない伏線を、見えるようにしていくことが、そのひとつの答えである。そういうことがわかるよう、授業しました。
     
  • 2015/9/25
    • 使用教材……教材8「セッちゃん」(『まゆみのマーチ』(重松清)所収)
    • 授業内容等
      • 第124回直木賞受賞作『ビタミンF』(重松清)所収の短編「セッちゃん」を、今日から読み始めました。
        震災後に重松清氏自らが選んだ短編を集めた『まゆみのマーチ』にも、「セッちゃん」が掲載されています。授業ではこちらを利用します。
      • 昨年までに既に、『まゆみのマーチ』内の短編2つを授業で指導し終えています(「また次の春へ――おまじない」及び「カーネーション」)。
        当時在籍していなかった生徒さんの場合は、ぜひとも読んでおくようお勧めします。
        なお、こちらに、「カーネーション」指導の際のテストがリンクされていますので、ご活用ください。
      • 今日の授業では、45ページほどの本文を読み通すために1時間近くを確保しました。
        ただし、ただぼんやりと読むのではなく、あくまで「精読」であることを意識して読むよう、事前に伝えました。
        また、与えられた「設問」ではなく自らの頭に浮かんでくる「疑問」を意識化することが本来は大切なのだということも、伝えました。
        次週から、具体的な読解にあたっていきます。
       
  • 2015/9/18
    • 使用教材……教材2
    • 授業内容等
      • 教材2の内容をいくつかピックアップしながら提示し、具体的比喩表現の抽象化の技術を練習しました。
        次週から扱う文学的文章の読解に備えるものです。
      • これまでの復習を含む平易な課題をいくつか扱ったあと、イソップ童話の比喩を抽象化する課題を扱いました。
      • 対比関係を意識しつつ抽象化していくプロセスは、あらゆる読解で必要になるものです。
     
  • 2015/9/11
    • 使用教材……教材1,教材4
    • 授業内容等
      • たどる力(因果関係整理力)の基礎事項を、具体的な短文読解を通しておさらいしました。
      • 教材1の内容を一部ピックアップし、活用しました。
        「ケンカして泣いた」という文章について「なぜ泣いたのか?」と問われた時、「ケンカしたから」と答えてはいけません。
        「ケンカしたことで寂しさがあふれたから」などと、文中に書かれていない心情を推し量って書かなければならないのです。これが文学的文章読解の鉄則です。
      • 鉄則19【直前の理由(イ)を常に意識せよ】によって同様の型を確認し、付随する読解問題を解きました。
        教材1で確認した技術を活用して答えることができるかどうかが、ポイントでした。
     
  • 2015/9/4
    • 使用教材……教材2,教材4,教材9
    • 授業内容等
      • 「3つの力」スライド、反対語スライドを用いて、基礎のおさらいをしました。
      • 同等関係を整理するための「マトリョーシカ方式」を用いて、抽象・具体の関係の基礎をおさらいしました。
        たとえば、「アメリカ・中国・インド> ? >世界の国々」、「焼く・煮る・蒸す・揚げる> ? >調理方法」といった中の「?」を考えることで、意味を広げすぎず狭めること(共通点をとらえること)の意味・価値を学びました。
      • 22の鉄則を暗記するための穴埋めプリントも扱いました。今後も、スライドと合わせて毎回復習し、定着を図ります。
      • 文章の対比関係をセルフチェックするための技術を、短文で学習しました。
        対比の観点の統一、対比のバランス(抽象度・パーツの数)の整理について、おさらいしました。
      • 反対語の練習課題をしました。単なる練習ではなく、文章の骨組みとして抽出されることの多い代表的な反対語をもとに、その類義語・関連語を自ら可能な限り列挙していく課題です。
        鉄則6【隠された対比関係を見つけ出せ。それが読解の第一の作業だ】に沿ったものです。
        たとえば、「多様←→一様」については、「個性←→没個性」「相対←→絶対」「主観←→客観」などといった関連語を挙げていきます。
        これらは、多くの文章の骨組みとして
        隠されている対比の観点です。
     
  • 2015/7/24
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 鉄則18【役立つ接続語は「文頭」よりも「文中」にある】。この技術について、設問を解きながら追究しました。
        夏休み中に、宿題なり夏期講習なりで出くわすであろう読解問題。
        これを、ただ感覚的に解くのではなく、意識的に
        「関係」を整理しながら解くことが重要です。
      • 「が」「のである」「などの・などという・といった」――こういった、見逃しがちな文中・文末接続語を意識することで、不要な箇所をカットし、必要な箇所を残しながら答案を作ることができます。さまざまな場での「読み」の実践を通して、体得していってほしいと思います。
      
