福嶋隆史HP TOP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         》》》 小学校教育が危ない! 《《《

     No.45  2007/1/31  著者:福嶋隆史


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       No.45 子どもの健康を守れない教師たち

  〜 その2:過剰な節電をやめよ!/教室環境にも法的基準がある 〜

======================================================================
【 目 次 】
(1)過剰な節電をやめよ!
(2)驚くなかれ!「教室環境」には、これだけ細かな法的数値基準がある!
----------------------------------------------------------------------
◆はじめに(お知らせ)

 このメルマガは、これまで週1回水曜日発行でした。
 今後は、週2回、水曜と土曜に発行します。
 ただし、1回の文章量は半分以下に減らします。

 読みやすくなる【危ない!】を、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 ところで、新メルマガ【ふくしま先生の 子育て教育 何でもQ-A】には、
もうご登録いただけましたか?
 【危ない!】の読者の方々には、現役教師の皆さんも多いようですが、新メ
ルマガでは、先生方に役立つ「読んだその日からすぐに使える教育技術」もた
くさん書いていく予定です。ぜひ、ご登録ください。

 http://www.mag2.com/m/0000222792.html

 お待ちしております。m(__)m
----------------------------------------------------------------------
以下本文

(1)過剰な節電をやめよ!

 隣の教室の前を通りかかったとき、明かりが消えていることに気づいた。
(あれ? このクラス、今は算数のはずだけど……)

 そう思ってよく見ると、子どもたちは普通に授業に参加している。
 教師も、授業をしている。
 しかし、教室の照明は、すべて消えている。すべて。

 窓側はまだしも、廊下側の子どもたちはかなり暗い中でノートに向かってい
る。
 なぜ明かりを落としているんだろう?

 職員室に戻った放課後、隣のクラスの先生に質問してみた。
「あの……さっき算数の時間、どうして電気つけてなかったんですか」

 すると、当然のように次の答えが返ってきた。
「節電だよ、節電」
 その先生は、かなりのベテラン教師。
 節電・節水などに気を使う年代の先生、と言ってもいいかもしれない。

 もちろん、節電や節水はすばらしいことだ。
 「率先垂範」の精神で子どもたちに見せていくべき行動でもある。

 しかし果たして、授業中に照明を落としてまで節電すべきなのだろうか?

「節電ですか…あ、それとも、もしかして、テレビでもつけてたんですか?」
 テレビをつけるときなどは、画面が見にくくなるのを避けるため、明かりを
落とすのが普通だ。

「いや…そういうことはないけどね」
「そうですか……ちょっと暗いような気がしましたけど。廊下側の○○さん、
 目が悪い子じゃありませんでしたっけ……」
「まあね……ハハハ」

 その場の話はそれで終わった。

 しかし、節電を過剰に励行する教師は、他の学校にも何人かいた。

----------------------------------------------------------------------
(2)驚くなかれ!「教室環境」には、これだけ細かな法的数値基準がある!

 この話……皆さんはどう思われるだろうか?
 そのベテラン教師にも一理ある、とお思いになるかもしれないが、私は、授
業中の節電なんて不要と思っている。
 不要…どころか、暴挙である。
 夏場に冷蔵庫の電源を切って「節電」することと同じように、勉強中に教室
の照明を切って「節電」することもまた、暴挙である。

 そもそも、教室の「天井の高さ」「照明器具の照度」などには、法的に管理
された数値基準がある。
 もし、その基準をクリアする照明を設置していたとしても、教師が意図的に
それを切ってしまっては、元も子もないというものだ。

 数値基準は、下記に詳しい。

【学校環境衛生の基準】(文部科学省体育局長裁定)(学校保健法に基づく)
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/13/08/020201/020201a.htm
 ぜひ一度ご覧いただきたい。

 ちなみに、これを読むと、前回44号で扱った「換気」についても、厳密な
データが記載されている。
 「換気回数は、40人在室,容積180立方メートルの教室の場合、幼稚園
  ・小学校においては、2.2回/時以上、中学校においては,3.2回/時以
  上、高等学校等においては,4.4回/時以上を基準とする」
とある。
 一酸化炭素、二酸化炭素などについても、細かに決められている。
 騒音についても、詳しく書かれている。

**********

 私は、窓からどんなに明るい日差しが差し込んでいても、照明を落とすこと
はほとんどなかった。
 日差しというのは、変化するからである。
 太陽は動くし、雲に隠れることもある。
 子どもたちを、明るさの不安定な環境におくのはよくない。
 太陽が雲に隠れるたびにスイッチを入れるのならよいだろうが、そうそうス
イッチばかり気にしてはいられない。

 ある子が、「外が明るいし、こっち側だけ切って節電すれば?」と提言して
くれたときにも、ほとんど切らなかった。
「節電は、基本的にはいいことですね。でも、エネルギーは、使うときには
 使っていいんですよ。誰もいない教室で電気をつけっぱなしにするとか、そ
 ういう無駄に気をつけていれば、あとは使っていいんです」
 私は、子どもたちにそのように話した。

**********

 照明ひとつとってみても分かるが、子どもへの細かな配慮というのは、教師
によってこうも差が出るものなのである。
 公立学校の教師は、「公務員」である。
 このような配慮は、公務員としての基本的責務だと私は思う。

(★次の発行は、土曜日です。お楽しみに。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━