HPトップ はこちらです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<隔週1回水曜日発行>━━

         》》》 小学校教育が危ない! 《《《

      No.60  2007/5/9  著者:福嶋隆史

      著者HP http://www16.ocn.ne.jp/~wildcard/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
●    こちら↓で、ぜひ福嶋のメルマガを紹介してください!    ●
      http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       No.60 「教師の品格」をチェックする!

           〜厳選10項目〜 (その1)

======================================================================
【 目 次 】
◆本文
【1】どんな“悪ガキ”でも、人間として認めることができる。
【2】「教師は集団の統率者である」という意識を、常に持ち続けられる。
【3】常に、端正な服装でいられる。
【4】1日に最低1時間は、分刻み・秒刻みで計画した【本気の授業】をする
【5】世の中の動きに敏感であり、たくさんの本を読んでいる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本文

 教師の品格とは、なんだろうか。
 私は、10項目を挙げるにあたり、まず、50項目近くの候補を立てた。
 その中でも「これだけは」と絞り込んだ10項目を、これからご紹介する。
 (今回は、1〜5のみ)

----------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■教師の品格 厳選 その1■

  どんな“悪ガキ”でも、人間として認めることができる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 小学校の1学級には、平均30人もの子どもがいる。

 可愛い「子ども」が30人もいる!……というのは、教師にあこがれる若者
の夢の中のイメージに過ぎない。
 考えてみていただきたい。
 ひとくくりに「子ども」といっても、現実には、1人1人が個性に満ちた
「人間」なのだ。
 街を歩いている大人を30人ランダムに集めた状態と、何ら変わりない。
 そこに、とんでもない“悪ガキ”がいたとしても、何ら不思議はない。

 ともすれば、担任教師は、そういう子を、まるで人間としての存在価値が薄
いかのように不当に扱ってしまうことがある。たとえ具体的行為に現れなくて
も、内心、その子を“憎む”一歩手前まで来ている教師も、居るだろう。

 しかし、である。
 ほとほと手を焼く“悪ガキ”であっても、やはり「人間」なのである。
 何を当然のことを……と思われるかもしれないが、多くの教師はこの言葉を
聞いて、ハッとするだろう。どんな教師でも、「このヤロウ……」と感じた子
がいるはずなのだ。私とて、同じだ。

 だが、子どもに罪はない。
 子どもは、遺伝と環境によって、そのように育ってしまったのである。
 そういう子を、同時代を生きる1人の「人間」として寛い心で受け入れるこ
とこそ、教師の最低限の「品格」である。

 その品格を保つためには、こう考えるといい。
「もし自分が、この子の親だったら……」
 こう考えれば、人間の根底に眠っていた愛情が、湧いてくるだろう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■教師の品格 厳選 その2■

 「教師は集団の統率者である」という意識を、常に持ち続けられる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 教師は、子どもの友だちではない。
 教師は、子どもの親(保護者)でもない。
 教師は、あくまでも、子ども集団の統率者(リーダー)である。

 この意識を常に持ち続けている教師のクラスは、決して崩壊しない。

 統率者としての意識が薄い教師のクラスは、一見、教師と子どもとが和気
藹々としていて、あたたかい雰囲気を感じる。しかしその裏では、一部の“ガ
キ大将”がクラスを事実上牛耳っており、いじめの芽があちこちに顔を出して
いる。

 「教師は統率者だ」と主張すると、あるところからは、「“指示待ち人間”
が作られてしまい、“子どもの自主性”が損なわれるからそういう考えは捨て
ろ。教師はあくまでも支援者だ!」などという声が聞えてくる。

 しかし、これは逆である。
 教師が統率するからこそ、“子どもの自主性”が育つのだ。

 統率者たる教師がいるクラスでは、子ども同士の関係が安定している。
 そういう教師の授業は知的に興奮できるから、毎日が楽しい。
 悪質ないじめも生まれない。
 もし、いじめの芽が出ても、教師が即座に摘み取ってくれる。
 子どもたちは、安心して、日々を楽しむことができる。

 私のクラスが、そうだった。
 私のクラスの子たちは、活発で、元気で、明るい子どもに成長した。
 ちょっと“ネクラ”だった子にも、明るい笑顔が毎日見られるようになっ
た。
 討論をすれば、“ネクラ”だと思われていた子が、ノートを片手に自論を展
開し、周囲から拍手を受けた。

 「子どもの自主性」は、「統率者」たる品格を持った教師のクラスにこそ、
生まれるのである。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■教師の品格 厳選 その3■