  • 2015/7/17
    • 使用教材……プリント,教材2,教材4
    • 授業内容等
      • 鉄則12,20の課題を印刷・配付し、「結合論証(むすんでたどる)」の型を指導しました。
      • ア→イ→ウという一直線の因果関係ではなく、[ア+イ]→ウという結合の因果関係を見抜き、読解の答案に活かす練習です。
      • やや難解にも見える型ですので、平易な内容の文章によって説明・指導しました。一定の理解が得られたものと思いますが、まだまだ練習量が必要です。
      • 多くの結論は複数の理由に支えられているものです。日常的で卑近な例をいくつか挙げました。題材は日常に転がっているということを、わかりやすく話しました。
      • さらに、教材2の課題によって、型の練習を積みました。
     
  • 2015/7/10
    • 使用教材……教材2,9
    • 授業内容等
      • まず、教材9のP.72-73を用いて、因果関係が不適切な文章に因果関係の要素を加えて修正する練習を行いました。
      • 次に、教材2のP.104-106を用いて、段落関係を整理するための段落関係図の読み取り方を具体的に練習しました。
      • いずれも、作文や読解記述に直結する技術ですから、学校や他塾における学習の場で思い出し、積極的に活用してほしいと思います。
     
  • 2015/7/3
    • 使用教材……プリント,教材7
    • 授業内容等
      • まず、到達度テストの得点・順位や平均点等を伝えました。次の目標を見定めるために、数値で到達度を知ることは大切です。
      • 教材7『こころの処方箋』48「羨ましかったら何かやってみる」を読み、そこに書かれたいくつかの定義をもとにして、テーマである「羨ましいという感情」の意味を整理しました。 筆者がなぜ「羨ましいと思うこと」を肯定的に捉えているのか、その理由を記述する問いです。
      • 鉄則13【定義にマークし、定義を使え】を身につける目的で行いましたが、同時に、「プラスの理由はプラス」「因果関係では前後のプラス・マイナスが一致することが多い」という、以前の学習をおさらいする機会にもなりました。
     
  • 2015/6/26
    • 使用教材……プリント,教材2,3
    • 授業内容等
      • 到達度テスト(定期テスト)を解いてもらい、直後に返却・解説をしました。
        すべて選択式のため、採点については各自で行ってもらいましたが、記録・確認のためにテストの紙面を撮影・保存しました。
        正しい採点結果は6/28(日)・6/29(月)ごろ、個別ページにアップします。
        共通ページへの問題・解答・統計データのアップも、同時期に行います。アップ後にご連絡します。
     
  • 2015/6/19
    • 使用教材……教材2,教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 鉄則9ひとことで言うと? を口癖にせよ】を練習しました。鉄則9はこちら(1 2)にも掲載されています。
      • 要約課題で先週扱った文章を題材に、抜き出し式設問を解きました。
        先に扱った文章ですから理解は早かったはずですが、それでも、予想以上に時間がかかっている生徒もいました。
        抜き出し式設問では、答えが直前直後にあるとは限らないことを、まずは知る必要があります。
        また、字数指定があるということは、似た部分がたくさんある中で答えを限定することが求められているということです。
        そういう中で、答えとなる部分をいかにして素早く見つけるのか。
        そのカギが、「ひとことで言うと」という自問である――ということを、具体的な練習を通して学習しました。
      • また、指示語設問「それ」とはなにか、など)でも同様に、まず「最後のひとこと」を決め、下から上へと言葉を積み上げていくという意識が求められます。
        これについて、鉄則9とともに教材2P.40,41を題材にして指導しました。
      • 抜き出し問題の練習としての短文読解も扱いました。
     
  • 2015/6/12
    • 使用教材……教材3,教材9,プリント
    • 授業内容等
      • 教材3を利用し、「一様←→多様」の意味・用法を丁寧に指導しました。
      • 教材9では、P.38「旅と旅行の違い」、およびP.90,91「校庭と体育館の違い」「黒板・ノートの違い」「模造紙・画用紙の違い」などを題材に、「アはAだがイはB」の型を練習しました。
        さらに、
        独自性を発揮するための方法(ものの見方)として、動的観点、時間的観点、空間的観点、目的的観点などを挙げ、具体的に練習しました。
         
