福嶋隆史HP TOP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        》》》 小学校教育が危ない! 《《《

       No.19  2006/8/9  著者:福嶋隆史

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       No.19 子どもたちの多忙な1日(1)

======================================================================
<目次>
◆ まえがき
◆ 本論
◆ あとがき
◆ 著者プロフィール
◆ 注
______________________________________________________________________

◆ まえがき

 忙しすぎる子どもたち。
 忙しすぎる教師たち。

 このテーマを早く書かなければ、と以前から思っていた。
 が、あまりにも書くべき内容が多くて、敬遠してきた。
 しかし、身構えていてはいつまでも書けない。
 とにかく、書ける分だけ書いてみよう。

======================================================================
◆ 本論

【とある6年生男子児童A君の多忙な1日】

〜設 定〜
 今は、5月下旬。運動会が5月末、修学旅行が6月上旬に行われる。
(このようなスケジュールの学校は、実際にある)

 今日は、月曜日。
 A君の委員会活動での所属は、放送委員会。
 運動会では、応援団員。
 修学旅行では、班長・食事係・ステージ(寸劇等)の実行委員などを担当


6:30   起床
6:50  朝食 / けんかをしている弟と妹をなだめる
7:30   家を出る
7:40   学校到着
7:42   教室到着/体育着に着替える
7:44   校庭へ
7:45   応援団の朝練開始
8:20   朝練が5分延長されて終了
8:21   月曜なので朝会の放送機器準備のため職員室へ
       教師にことわってマイクやコードを出す
8:22   委員会の仲間と一緒にマイク等の設置
8:25   全校児童が校庭に出てきて、順次整列
       A君は、放送委員会担当の教師の指示で自分のクラスの列へ戻る
8:30   いくつかのクラスの整列が遅く、朝会の開始が遅れる
8:32   朝会開始
       校長の話が6分/いくつかの表彰が4分
       運動会の歌の練習が7分/生活当番教師の話が2分
8:51   朝会終了
       児童の多くが教室へ戻り始めた頃、放送委員会の仲間と一緒に放
      送機器を取り外して職員室に片付ける
8:56   自分の教室へ
8:59   担任が教室へ来る/挨拶
9:00   朝の会
9:05   すでに20分近く遅れている1時間目(算数)がようやく始まる
9:33   1時間目終了(3分延長された)
       トイレ
9:36   2時間目(国語)開始
10:15 2時間目終了
      中休み開始/朝から着ていた体育着をやっと着替える
10:18 修学旅行のステージ実行委員会
      空き教室に集まり内容を話し合う(教師は来ない)
      結局、ほとんど内容が決まらず、白紙のまま終わる
      中休みがつぶれて、みんなブーブー言っている
10:35 5年生の放送委員の教室へ行き、今日の昼に流す「オレンジレン
      ジ」の曲のCDを手渡す
     (運動会の整理体操のときに急きょ使うことになり、たまたまA君
      の家にCDがあったので、持ってきた)
10:37 友だちと、教室でちょこっと、ふざけあって遊ぶ
10:40 予鈴
10:44 クラスで整列し、家庭科室へ移動
      しかし、数名が教室に集まって来なくて移動が遅れる
      聞くと、その子達も委員会活動等で遅れたらしい
10:52 家庭科室着
      家庭科専科教師に、遅い到着を叱られる(お説教6分)
10:58 3・4時間目(家庭科)が、結局13分遅れで開始
      裁縫の授業
12:15 3・4時間目終了…のはずが、細かい糸などの掃除や道具の片づ
      けが遅れ、授業延長(4分)
12:19 家庭科室内の片付けが遅いことに対して、またお説教(3分)
12:25 教室到着
      手を洗う/白衣を着て、給食当番の準備
12:28 急ぎ足で給食室へ
12:30 給食室到着(いつもより10分遅れ)
      見ると、まだ食器等を取りに来ていないクラスが5つもある
12:33 教室に帰着
      配膳台の準備係が仕事をさぼっていたため、配膳準備が遅れる
12:35 配膳開始
12:45 いただきます
      せっかく家から持ってきたオレンジレンジの曲も配膳中に放送が
