福嶋隆史HP TOP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<隔週1回水曜日発行>━━

         》》》 小学校教育が危ない! 《《《

           No.68  2007/9/5

     著者:福嶋隆史 [ふくしま国語塾 主宰 (元小学校教師)]

      著者HP http://www16.ocn.ne.jp/~wildcard/

       このメルマガは、10月末で発行終了予定です。
     発行終了に関するメッセージは、67号に記載しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  No.68 誰が長縄を回すのか? 〜いただいたメールへの回答(1)〜

======================================================================

 前号でメール(リクエスト)を募集しました。
 今回は、いただいたメールから1つをピックアップし、お答えします。

----------------------------------------------------------------------
◆誰が長縄を回すのか?◆


「新米・初任者教師です。
 先日、体育の授業で、長縄をやりました。
 私が縄の一端を持って回していたのですが、授業後、職員室で、初任研指導
 を受けている先生にこう言われました。
 『子どもに回させなさい。教師が回すと、子どもの自主性を奪います』
 でも、福嶋先生のメルマガで読んだ“自主性信仰”という言葉も心にひっか
 かっていて、どうしたらいいか、ちょっと迷っているんです。
 たかが長縄なのですが……
 どう考えればよいのでしょう?
 子どものためになる方法を選びたい、と思っているのですが…」



 「子どものための最善」を真摯に考えようとする態度、すばらしいですね。

 ただ、まずは、ご自分のことを「新米」なんて書くのはやめましょう。
 謙虚な態度の表明なのでしょうが、いいことではありません。
 教師というものは、子どもからすれば、新米でもベテランでも同じ「教師」
なのですから。

 たとえ教師同士であっても、「新米です」なんて言っていては、そういう気
構えの弱さが、子どもの前でもポロッと出てしまうものです。
 もっと堂々としていたほうがよいのです。

 さて、長縄の件ですが、当然、教師が回すべきです。
 少なくとも、体育の授業では。

 休み時間など、有志で行う長縄遊びでは、子どもが自主的に回せばよいでし
ょう。

 しかし、「授業」には、目的があります。
「子どもたちに、縄を跳ぶ技能を身につけさせる」という最大の目的が。
 この目的は、教師が回さなければ達成されません。

 教師は、縄を回す速さを調節できます。
 縄を回す大きさ(高低、幅)も、調節できます。

 列を作って「8の字跳び」などをやっているとき、跳ぶのが苦手な子の番が
きたら、すかさず、スピードを緩めることができるのです。
 また、得意な子のときには、速く回すこともできます。

 これこそ「個に応じた指導」であり、「子どもの能力に応じた教育」です。
 教育基本法に定められている文言どおりです。

* * * * * * * * * * * * * * * *

 「自主性信仰教師」は、これを子どもにやらせます。
 すると、どうなるのでしょうか。

 必ず、いじめが起こります。

 少なくとも、間違いなく、いじめの芽が生まれます。
 しかも、大量に。摘み取れないほどに。

 跳ぶのが決定的に苦手な子は、クラスに1〜2人、必ず居ます。
(クラス編成というのは、学力や運動能力、性格などすべてが均等になるよう
 慎重に行われていますから、当然そうなるのです)

 決定的に苦手な子を、仮にAさんとしましょう。
 もちろん、子どもたちは、Aさんを最初から はじき出したりはしません。
 しかし本当は、連続で跳ぶ回数のクラス記録を伸ばしたいので、「Aさんが
いなければいいのに」とみんなが思っています。多かれ少なかれ、みんな、思
っています。
 どんなに心やさしい子でも、そう感じています。
 長縄で跳べない子の存在は、他の子にとって、そのくらい重いのです。

 しかし、Aさんは、どうしても縄に引っかかります。
 でも挑戦意欲はあるので、自分から見学を希望したりは、しません。

 そんなAさんの姿に、イライラを抑えられない子が出てきます。
 でも、授業中ですから、さすがにその場で、「おまえ、やめちまえ、外に出
てろ」なんて言えません。
 そこで、またイライラが増します。
 その子は、そのイライラを、「いじめ」という悪質な行為によって解消しよ
うと考えるのです。

 もともとは、「長縄記録を伸ばしたい」という純粋な動機だったはずなの
に、いつのまにか、「Aをいじめてイライラを解消したい」という動機に入れ
変わってしまったわけです。

* * * * * * * * * * * * * * * *

 教師が回していれば、どうだったでしょう。

 教師が回していれば、Aさんは、10回に2〜3回は跳べたでしょう。
 そのときこそ、クラスが生まれ変わるチャンスなのです。

 その場で、教師はすかさず言います。
「おおお、すばらしい! Aさん、跳べたじゃないか! 拍手!!」

 ほとんどの子は、根はやさしいですから、ここで素直に拍手をします。
 Aさんが跳べた。Aさんが喜んでいる。先生が喜んでいる。クラス全体が喜
んでいる。――この「空気」が、「いじめっ子」の魂をも、浄化してしまいま
す。

 いじめっ子は、「何言ってんだよ、先生が大きくゆっくり回したんだから、
跳べて当たり前じゃねえか。ばかばかしい」と思っているかもしれません。
 しかし、この「空気」の圧倒的な力には、かなわないのです。

* * * * * * * * * * * * * * * *

 学校における人権教育は、「空気」で行うのです。
 それは言い換えれば、「集団の教育力」です。

 集団の力は、巨大です。多勢に無勢。

 それを悪質な方向に持っていけば、「いじめ」になります。
 しかし、よい方向に持っていけば、これほど効果的な力はありません。

 教師がどんなにがんばって「Aさんをいじめるのをやめなさい」「Aさんだ
ってがんばって跳ぼうとしてるんだから」などと言ったって、無駄です。
 それは、所詮1人の力に過ぎません。

 そんなことを言っていないで、黙って教師が縄を回せばよいのです。
 そうすれば、いつのまにか、クラス全員が教師の味方になります。
 いじめっ子の心に巣食った悪を、追い払うことができるのです。

----------------------------------------------------------------------