  • 2015/6/5
    • 使用教材……教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 学校の教科書の文章を紹介しつつ、その対比構造について伝えました。学校で文章を読むときにも、型を意識する必要があります。
      • 鉄則9の課題文を改変した文章を要約(=抽象化)するプロセスを通して、「アはAだがイはB」の基本パターンを使いこなす練習をしました。
      • AとBの対比関係を整理することが最大の目的です。
        いつも指導している鉄則7【対比関係2つのポイント】鉄則11【述語こそが文の意味を支えている】を意識的に活用できているかどうかなどをチェック・評定しました。
      • そのほかにも、鉄則14【「も」にマークせよ、それが具体例だ】などに関連するポイントを指導しました。
        「〜などという」の前は
        具体例、「あるいは」の前後は具体例、といった言葉の役割への意識を持つことで、抽象化をラクに行えるようになっていきます。
      • わずか10行ほどの短い文章でしたが、学ぶべきことの多い課題となりました。
     
  • 2015/5/29
    • 使用教材……教材7,プリント
    • 授業内容等
      • 前回扱った文章教材7こころの処方箋』内「一番生じやすいのは一八〇度の変化である」)を題材に、200字記述を行いました。
        すでに前回、解答となる文章をプリントで整理しています。
        今日はそのプリントを短時間だけ復習し、あとはそれを見ないで、自ら文章化するよう指示しました。
      • その答案の中でいくつか見られたのは、「というのも」という言葉の使い方のミスでした。
        教材4のP.91や教材2などを用いて、「なぜなら」と類似した用法になることを確認しました。
        また、接続語が文の意味を大きく変えてしまうということを、学校教科書レベルの例を挙げながら説明・指導しました。
      • また、教材Bの一部をコピーして使用するなどして、知識の強化を図りました(和語など)。
     
  • 2015/5/22
    • 使用教材……教材4,教材7,プリント
    • 授業内容等
      • 前回に引き続き「鉄則スライド」を行い、あわせて、それぞれの鉄則の概要を解説しました(今後スライドは随時行いますのでここには明記しません)。
      • 200字メソッドの変形バージョンとして前回学習した常識ではアはAだが、実際にはアはBだというを確認しました。
      • さらに、この型を活用する読解を行いました。
        教材7こころの処方箋』内「一番生じやすいのは一八〇度の変化である」を読み、ある一文の「理由」を問う課題です。
        目標は200字で記述することですが、今日は、型どおりにパーツを埋めていくプリントを用いての学習にとどめました。
        次回、今日の内容を踏まえての200字記述を行います。
      • いつも指導している「対比の観点の統一」について、あるいは、「AだからB」「AのためB」といった因果関係では前後のプラス・マイナスが一致することが多いことなどを指導しました。
     
  • 2015/5/15
    • 使用教材……教材4,教材9
    • 授業内容等
      • 前回に引き続き「鉄則スライド」を行い、あわせて、それぞれの鉄則の概要を解説しました。
        その中で、「アはAだが、イはB」というで書く際に大切なのは述語(AとB)の対比関係を意識することである(→鉄則11「述語」こそが文の意味を支えている)ということを、あらためて伝えました。
      • その上で、教材9P.82を参照しつつ、「常識ではアはAだが、実際にはアは(1なため)Bだ」というを確認しました。
        鉄則12【世の主張という主張は、「逆説」の構造を持っている】との関連も伝えました。
      • 「常識では薬は体に良い。しかし、実際には薬は(副作用もあり)体に悪いこともある」――といった例文を与え視写するよう指示した上で、この型を用いた短作文を自作する課題を与えました。
        みな、おおむね理解できたようでしたが、「内容」のオリジナリティを発揮しようとすればするほど、述語(AとB)の対比関係など「形式」への意識が薄らぎます。
        こうしたミスをとおした学習こそ有益です。
     
  • 2015/5/8
    • 使用教材……教材4,プリント
    • 授業内容等
      • 22の鉄則を覚えるために新たに作成したスライドを用いて、鉄則のおさらいをしました。
      • また、4/3に使用したプリントをおさらいしつつ、その残りの問題を解きました。「隠された対比関係(反対語)を見つけ出す」練習です。
      • さらに、鉄則6および鉄則10の問題を解きながら、同様に「隠された対比関係(反対語)を見つけ出す」練習をしました。あらゆる読み書きに必須となる技術であることを、繰り返し指導しています。
      • 内(面)←→外(面)
        心理的←→物理的
        無形←→有形
        といった反対語を、体系的に(関連付けて)活用できるようになるのが、今日の目的でした。
     
