福嶋隆史HP TOP

小学校教育が危ない! 全ログ一覧


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<隔週1回水曜日発行>━━

         》》》 小学校教育が危ない! 《《《

     No.63  2007/6/20  著者:福嶋隆史

      著者HP http://www16.ocn.ne.jp/~wildcard/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       No.63 ちゃんとノートに書かせているのか?

======================================================================
目次
◆はじめに……プリント(ワークシート)が、書くという日常作業を減らす!
【1】……算数 「かけ算の筆算」の授業
【2】……国語 説明文の授業
【3】……連絡帳も大事な勉強
◆おわりに……ノートの価値を見直そう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆はじめに……プリント(ワークシート)が、書くという日常作業を減らす!

 ノートに書かせない教師が多い。
 彼らは、プリントやカード(画用紙)に書かせる。

 確かに、プリントやカードにすれば、早い。
 いわゆる「ワークシート」にして、必要なことを予め全部印刷しておく。
 子どもは、必要最低限のことを書き込めば済む。
 時間が短縮できる。
 限られた授業時間内に、決められたカリキュラムをこなしていくには、ある
程度、仕方のないことだ。

 しかし、安易に「ワークシート化」する教師が多すぎるのではないか?

 子どもたちの書く力が低下している一因が、実は、ここにある。
 ノートを開かせず、プリントを配ってちょこっと書かせるだけのやり方。
 これによって、「鉛筆を持って書く」という作業そのものが日常的に減って
いるのである。

----------------------------------------------------------------------
【1】……算数 「かけ算の筆算」の授業

 教科書には、書き込むスペースが無い(例題等を除く)。
 だから、たとえば筆算の練習問題が8問あれば、どれもノートに書く必要が
出てくる。

 249×36 の問題ならば、

 249
× 36
 ̄ ̄ ̄ ̄

 このように問題をノートに写し、定規で線を引き、それから問題を解く。
 これを、8問分全部書くことになる。
 かなりの作業である。
 そして、頭を使う。

「筆算と筆算の間(例:1問目と2問目の間の上下左右の隙間)をどのくらい
 空ければ、見やすくなるか?」
「次のページに移るべきか? この下にもう1問書けるか?」
「文字は、どのくらいの大きさで書けばいいか?」
「位取りを間違えて写したとき、消すのが早いか、バツをつけて別途書き直す
 のが早いか?」

……などなど、小さなことだが、大事な思考が働く。

 ところが、問題解決型の算数授業を推進する教師は、このような問題の多く
を、プリント化する。
 たしかに扱う問題量が少しは増えるから、一見、子どもに力をつけやすいよ
うにも思える。

 しかし、「問題を写す」という、単純だが重要な「書く作業」を日常的にさ
せていないと、先述のような「基礎的な作業思考力」は養われない。
 これは、全科目にも通じる重要な作業能力なのである。

 一見無駄と思える「ノート作業」を粘り強く何度もやらせることが大事だ。
 そうやって、「ノート感覚」を養うのだ。

 私は、教科書の計算問題はすべてノートに書かせる。
 プリントで代用したりしない。

 授業中に、それくらいの時間は十分とれる。
 (それくらいの時間がとれないのは、教師の説明が長いとか、「公式を自力
で発見せよ」式の思考時間ばかりを与えているとか、ほかに理由があるのだ)

 ただし、計算ドリルの類では、あらかじめプリント(印刷)された筆算に書
き込んでいく作業があってよい。ドリルは、練習量をこなすためのものであ
るから。

 しかしあくまでも、中心は教科書。
 そして、ノートなのだ。

----------------------------------------------------------------------
【2】……国語 説明文の授業

 私は、まず、ノートに日付を書かせる。
「国語ですから、縦書き・漢数字で書くんですよ」
「六月二○日」または「六月二十日」
 そして、題名を書かせる。
「ありの行列」
 さらに、今日の課題を書かせる。
「ウィルソンの観察と研究」

 これらはすべて、私が板書しながら、子どもに写させる。
 行の位置や、行間も、子どもがそっくりそのまま写せるように、明確に板書
する。

 それでも、行を変えずに書く子がいたりする。
 つまり、「六月二十日ありの行列ウィルソンの…」と、一行に続けて書いて
しまう。
 その子には、まだ「ノート感覚」が養われていないのだ。
 このように、かなり苦労する子も結構いる。
 たったこれだけの作業でも、子どもの間に、相当な時間差ができる。
 ある子は数十秒で終わる。ある子は、まだノートすら開いていない。

 だから確かに、遅い子を待っていると、早い子がすぐ退屈してしまう。

 しかし、だからといって、これもプリント化してしまってよいのか?