 常に、端正な服装でいられる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 いつも、チョークの粉で汚れたジャージを着て授業をしている教師。
 夏場、まるでアンダーシャツのような白い無地の「よれよれシャツ」を着て
校内をうろついている教師。
 保護者会、懇談会、宿泊体験学習説明会、PTA総会……そういう場に、
ジャージ、トレーナー、Tシャツなどで出席する教師。

 こういう教師は、親(保護者)たちにも見下されるが、何よりも、子どもた
ちに馬鹿にされる。
 高学年の女子などは、もう、その服装だけですべてを判断するだろう。
 いや、低・中学年の子たちだって、「なんかカッコ悪い」と感じるはず。

 私は、体育の授業以外では、基本的にすべて、冬場はスーツ、夏場はYシャ
ツを着ていた。
 まあ、畑作業だとか、理科で植物を観察する授業だとかの場合は、もちろん
別だが。

 いつもTシャツの教師は、授業参観のときだけスーツを着込むから、「先
生、今日はなんだか、カッコつけてるね」などと子どもたちに言われてしまう
のだが、私にはそういう経験がほとんどない。
 授業参観でも、研究授業でも、いつもと同じ服装だから。

 私は、管理職ともよくケンカ?したが、服装についてだけは、どの学校の管
理職にも認めてもらえていた。「教師は、そういう服装でいるべきだ。えらい
ね」と。

 服装は、人間性を映し出す鏡である。
 たかが服装、されど服装。 
 品格ある教師は、いつもカッコいいのである。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■教師の品格 厳選 その4■

 1日に最低1時間は、分刻み・秒刻みで計画した【本気の授業】をする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 小学校教師は、大変だ。
 担任としてクラスで行う授業は、すべてが「新しい授業」になる。

 中学校なら、教科担任制だから、1組で行った授業と同じ内容を、2組でも
できるし、3組でもできる。そのように「使い回せる」分、授業準備の負担が
減り、ラクである。(もちろん、中学には「部活指導」「生徒指導」「進路指
導」等々があり、別の負担が大きいわけだが、それはそれとして)

 それにくらべて、小学校教師は、毎日毎日5〜6時間分の「新しい授業」を
用意しなければならない。
 これは、大きな負担である。ただでさえ事務的な仕事で残業だらけなのに、
5〜6時間分の授業準備を毎回カンペキにやるのは、到底無理である。

 しかし、教師の本業はあくまでも「授業」。
 せめて1日に1回は、「命がけ」とも言えるような真剣な授業をやるべきな
のである。
 私は、いつもそれを心がけていた。
 翌日の1回の授業のために、前日、夜中の3時までかけて分刻み・秒刻みで
授業計画を立てていたことも、ザラだった。(別に、参観授業でも研究授業で
もない、普通の授業で、である)

 周到に準備した授業を行う前は、緊張する。手が汗ばむ。毎日慣れ親しんだ
子どもたちの顔が、別のクラスの子の顔のように見える。
 うまくいくだろうか。子どもたちは、どう反応するだろうか。ドキドキす
る。
 たいていは、予想通りには進まない。それが授業だ。

 しかし、うまくいくときもある。そういうときは、大きな達成感がある。教
師としての醍醐味は、ここにある。
 もしうまくいかなくても、子どもたちには、教師の真剣さがナマで伝わる。
子どもたちは、その真剣さを、ちゃんと受け止めてくれる。結果的に「よくわ
からない」授業になったとしても、子どもたちは、ほとんど不満を抱かない。
逆に、「こうすればよかったんじゃない?」なんて提案してくる子もいるくら
いだ。真剣さが伝染したのだ。

 真剣さの足りない授業もまた、子どもたちに伝わる。教師の真剣さが感じら
れない「よくわからない」授業には、子どもたちは反感を抱く。ただし、多少
手を抜いた授業があっても、1日1回真剣に授業することを続けていれば、そ
れらの反感は帳消しとなる。

 1日1回【本気の授業】をできる教師は、品格ある教師である。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■教師の品格 厳選 その5■

 世の中の動きに敏感であり、たくさんの本を読んでいる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 たくさんの本を読む教師は、それだけで品格ある教師だと言える。
 教育関連の本はもちろんだが、あまり関係のない分野の本にも目を通してい
る教師は、子どもに対しても含蓄のある指導ができるようになる。

 小学校教育は、いわば「全人教育」だ。
 全人、なんて、ちょっとおこがましい表現だが、ある程度事実である。
 人間を育てる人間は、世の中のあらゆる動きにアンテナを張っている必要が
ある。