  • 2015/5/1 臨時休講(予定休講)
  • 2015/4/24 臨時休講(返金対象)
  • 2015/4/17
    • 使用教材……教材7(文庫『こころの処方箋』河合隼雄)、 教材4
    • 授業内容等
      • 『こころの処方箋』「灯を消すほうがよく見えることがある」を題材に、くらべる力・言いかえる力を高める課題を扱いました。
        全文(約1,800字)を60字前後に要約する(=
        抽象化する)ことが目標です。ただし、今日はそこまでは進めず、準備段階まで行いました。
      • まず、要約に必要なパーツ(対比の観点)を自力でノートにメモしてもらいました。
        その後、それが既に明示してある選択肢の正誤を判定するプリント課題を解きました。
      • 鉄則6隠された対比関係を見つけ出せ。それが、読解の第一の作業だ】を意識した練習です。今後も続けます。
     
  • 2015/4/10
    • 使用教材……教材3,プリント
    • 授業内容等
      • まず、教材1を利用した反対語テスト60問(難易度別に14,14,16,16問))を行いました。
        次に、教材3を用いて1語1語についての意味や書き方・考え方などを指導しつつ、自己採点してもらいました(正式採点は次週)。
        (答案のコピーを返却する予定でしたが忘れてしまったため次週返却します。ただし、「直し」のために1枚同じものを与えているので、復習にはそちらをお役立てください)
      • 鉄則6隠された対比関係を見つけ出せ。それが、読解の第一の作業だ】の中に、こう書かれています。
        @反対語を覚えること。 A反対語を意識的に使うこと。
        なぜ反対語のテストをするのか、なぜ反対語を覚えるのかについて、その意味・目的を、鉄則6,鉄則4などを用いて趣意説明しました。
     
  • 2015/4/3
    • 使用教材……教材3,4,7,プリント
    • 授業内容等
      • 先週扱ったようなややハイレベルな課題に打ち勝つために不可欠な「対比関係整理の技術」を練習しました。
        短文中の
        反対語・否定表現を引き出す練習です。
        普通←→特別/尊敬←→敬遠/公的←→私的/満足←→不満/質←→量 といった反対語を、短文中に見出し、抽出します。
      • さらに、教材7『こころの処方箋』を用いて、前回の復習を行いました。
        上記の短文練習で学んだ方法と全く同じことを求められているということが分かるよう、指導しました。
      • 教材3では、「質←→量」「公←→私」の意味などを確認しました。
     
  • 2015/3/27
    • 使用教材……教材7(文庫『こころの処方箋』河合隼雄)
    • 授業内容等
      • 新たに文庫本を1冊、配付しました。『こころの処方箋』(河合隼雄)です。
        4ページ読み切り形式で、どちらかと言うと論説文に近いエッセイ集のようなものです。中高大の入試に頻出する1冊です。
      • 今日はこの文庫の[1]「人の心などわかるはずがない」を扱いました。
        「ではなく」を挟んだ前後の対比関係を整理できるかどうかがポイントでした。
      • まず黙読の時間を与え、次に私が範読しながら語彙及び内容的知識を解説しました。
        その上で、「筆者の主張を80字前後でまとめなさい」という要約課題を与えました(制限時間10分)。
        採点中は、配付された解説・解答のプリントを読み、自主的に確認する時間としました。
        その後、一斉指導にて解説をしました。
      • 答案作成に入る前に、「まず型をメモし、その型に入る内容(対比のパーツ)をメモした上で作る」ことについて、プリントで明確に伝えました。
      • 『こころの処方箋』[1]要約解説PDF
     
  • 2015/3/20
    • 使用教材……オリジナルテスト,教材2,3
    • 授業内容等
      • まず、テストの復習を行いました。SAPIX(新小6)の組分テスト(3/8)の文章が、今回のテストと全く同じテーマ(言葉とその意味との関係/言葉が意味を区別するということ)であったため、それを音読して聞かせ、いくつかの設問について口頭問答の形で答えてもらいました。
      • 当塾テストに出てきた「幸福」と「幸運」の相違点について、教材2をもとに確認しました。
      • その後、「異なる」と「違う」の相違点を考える課題を扱いました。
      • 類似したものごとを区別するということは、今回の到達度テストで用いた題材文の内容とも合致します。意図的に言葉を使い分ける態度を身につけるという意味でも、重要な内容です。
     