      終わってしまった…
12:56 数名が残したヨーグルトのデザートをジャンケンで取り合ってい
      るうちに時間が過ぎる…
12:58 ごちそうさま(食べる時間は13分しかなかった)/下膳
13:04 給食室へ食器類を返却に行く
13:06 給食室到着
      しかし、他の学年・クラスがたくさんいて、混雑中…
13:12 ようやく給食片付け終了
13:13 走って教室へ
      昼休みまでに出すよう担任に言われていた、修学旅行食事係の分
      担表を机から取り出し、担任に手渡そう…と思ったが、担任が見
      当たらず、しかたなく職員室へ
13:15 担任に手渡して、職員室を出る/トイレ
13:17 掃除開始(昼休みは結局、給食片づけ等でつぶれてしまった)
      掃除分担になっている体育館へ急ぐ
13:20 体育館到着
      他のメンバーから「遅い」と文句を言われ、ちょっと不機嫌に…
      駆け足で体育館内を掃除
13:32 ゴミを袋にまとめて、ゴミ捨て場へ運ぶ
     (応援団のボンボン作りなどが、ここ数日の間、体育館で行われた
      ために、ビニール系のゴミが溜まっていた)
13:38 手を洗って教室へ駆け込む
13:40 5時間目(総合)開始
      各自、運動会の分担の仕事を進めるため、係ごとの教室へ移動
      本番が近いため、他の学年の児童も一緒に活動
      A君は、他の学年の子と一緒に応援団の練習をするため、体育館
      へ再度移動
      応援グッズをロッカーから引っ張り出す…
      (ここで、クラスのB子が体調を崩し下校した)
13:45 体育館到着
      蒸し暑い体育館で、他学年の児童が集まるのを待つ
      今日は、4・5年生も一緒に練習するので、大所帯
13:55 応援団がようやく全員集合する(5時間目、15分遅れ)
      練習開始
14:20 練習終了、解散/教室へ
      (練習は、あまり進まなかった)
14:25 6時間目(総合)開始
      また総合だが、今度は修学旅行の準備
      班長が集まって、おおまかな日程・時程の確認
     (A君は班長なので参加)
      その間、他の児童もそれぞれの作業を行う
      わいわい、がやがや……
15:15 6時間目終了(5分延長された)
      帰りの会
      今日の反省、などを「じめ〜っ」と進めるうちに時間が経つ…
      「A君が、掃除の時間を守っていませんでした」なんていう発言
      があり、ムカッとする
15:29 下校時刻の放送が流れてようやく中断される
15:30 さようなら
      しかし、まだ帰れない
      途中で下校したB子は飼育委員だったので、5年まで飼育委員だ
      ったA君が、代わりにウサギの餌を与えることになってしまった
15:35 ウサギ小屋
15:42 校門を出る
      一緒に待っていてくれた親友のC太が、今日遊ぼうぜ、というの
      を断って帰路に着く
      (「そうか、今日おまえ塾だもんな…」と言って帰るC太)
15:55 帰宅
      冷蔵庫のジュースを飲む
16:00 トイレ
16:02 けんかしている弟と妹をなだめる
16:10 塾のカバンを準備して、家を出る

 〜〜〜 そして、A君の月曜日は、後半戦に入る…… 〜〜〜

----------------------------------------------------------------------
◆ あとがき

 極端な例だとお思いだろうか?
 そんなことはない。

 始めに書いたように、運動会の準備時期が修学旅行の準備時期と重なってい
る学校は、実際にある。
 それに、時期によっては、これ以上に忙しい時期もある。
 たとえば、6年生なら、初秋。
 区や市の体育大会・球技大会への参加などがあり、そこに、学校の文化祭的
行事の準備が重なることも多い。
 そして、なにより忙しいのは、卒業シーズンだ。

 さらに。
 忙しいのは6年生だけではない。
 1年生だって、2年生だって、3年生だって、4年生だって、5年生だっ
て、それぞれに多忙な学校生活を強いられている。
 ゆとり、なんてあったものではない!

 ただし、教師の工夫と、意志と、愛?とがあれば、かなりの無駄が削減でき
る。子どもたちが、精神的なゆとりをもって学校生活を楽しむことも、不可能
ではない。
 多くは、教師の力量次第だ。


 子どもたちの多忙な1日(2)は、次回またはそれ以降、書きたいと思う。
 そして、子どもたち以上に忙しい教師の生活実態も、いずれ書く。

======================================================================