 本を読む時間がなかなか取れないにしても、テレビやインターネットで、
ニュースの概要を知ることくらいは、できる。
 でも、それすらもしていない教師が意外と多い。

 その結果、教師として当然知っているべき、教育関連の法律の改正に関する
情報などにも、現場教師は非常に疎くなっている。

 児童虐待に関する通告義務が規定されたときも、知らない教師が多かった。
 いや、それどころか……学習指導要領の改定すら知らない教師がいた。
 学習指導要領は平成15年に一部改定されたが、どこがどう改定されたのか
について、ほとんど知らない教師がいた。私が、校内の研究会や評価委員会な
どで文部科学省HPを印刷した資料を配布すると、「すごいねえ、よく勉強し
てるね。これ、初めて見たわ」なんて言われたこともあった。
 逆でしょ……あなたが、不勉強なんでしょ……と思った。

 まあ、政治・経済のニュースを隅々まで追え、とは言わないが、教育関連情
報くらいは、常にチェックするのが教師の当然の態度なのではないだろうか。

----------------------------------------------------------------------

■■■お薦め本、お薦めDVD特集(By福嶋)━━━《 》は福嶋コメント■■■


●━━━<福嶋が書いた本です!>(共著)━━━━━━━━━━━━━━●

◆ミニ討論・必ず盛り上がるネタ事典《全204ページのうち 42ページを執筆》
http://tinyurl.com/2uqeee

◆学校の先生がそっと教える 子どもがじっと耳を傾ける魔法のおはなし
http://tinyurl.com/2jzps8

◆学校の先生がそっと教える 子どもが思わず聞き入る魔法のおはなし
http://tinyurl.com/36bl9z

●━━<福嶋の本棚から“超おすすめ”をご紹介!>━━━━━━━━━━●

◆「いじめ」は必ず解決できる  現場で闘う教師たちの実践(向山洋一編)
http://tinyurl.com/356bgr

◆見て学ぶイラスト版 教師の仕事 365日の法則《すべての若手教師に!》
http://tinyurl.com/2rdodl

◆高機能自閉症・アスペルガー症候群入門 正しい理解と対応のために
http://tinyurl.com/2wnqmr

◆親と先生のための 子どもをめぐるトラブルと法律Q&A
http://tinyurl.com/2wggw2

◆人を動かす 新装版(D・カーネギー)《人間関係が劇的に変わる!》
http://tinyurl.com/2p8kdx

◆道は開ける 新装版(D・カーネギー)《人生が動き出す!》
http://tinyurl.com/2kd4zb

◆中谷彰宏 名言集――中谷彰宏の元気の出る言葉《気楽に読める自己啓発!》
http://tinyurl.com/34a5kq

◆[DVD]NHKスペシャル 気候大異変《子どもが食い入るように見ます!》
http://tinyurl.com/3xt3fz

◆[DVD]夜景 Relaxes Wonderful Night View《疲れた1日を癒します》
http://tinyurl.com/352n4v


●━━<日能研の授業で使われるテキスト*に頻出! >━━━━━━━━━●
                         *小学5、6年:国語

◆ふしぎなことば ことばのふしぎ(池上嘉彦)《平易な言葉でも奥が深い!》
http://tinyurl.com/2u9zpg

◆思考の整理学(外山滋比古)《外山氏の本はすべてお薦め!》
http://tinyurl.com/3anngp

◆日本語 表と裏(森本哲郎)
http://tinyurl.com/3yeb8v

◆こころの処方箋(河合隼雄)《文庫。4ページ読みきりの短編構成!》
http://tinyurl.com/2umby2

--- --- <その他のおすすめ>--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

◆[CD-ROM] □いアタマを○くする。 Jr. スペシャルパック(日能研)
http://tinyurl.com/2r88sr

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 注
1)このメルマガの文章の著作権は、すべて福嶋に所属します。著作権法に定
  める範囲を超えての無断引用・印刷配布・転載・転送等、一切お断りいた
  します。引用等をご希望の方は、必ず事前にご連絡下さい。
2)このメルマガは「等幅フォント」でご覧下さい。
  詳しくは、まぐまぐの読者ヘルプ http://help.mag2.com/115.html
  に載っています。また、1行70文字で設定しています。アウトルック6
  では、「ツール→オプション→送信→テキストの設定」で設定できます。
3)個人名・学校名等の個人情報はもちろん出しません。また、著作権にも十
  分配慮しております。
4)お知り合いの方に、メルマガやHPのアドレスを広めてくださるのは、大
  歓迎です。HPは、リンクフリーです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━