  • 2015/3/13
    • 使用教材……オリジナルテスト,教材4
    • 授業内容等
      • テストを30分で解いてもらい、その後、解説を行いました。
      • テストの内容に関連し、教材4で補足的解説を行いました。
      • テスト問題および解答については、後日、共通ページTOPにリンクします(3/15の予定)。
      • 個人別のテスト結果および結果分析については、後日、個別ページに記載します(3/15の予定)。
     
  • 2015/3/6
    • 使用教材……教材4,9
    • 授業内容等
      • 教材9では、まず、「乱れた文章の一部を修正する」課題を扱いました。自分の書いた文章を自らチェックし修正できるようにするための練習です。
        P.66-67を用いて、「対比の観点」の乱れを修正する(対比の観点を統一する)練習をしました。
        「好き ←→ 嫌い/得意 ←→ 苦手」が混乱し、「好き←→苦手」「嫌い←→得意」などと組み合わせてしまうケースなどの修正です。
        また、
        「得意」=【上手い+自信あり】 ←→ 「苦手」=【下手+自信なし】という解釈をすると、「得意←→苦手」と「上手い←→下手」も、やはり少し違いがあるよね、ということを説明・指導しました。
      • また、P.44では、「映画館で映画を見る場合と家で(DVDで)映画を見る場合」を対比した文章の結論部分を自ら考える課題を扱いました。これは、たどる力(因果関係整理力)の練習です。
      • さらに、「だからこそ逆に」という接続をすることにより結論を逆説化する方法も伝えました。今後も練習します。
     
  • 2015/2/27
    • 使用教材……教材9
    • 授業内容等
      • 教材9を配付して本の全体像を紹介し、取り組む目的や取り組む際の留意点などについて、ひととおり解説しました。
      • 初歩的な課題をいくつか実際に進めました。
      • 解説編冒頭のP.130-131が重要ですので、その内容を伝えました。ご家庭で取り組む際にも、毎回確認するとよいでしょう。
        「シャーペンは芯が折れやすい」という文の「シャーペンは」は、
        主語ではなく主題であること(主語は「芯が」)。
        アはAである。一方、イはBである」の「アは」は、必ずしも主語である必要はないこと。……などについても、ざっと解説しました。
      • さらに、教材9の内容(のみならずふくしま式問題集の内容の多く)は、価値観を相対的にとらえられるよう工夫されていることについても伝えました。
        たとえば、海とプールを比較して海に価値をおく文章も、プールに価値をおく文章も、両方が載せてあります。これにより、自己の意見を持つとともに他者の意見に耳を傾け、その妥当性を考える習慣を育てることができます。
      • 教材9については、まずは「パート1」のページをご自宅で積極的に進めるよう、指導しました。宿題ではありませんが、自主的な学習があればこそ成果も上がりやすくなります。
     
  • 2015/2/20
    • 使用教材……プリント,教材2
    • 授業内容等
      • 教材1からピックアップした素材を用いて作成した「対比型短作文」のプリント課題を扱いました。
      • アはAだが、イはBである」「アは1という点ではAだが、2という点ではBである」といった型を意識しながら、与えられた「文の前半」に続く後半を自作する課題です。読解問題における記述答案作成にも必須となる技術の、基礎練習です。
      • 見逃し三振と空振り三振を対比した文章では、そもそも「三振」や「見逃し・空振り」を知らないという子が半数にのぼりましたので、説明を加えました。国語力向上に不可欠なのは、体験的知識(または擬似体験的知識)です。この本を積極的に活用し、知識を学んでほしいと思います。
      • さらに、教材2の79,83ページなどを用いて、因果関係の基礎事項を学習しました。
     
  • 2015/2/13
    • 使用教材……教材2,4
    • 授業内容等
      • まず、教材2の14ページを丁寧に扱いました。短文を名詞化していく練習です。文の意味を端的にひとことで抽象化する技術は、読解に不可欠な技術です。
      • 鉄則9【「ひとことで言うと?」を口ぐせにせよ】の解説を用いて目的意識を持った後、具体的な問いに取り組みました。
      • 14ページは穴埋め式なので、これを記述式に変換した形のプリントを与え、全く同じように名詞化できるかどうか試しました。
        結果としては、平均7〜8割程度の正解率となりました。理解不足の部分を確認することができたものと思います。
      • 今後も同様の課題を通して、基礎技術の習得を図ります。
     