 プリントならば、日付も、題名も、課題も、全部印刷しておける。
 子どもは、配られたら名前を書くだけでいい。
 確かに、早い。

 だが、これでは、子どもに「書く作業」が生まれない。

 研究授業だとか、学期末が近いとか、カリキュラム上かなり遅れていると
か、時間を優先すべき理由があるならば別だが、そうでもない限り、粘り強く
子どもに書かせるべきではないか。

* * * * * * * * * * * * * *

 ついでに書けば、「使ったプリントをノートに貼り付けさせておく」という
やり方は、たいてい徹底されないで終わる。1割の子は、プリントを「ぐ
ちゃ」っと机に押し込む。決して、ノートに貼ったりしない。
 勉強の記録が残らないわけである。(もちろん、ちゃんと貼ったかどうか全
員分のノートをチェックするなら別だが、毎回そこまでやれないだろう)

 ノートならば、このようなことは起こらない。

 さらに書けば、社会科見学の際などにカードを配布し、「気づいたことをメ
モしなさい」と指示するやり方……これも一般的だ。
 しかし、これも本来はノートがよい。
 学年の方針で仕方なくカードにしたことも多かったが、何回かはノートを持
たせることができた。
 カードは風で飛ぶし、ボード(首から提げる筆記台)からすぐ外れるし、不
便だ。
 それに、書ける量が限られている。子どもによっては、「先生、書く場所な
くなっちゃった」と、新しいカードをもらいにくる。
 ノートならば、いくらでも書ける。書きたいだけ書ける。
 大事な配慮である。

----------------------------------------------------------------------
【3】……連絡帳も大事な勉強

 連絡帳も、ノートの一種である。
 教師は、毎日必ず書かせるはずだ。
 明日の時間割、明日の持ち物、明日までの宿題、その他の予定など。

 連絡帳を書くという作業も、大事な「国語」の勉強である。
 特に、1〜3年生くらいまでは。
 連絡帳の書き方は、ちゃんと国語の授業を使って指導すべきだ。
 私はそうしていた。

 授業で扱う以上、ちゃんと評価・評定もした。
「連絡帳に日付を書けた子は、見せに来なさい」

 日付だけでも、書き方はバラバラ。驚くばかりの個性?である。
 小さな字、雑な字、読めない字、改行せず前日のメモの下に書く、などは、
すべて却下。
「残念。書き直し」

 こうやって、時間割、持ち物など、すべての項目をチェックする。
 全員分チェックするけれども、所要時間はせいぜい10分だ。

 すばらしい連絡帳には、ハンコを押してあげる。
 ハンコも3段階。
「がんばったね」→「おみごと」→「パーフェクト」
 そして、そのさらに上の子には、「スター」のハンコ。

 子どもたちは、スターを目指して、黙々と連絡帳を書き、見せにくる。
 みるみるうちに、子どもたちの連絡帳はキレイになる。
 当然ながら、忘れ物も減る。

 もちろん、毎回これをせよとは言わないし、私も2週間に一度くらいしか、
しなかった。
 だが、するとしないとでは、大違いである。

 このように、連絡帳ひとつとってみても、「書かせる」ことを教師が大事に
捉えているかどうかが、一目瞭然になるわけである。

----------------------------------------------------------------------
◆おわりに……ノートの価値を見直そう

 あと1ヶ月もすれば、夏休み。
 教師は、この4,5,6,7月を通して、子どもたちに、どれほど「書かせ
た」のであろうか。

 年度当初にわざわざ買わせたノートに、実はまだ1〜2ページしか書かせて
いない、という科目があるのではないか?

 保護者の方は、子どものノートを点検してみていただきたい。
 教師は、反省していただきたい。

 ノートの価値を見直し、たくさん書かせることが、大切だ。
 このような日常的な作業の繰り返しで、子どもたちは「書くことへの抵抗
感」を、なくしていくのである。

----------------------------------------------------------------------