  • 2015/2/6
    • 使用教材……プリント,教材2,4
    • 授業内容等
      • 教材2の24〜25ページおよび27ページからピックアップしたプリントで、比喩表現の言いかえトレーニングの課題を進めました。鉄則15と関連します。
      • 「山のような宿題」(具体的比喩表現)を「大量の宿題」(抽象的表現)に言いかえるというのが基本パターンです。
        これを確認したあと、「たんぽぽのじゅうたん」「辛口の意見」、あるいは、「料理の『味』/『味』のある絵」といった比喩を抽象化する課題を、じっくり進めました。
      • 「辛い」などという言葉をいちいち辞書で引くことはありませんが、引いてみると「強い刺激のあるようす」などといった表現が書かれており、なるほどと思うことも多いはずです。既知の言葉を意図的に辞書で引く習慣をつけると、こういった抽象化の力をご自宅で伸ばすこともできます。ぜひ取り組んでください。
       
  • 2015/1/30
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 物語文読解の記述設問を1つ、解きました。入試によく出る、「表現の効果」を問う設問を扱いました。
      • 一見、「3つの力」のどれを使えばよいか迷いますが、表現(――部)が比喩的であることから、言いかえることを意識して解けばよい、と考えます(鉄則15)。
        また、文章の最後の表現について問う設問、しかも設問の最後にくる問いであることから、「文章全体」=「対比的変化」を問うものであると考えます(鉄則8)。

        こうした考え方を指導してから、答案を作成してもらいました。
      • さらに、先週行った入塾審査用の漢字テストを扱いました。自らの学年より下の学年で習う基礎的な漢字でも、単体の漢字ではなく和語・漢語(熟語)などの言葉として文中に出てくると、意外に読み書きできないことがあります。そういった漢字こそ、中学入試ではよく取り上げられます。
       
  • 2015/1/23
    • 使用教材……プリント,教材4
    • 授業内容等
      • 物語文読解の記述設問を2つ、解きました。どちらも「人物の心情(変化)の理由」を問うものです。
      • 次の2つのような技術を活用できるかどうかを試す、実践的授業でした。
        • 「ウはなぜか」と問われたら、「アのためイだから」と答える(鉄則19に関連)。
        • また、AよりもBが好きになった理由、と問われたら、「よりも」の示す対比関係に注目し、AとBを対比しながら理由を説明する。
      • 説明文であれ物語文であれ、つねに「3つの力」と、それに基づく「22の鉄則」を意識し、それらの武器を使いながら読むということを、今後も指導します。
       
    2015/1/16
    • 使用教材……教材4
    • 授業内容等
      • 「22の鉄則」確認プリントを配付し、テストを行いました。この時間の平均点は85点(110点満点)でした。
        むろん、覚えるというのはスタートラインに過ぎません。
        鉄則1【「」を武器にせよ。そして、その武器を自ら取り出して使え。】に明記されているように、意識的に活用してこそ、意味があります。
      • その後、鉄則16 【傍線部がパーツに分けられるなら、パーツごとに言いかえよ。】を扱いました。
        中程度の長さの論説文読解です。選択式ではありますが、やや難易度高めの課題です。
        まず、問われている――部を、直前の「いわば」(接続語)をもとにして言いかえる。
        次に、そこで言いかえた文を正しく言いかえている選択肢を選ぶ。このとき、本文(――部)と選択肢とを、パーツに分けてチェックしていく。
        この思考プロセスを確認・指導しました。
      • さらに、文章の内容に関する知識などを教授しました。通常は高校・大学入試ですが、中学入試にも出る可能性のあるテーマ、「言葉(名前・記号)によってこそ意味が区別・認識される(言葉が意味を分節する)」というソシュール以降の言語学の考え方について、具体例で紹介しました。
         
    2015/1/9
    • 使用教材……教材3,4
    • 授業内容等
      • 「22の鉄則」確認プリントを配付し、視写しました。次回、テストをする予定です。
      • 教材4では、鉄則21選択肢は、まず手で隠せ。選択肢は、ワナの集合体だ。】を扱いました。
        中学入試本番が間近の生徒も多いため、この鉄則を選びました。

        選択式問題の解法について、実際の設問を解くことを通して具体的に指導しました。
      • 教材3では、「原因←→結果」のページを扱いました。「原因」と「理由」の違いなどについても整理しました。